児童相談所で判定結果が出ました

Category : 療育手帳、移動支援
今日、片道一時間半ほどかけて、児童相談所に行ってきました。
ボンズがテストさせてくれなかったそうで、ちゃんと判定できなかったんだけど、 
母であるこじまるが「○・×」チェックをしたものを元に、判定いただきました。 


重度と言われる?ショックを受けないために、心の準備を



結果は、中度でした。 

てっきり「重度」と言われるんだろうと思って、 
昨日から心の準備してたの。 

「大金もらえてラッキー、ボンズはまだ3才、これから、これから!」 

ってね。 
そしたら中度って言われて気が抜けた…
そして直後に、 
「あ、額が減った」
とか思っちゃった(笑) 


本籍地と離れていると、諸々の手続きに時間がかかります



これから療育手帳を申請して、 
それからもろもろ各種(全部はやらないかも)の申請、手続きをして…
って考えたらまだ先は長いんだけど、 
楽してお金はもらえませんよねーっ。 

しかも転勤族である我が家、 
本籍を移してなかったので、いちいち戸籍取り寄せの時は日数やら手間がかかって大変!
(免許のコピーやら定額小為替とかあらかじめ用意しなきゃならないから!) 

手帳の添付するボンズの証明写真も、できればかわいいの用意したいしさー(笑)

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

発達支援教室に通う人、通う必要のない人の差ってなに?

Category : 発達支援教室

療育手帳の申請、特別児童手当の申請、手続き着々と



昨日、早速市役所に「療育手帳」の申請書を出しに行ってきました。 
1ヶ月かかりますと言われたので、1ヶ月おとなしく待とうと思います。 
郵送でくるのかと思ったら、郵送されるのはお知らせだけで「取りに来い」だそうで…
手帳の説明でもあるんでしょうかね? 
ボンズとチビスケ連れて出かけるのは大変なんですが、しょうがないですね。

特別児童扶養手当の方は、本籍が市外なので、まずは戸籍謄本を取り寄せすべく手続き中。 
そして、診断書の方も、また受診することなく先月の情報で作って送ってくださることになりましたので、ただいま待機中。 
書類がそろい次第、申請に行ってきます。 


母子分離グループ二回目、喜んで参加しています



そして今日は、発達支援教室<グループ>の日です。 
完全に母と離れて活動をするようになって2回目、 
今日はバスに乗って大きな公園まで行って、 
走ったり、砂遊びしたりしてきたようです。 

未だに「あいさつ」の時に座ることもできないし、挨拶をするなんてとんでもないし、 
トイレにも行けない、体操もできない、乾布摩擦も・・・ 
ようするに「ちゃんと」できること皆無な、1人学級崩壊状態(笑) 

だけど、「行くよ」って知らせたら楽しそうだし、 
周囲のお友だちのことをよく見ているし、 
今日も1つの遊び、1人の遊びに固執することなくきょろきょろチョロチョロしてたので、 
母的には「いいカンジ♪」なのです! 

来週からはいよいよお弁当も始まります。 
「おべんとう」の写真カードも用意しなくては!! 


療育にきて、すぐ辞める人、続ける人



ところで、 
今日、一組の親子とお別れの日でした。 

元気いっぱいの男の子で、 
ボンズともよくぶつかってたけど、いつも譲ってくれて、 
そしてボンズの遊びに興味を持ってくれていて、 

同じく「チビスケ」を連れているお母さん。 

これからプレに週3回通うことになったので、 
こちらは辞めるそうです。 

淋しいなー。 
すっごく好印象のお母さんで、 
これから子どもの観察そっちのけでおしゃべりができると思ってたのに(笑) 
ついでにチビ同士が遊んでくれたらうちも楽かな~なんて(^^; 

だけど、確かに…
あの子なら、この教室だけじゃ持て余すだろうな~って気もする。 
英語も習ってるそうで(そういう子は他にももう1人いた!)、 
ボンズのように発達障害がある子ばかりじゃないの?ってびっくりしていたところです。 

発達支援教室に来る、来ない子の違いって…何???

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

支援、してください

Category : 療育手帳、移動支援

これという理由もなく気持ちはブルー


ボンズのこととは直接関係ないんだけど、 
いろいろあって気分は最悪、目の前真っ暗。 

全然関係ないことないかも。 

いろんなこと、 
あんなことやこんなことの積み重ねで、
ここまできてしまったという気も。 

実際ドツボにはまってます。 


市役所で申請するにも大騒動



そんな中、戸籍謄本、診断書と書類がそろったので、 
ボンズの特別児童扶養手当の申請に行ってきました。
 
役所についたら、住民票を一通取って…
って、ただそれだけなのに、ぐったり疲れて、くたくたのヘロヘロ。 
ボンズだけにとどまらず、チビスケまでチョロチョロしてくれましたよ。 

そして、まずは特別児童扶養手当の申請書を…
って、その間にもボンズ2人は消えるし、 
テーブルの上に上がるし、 
朱肉でタコみたいな顔になってるし(ボンズ) 
ペンを見つけてテーブルにいたずら書きしてるし(チビスケ) 
ゴミは散らかすし、事務所の中に入っちゃうし。

もう気持ちが乱れっぱなしで、確か2ヶ月かそれ以上待つように言われました

 


支援をしてもらう申請すら大変



そして、「行動援護」をしてもらいたく、 
福祉の窓口へ。 

やっぱり財政危機なためか、 

「何をしてもらいたいのか」 
「何について知りたいのか」 
「何に困ってるのか」 

と、のっけから鉄壁の守り。 

「行動援護」というのをしてもらいたい、と言うと、 
なにやら調べだし、数人で頭を寄せ合いなにやら調べ中(?) 

ここでは移動支援?とか言うらしく、 
「これに当たると思うんですけど…」 
というのが、知的障害やなんちゃらに該当する人のための支援。

ボンズ、知的障害者、でいいんだよね?? 

言葉が重く、 
しかもそうこうしている間に、 
右に左にと走っては消え、そしてどこかに入り込んだりよじ登ったりしているうちの猿たち。 

話をじっくりだの言ってる場合じゃなく、 
うちはただでさえ知識があやふやな上、気持ちが乱れっぱなしで…。 

でも、また「何に困ってるんですか?」質問に、
「……」
と固まっていたんだけど、 
状況を見て役所の人たちも協力的になってくれました(^^;  

1人がボンズの見張りについてくれて、
書類を書いたりすることができました。 


大変さをわかってくれる、一言をもらっただけで感涙



通帳のコピーが必要だったんだけど(支援に対しては一割負担、それの月々の支払額に上限を設定するため)、 

「また来るのが大変だったら・・・」 
と、切手のいらない封筒くれました。
感涙…。←こんなことでもありがたくて涙が出る。 

またまた老眼鏡を手にして離さないボンズ。 
水飲み場に気づいて、役所の人を使って水遊びするボンズ。
逃走して捕獲されひっくり返ってるボンズ…

役所の人も使ってしまいましたよ。 
チビは眠くてグズグズからギャオギャオになってたし、 
ぺこぺこ頭下げながら帰ってきました。 
役所じゃなかったらどうなってたんだろ? 

「買い物とか…大変ですよね」 

まさに、そうなんです!! 
だから助けてください(T-T) 


子育てが大変なのはみんな同じ。支援を受けることは甘え?



でも、なんつーか…

手続きをしながら、 
「こんなたいそうなこと、しちゃっていいんだろうか」 
とか、
「ここで助けを求めるのは甘えなんだろうか」 
「贅沢じゃないだろうか」 
とか、

後ろめたいような、ずるいようなネガティブな気分になり、 
「すいません、すいません」連呼していた気がする。 

使える支援があるなら使いたい。 
もらえるもんがあるなら全部もらいたい。 

そう思って動き出してたんだけど、 
いいのかなぁ?
みたいな、後ろめたい気持ち。 

うちが税金使って、いいんでしょうか。 

買い物手伝ってとか、 
公園に行く時誰か一緒に来てとか、 

「美容室に行きたいとか、使えますよ」
って言われたけど…

そんなこと、みんな困ってることだよね。 

上の子でも困ってたことばかりだから、 
ここにきてそんな「甘えていいの?」って心境。

 いいんだよねぇ…。

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

初めてのプール

Category : 発達支援教室

入念な計画と人員配置。自閉っ子初めてのプール



週に一度、ボンズの通う発達支援教室主催の、プール教室がありました。 
市民プール(?)を、園で借り切り、自由参加です。 

個別の担任の先生が心配して、 
「着替えたらみんなで体操したりするんだけど、
ボンズ君、プール初めてですよね」 
って。 

だから到着を10分遅らせて合流して、 
ロッカーの混雑を避け、 
体操しなさい、という状況も避けて、
入ったらいきなり遊べるように…と、配慮してくださいました。

水着を着るのが嫌。 
水泳帽をかぶるのが嫌。 
初めての場所、 
声の反響する、独特の雰囲気、そしてプール。
に、
ボンズがどれくらい対応できるか…  

と、心配してくださったのですが、 
何せ水遊び好きのボンズ。 

「大丈夫でしょ♪」 
 と、うちは軽く考えてました。 

事前に、「明日はプールだよ!」という刷り込みをしたかったのですが、 
プールの絵や写真やビデオなど何にもなくって。 
当日見学窓から見せるか! 
と、見せてみたら…もう大変。 

ガラス窓をどんどん叩き、早く中に入れろの遠吠え(?)! 


嬉しすぎて、切り替えられなくてパニック



いくら更衣室に誘導しようとしても、全然ダメなので抱えてお運び。 
しかも、「着替えてから入水」ってことがわからないから、

まるで虐待現場!!のような、着替えシーン(^^; 

そっか~…
こういうことが大変なんだ…
支援教室の行事でよかった…
個人的に来てたら悲惨だった… 
個別の担任の先生がつきっきりで相手してくれて良かった… 

と、しみじみ思いました。 

その後は、 
声を上げて笑うほどに楽しみ、喜び、 
うちもこっそり離れて、先生と遊んでもらおうとボンズを見守ることができるくらい、 
和やかで楽しかったです。 


そう・・・ 


帰る時間がくるまでは( ̄□ ̄ll) 


帰りは、来た時よりもさらに激しい泣き喚き、走り回り、号泣と雄たけび。 

何とか着替えさせ、自分も着替えてやっとやっと出たはいいけど、 
まったくおさまりつかないほど暴れて泣き喚いてひっくり返っているので、 
目の前にあった自動販売機様(あえて敬称をつけてみた・笑)のお世話になりました。 


我が子だけ見ててもわからないのが発達障害



今回、チビスケ(弟、1才半)の子守りにやってきてくれたこじまる実母。 

ボンズをみてても何が発達障害なんだかわからなかったけど、 
「他の子はこういう時泣いて暴れないんだ」 
と、わかったって(笑) 

そして、同じ発達支援教室に通っている子どもをたくさん見たけど、 
「なんでボンズと同じところに通っているのかわからない子がたくさんいた」 
と感想を述べておりました。 

そうなんだよね、 
ボンズだけ見ててもわからないことたくさんあるんだよね~。

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

視覚支援、なんちゃってプール手順表

Category : 視覚支援、写真カード

スケジュールを視覚支援、初挑戦



視覚支援初心者のこじまる、 
視覚支援だの、スケジュール提示だの言われても、どう取り組んでいいのかいまいちわかりませんでした。

だけど、ボンズはやっぱり写真や絵は理解しやすいらしい、ということがわかってきました。

前回のプールの日だって、

プールは大好き、 
だけど5分休憩は理解できない、 
帰りたくない! 

と、
せっかくの楽しい機会も、最後は大泣きの大暴れになってしまうのでもったいない。  

なので、今回はこんなものを用意しました。

 

プール手順表 

プリンターが…

なんだか真っ黒になってしまったので、ラミネートはせずこのまま使用。 

で、改善点を見つけて、次回はまた作り直そうと思って。 

複雑なことは説明しても無駄だと思って、 
着替えて→プール→着替えて→帰る 
ってことだけ伝えたくてこうなりました。 

この成果かどうだかわからないけど、 
行きは下に水着きていたし、帰りもうちだけ先に着替えて待ち構えて、 
「着替えてジュース、着替えてジュース」 
と言いながら着替えさせたので、
前回の悲惨さの100分の1のぐずりで済みましたよ!! 

本人も一度経験があるし、 
ジュースも魅力的だしっていうのが大きいんでしょうけどね。 

これで手順表も理解してくれたら、 
お互いのためにいいですよね。 


ラミネーターがあれば、便利なことがいろいろ



それから、ずっとやりたかったミニ絵本作りをしました。 

どこのサイトで見たのか忘れてしまったのですが、
(ご存知の方がいたら教えてください) 

ずっと真似したかったんですよ!!

 


手作り絵本 

カラーコピーで縮小して、ラミネートした絵本! 
これなら軽くて持ち歩きが苦にならない!! 

ただ、普段の買い物でも(逃走するボンズがいるため)悲惨な我が家。 カラーコピーのためにコンビニに行くということが、最大の難関だったりしますけどね★

今回、プールに行くため実母がきてくれていたので、
コピーしに行くことができました。 

しかも、家にあるのは全部ぼろぼろになってしまったので、
新しいトミカ絵本までゲットして(^^;
 

リングで二箇所止めました 

まだ本人には見せてないし、 
どこで使えるか??とか思案中ですが、 
ずっとやりたかったことなので、すっごく楽しいです♪

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

療育手帳げっとぉー!

Category : 療育手帳、移動支援

申請した療育手帳と移動支援の受給者証がきました



「療育手帳できてますのお知らせ、届いてますよね?」 
って市役所から電話がきてびっくり。 
先週は、まだかなまだかな~♪ってしつこく郵便受け見てたんだけど(申請行って、先週で一ヶ月だったから)、
なくてがっかりしてたんだよね。 

25日に発送したっていうことだから、昨日届いたんでしょうね。
郵便受け見たらあったので、今日は予定を変更し、 
療育手帳受け取りに行ってきました。

 …その間も、消えるボンズ…orz

また市役所の方に、ボンズ見ててもらいました(^^; 


移動支援に対応している事業所に問い合わせ



そして、早速「移動支援」の業者一覧もらってきたので、 
明日から電話開始! 
…なんだけど、何を聞いたらいいのかな? 

利用できる曜日? 
予約は必要か、それはいつまでか。 
どういう支援をしてもらえるのか…って、業者によって違ったりするんでしょうか? 
どうやって選んで、
何を聞いたらいいのかわからん

 

「月20時間が限界なんですよ」 
と市役所の人に言われながら、その限界20時間ゲットぉ!!と言ってましたが・・・ 

今日受け取った受給者証を見ると、「10時間/月」 

あり??? 

何度見返しても、「10時間/月」。 

市役所の人、ああは言ったけど、いざとなると出し渋った?!(笑) 
とも思ったんだけど、 

「月に、10時間」 

と言われたのを、暴走するボンズたちのことでテンパってたうちが、 

「月20時間」

と、聞き間違えたんでしょうな


 

キョウダイの療育中、一時保育に預けることも進められました



そして今日はさらに、 
ボンズが発達支援教室行っている間、弟チビスケを一時保育にお願いしようと、 
保育園に申請に行ってきました。

受けられるサービスを駆使して、できることはなんでもやってみよう。




テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

事業者選びの紆余曲折

Category : 療育手帳、移動支援

自閉症児の移動支援をしてほしい!事業所選びにまずは電話


療育手帳を取得し、まずは「移動支援」(行動援護というところもあります)を利用すべく、
役所にもらった「事業者一覧」を見て、どこから電話してみようか…と選ぶ。

契約をしなきゃいけないのなら、あまりに遠いところは行きにくいだろう。
対象に「児童」と明記されているところの方がよかろう、
と、何箇所かピックアップ。
「行動援護」の欄にも「移動支援」の欄にも名前のあった事業者に電話をすると… 「は?」


は?って言われましたよ、は?って(-_-メ;)

電話に出た女の子が、下っ足らずな感じで… でも、もしかしたら障害のある人が働いているのかも知れないし、と思い、
「移動支援をお願いしたいのですが」
と切り出すと、
「は?」。

仕事してて、は?はないだろうよ。

どうも電話に出た子がわからないみたいで(あえて、子、と表現させていただきますっ)
誰かそばにいる人と相談してるんだけど、
保留にもせず、送話口を手でふさいでもいないみたいで、その会話丸聞こえ!!

その後オバサンに電話が代わったんだけど、
「できるかどうか確認してから折り返し電話してもいいでしょうか?」
って。
「移動支援ができるかどうか確認するってことですか??」

うちも何を聞いたらいいのか、
なんてお願いしたらいいのかわからないまま電話してるので、
どうも話がかみ合わなかったんだけど、
どうやらスタッフが辞めたとか、入れ替わったとかで、確認しないとできるかどうかわからないんだって。

なんだかよくわからん… しかも、こんな応対するところにお願いをして、その後うまくやっていけるとは思えなかったので、
「いえ、また電話します」
と切りました。


で、気持ちを切り替え、今度はやたらと漢字ばっかりの長ったらしい名前のところにかけてみました。
一気に読めないくらい長い名前で、でも堅そうな感じだし(安易)。

で、かけたら、またしても、
「は?」

は??って何?!!(-_-メ;)

そして電話たらい回しの刑・・・

しかも3人目に出たおじさんが、
「すいません、私間違って電話を受けてしまって…どういったご用件でしたか?」
って。

言ってる意味がわからん!!(T-T)

またまたよくよく聞いてみたら、電話のボタンを押したらうちが出たんだけど、どうやら違う人と話す予定だったみたいよ~~~。
もうわけわからん(T-T)

「すいません、ちょ、ちょっとお待ちください。先ほどの担当は誰でしたか?」

って、ンなこと知らん!!

また保留音が流れ、待たされたけど…長い!!
こっちから電話してるんだからねっ。

頭にきたんで、そのまま切って、
昨日市役所で応対してくれた人に電話。

「なんて電話したらいいんですか? 二箇所に電話しても『は?』って言われるんですけど、『移動支援お願いしたい』じゃなくて、なんて言ったら通じるんですか(T-T)」

って泣きついちゃったよ。

福祉課の人もびっくり(ボンズ見ててくれた人)。
この人の名前メモしておいて良かった~。

それまでの電話のやり取りを聞いてくれて、
「移動支援、で話は通じるはずですけどね~」
って。

お勧め教えてくださいって言ったら、「お勧めしても…」と渋りつつも、
「ここなら、は?とは言われないと思います」
というところを、4ヶ所聞きました。

「大丈夫です、お勧めされたからそこに決めるんじゃなくて、電話する順番の参考にするだけですから」

あ、最初にかけたところは、
「あそこは最近大量に辞めたんですよね~。そこはやめといた方がいいと思います」
だって。

で、早速、市役所の方から一番に名前の挙がったところに電話をして、
「明日、訪問して詳しくお話聞いてもよろしいですか?」
と言われたので、きてもらうことにしました。

うちも何がなんだかわからない世界に片足突っ込んだところなのに、
電話した相手が変なところばっかりでくじけそうだったよ~。


テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

事業者選びの紆余曲折、その2

Category : 療育手帳、移動支援

自閉症児の危険回避に移動支援!事業所探しは難航


今日も電話、かけまくりました。

一軒目、
「あ~…なるほど。じゃあ週に何回どの時間で…という要望にそって、
ヘルパー派遣できるか検討して連絡しますね」
と、なかなか順調。

二軒目、
呼び出し音が鳴るも、なかなか出ないな~と思っていたら、やっと出た。
じいさんが、
「担当からかけなおす」
というので、なんだかここも違うかな~??と思ったんだけど、
すぐにかけなおしてくれた女の人が、やたらとはきはき、しかもちょっと色っぽい?(笑)声の主で、
「今の事業所では扱いの経験ありませんが、前にいたところではあります」
と。
来週会って話すことになりました。

三軒目、
「あ~あのねーお母さん、何かあったら我々も責任持てませんから。お母さんがおいかけて。
車の中でのことなら、保険に入っているから対処できますけど、車から降りてからのことは…」

って、まさに文字通り「移動」支援のことだと思われたのか、
説教モードに入って「????」と思いつつ、
「あの~車は出してもらわなくても、必要があれば私が車出します」
というと、あちらも「???」。
要するに、うちがして欲しい行動援護はしてないみたいで、
このじいさんには説明する気もなく却下にしました。

いろいろ話は聞けたし、うちも、
「単発、突発的に利用できるところを探しているのか」
「毎週○曜日の○時はヘルパーさんとの時間と決めるのか」

どういう体系で利用したいのか決めておかなきゃなとわかりました。

そして、
どこも人不足で「うちスタッフ少ないんだよね~」とか、
「若い人」
といううちの希望に絶句されること数回(笑)
一番若くて60歳、ってところにはさすがに頼めないなぁー。



それより、今日来てくれた人。
電話では「おじさんとおじいさんの間」かと思ったら、
声より若く見えるアラフォー世代?(男の人には使わない?>アラフォー)


早速詳しい内容を…と、受給者証を見せながら、

「多動傾向のある自閉症なんです。
4才なんですが、危険がわからず飛び出したり、買い物に行ってもすぐに姿が見えなくなります。

人に興味関心が薄くて、誰が来ても知らん振りで。

だから、家族以外の他人と触れ合ういい機会にしたいし、

他人の話を聞いたり、こんなに楽しいこともあるよって教えて信頼関係を築いてから、
いずれは2人でおでかけなんてできたらいいなと思ってるんです」
 ……って話しているそばから、

おじさんの体をよじ登り、へらへら笑いながらほっぺをつまみ、やり返されえてへらへら…ひざの上でひっくり返っている、あなたはだぁれ?? 答え;ボンズ…らしいけど。



∑(`□´/)/ ナニィィイイイ!!



「あ、あれ???


「人見知りしないんですねー


「いや、人見知りがどうこう以前に、人間に興味がないらしいんですけど…
さっきいらした時に、笑いながら顔を覗きにきましたよね… そんなことしたことないし……」

おじさんによじ登って、チビスケとおじさんの取り合いをしているボンズ… 「同じような年頃の子どもがいるから、そういう匂いとかわかるんですかね?」


に、にほひって… おじさん、うちの子、犬じゃないっスから

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

初めて、移動支援を受ける

Category : 療育手帳、移動支援

移動支援を受けるまでの道のり、療育手帳、移動支援の申請、事業所探し、ヘルパーさん探し



療育手帳を取得、そして福祉課での手続き、ヘルパー事業所の選択等… とうとうこの日がやってきましたよ。

本当は先週の土曜日、別の事業所のヘルパーさんにお願いして、
近所のお祭りに行く予定だったんだけど、
姉のコッコがマイコプラズマ肺炎中で、ボンズも自動的に引きこもり生活になってしまったのだ。

こんな時、なじみのヘルパーさんとだったら、
「ボンズだけ、遊ばせてやってください。
おみやげに、コッコにわたあめ買ってきてください」
な~んて、お願いできたんでしょうね★ 


初めてのヘルパーさんとのお出かけは、楽しいことからはじめよう



で、今日は、 「コッコの病院の付き添い」
をお願いすることに。 本当は、公園に行って遊ぶとか、マックにお昼を買いに行くとか、
特別楽しいことをしたかったんだ。
「ヘルパーさんがきた、今日はどんな楽しいことがあるのかな?」
って、ボンズに思ってもらいたかったんだ。

ただでさえ、人への興味が薄いボンズ。
発達支援教室の先生たちのおかげで、発達支援教室そのものや、
先生たちには徐々に感情を表したり、甘えたりするようになってきたの。
本当にちょっとずつなんだけど… だからこそ、
「人っておもしろい、今日はどんなことをするのかな」
って楽しい行事にしたかったの。
そのうち、「用事足ししたいので、見張ってください」とか、「2人でおでかけしてください」って必要に迫られてすることはあるだろうけど、
特に今切羽詰ってないしね(時期的な問題で、ボンズがジャンプアップしたわけじゃないんだけど)。



だけど、姉ちゃんを診察してもらって、OKが出てから登校!ってしたかったし、
キョウダイがいるとこんなこともあるさね~。


今日は、スーパーにちらっと買い物に行って、
病院に行って、
姉ちゃんを小学校に送り届けて、帰宅、というコースを、ヘルパーさんに付き添ってもらいました。

身体不自由ではない子どもの付き添いは初めてだそうで、
「自閉症」もご存知ではなく、
帰宅後は「どんな言葉がダメなんですか?」「対応でまずいことがあったら、はっきり言ってもらいたい」と、すごい質問攻撃でした(^^;
とても頼もしいんですが、
会ってすぐの時は、病院の順番予約との兼ね合いもあるし、
一時間の約束だから、有効活用させないと!とテンパってたし(うちが)

ほとんどあいさつと名前の紹介だけで出発したんだけど、 いや~頼もしかったですよ、動きが、タダモノでない感じ(笑) 


肢体不自由でない子どもは初めてのヘルパーさん、だけど動きはやっぱりプロ!



 まずスーパーに入ったとたんに暴走しだしたボンズに、
気づいた時には追っかけてくれていました。
で、
ボンズはジュースゲットして戻ってきたの。
「抱っこって言われたので、抱っこしたら、コレでした」
と、ボンズの手にはファンタ(笑)

どうすればいいですか?
と聞かれたので、
「人に迷惑をかけたり、店の外に出ない限り自由にさせてやってください」
と、お願いしました。

今みたいに暴走、失踪するけど、それらはボンズにとっては意味のあることなので、
止めるのはパニックになるだけなので。

ヘルパーさんが心配した、誰かにぶつかって歩くとか、お店の物を開けて食べてしまうってことは、今のところないんですよね。
会計してから持ち出さなきゃいけないこともわかってるみたいなので、深刻な「他人に迷惑」ってないんだけど、これからやるかもしれないし…となると最初が肝心だもんね。


それから、病院に行ったら、前回姉ちゃんが点滴してもらったベッドで、おもちゃを借りて遊んでるところを見張っててくれたの。
おかげで、コッコの診察に付き添って質問もできたし、疲れ度合いが今までとは格段に違う!

自閉症に対する知識(身体不自由じゃない児童に関して)がないって言ってたけど、
スーパーで付き添っててくれるのも、病院についてからボンズをマークするのも、家に帰ってきてから脱いだカッパをいつの間にか拾ってかけておいてくれるのも、
何一つ説明も必要なくて、動きがプロってました!
いや~心強かったです。

この方、毎週月曜日にきてくれるみたいで、
小学校三年生と年長さんの2人の子どものお母さんでもあります。

そして、「自閉症」のこともこれから勉強します、って。
ボンズのこと、こだわりとか、NGワードとかいろいろ聞かれたんだけど、
うちもどういう風に説明したらいいのか、かなり考えました。
まだ自分でも、ボンズの取説を語れるほど、ボンズを理解していないから。 話してるうちに、ヘルパーさんが涙ぐんじゃったところがあって… どこが泣き所?だったのか、恐ろしくて(?)確認もしなかったんだけど、

必然的に手のかかるチビスケ(弟、1才)、そしてボンズには常に目が行く。 その分、言葉でのやり取りができる姉コッコには、我慢とか要求とかしてしまう… ってことを話していたことだと思うんだけど。

これまでの経過、
去年は入学したコッコが一人で登下校できずに3ヶ月、乳児抱えて、多動のボンズを引きずりながら歩いた話をしたりしたせいもあるかもしれないけど(^^;


ただ気になるのは、
ボンズがヘルパーさんを見ようとしない、こと。


説明とか契約にきてくれた男の人には、まとわりついてへらへらしてたから、
人に対する興味がわいてきたのかな?と思ったんだけど、
もしかして、「人の好み?」
興味がないなら、好みもないのかな?

今までは、「退屈していた家で」来てもらったからなのかな、と思うことに。

今日ヘルパーさんと接したのは、スーパーとか病院だもんね。

「私のことまだ認識してないと思います、視界に入らないですもん」

って言われて初めて気がついたけど。

「無理やりにでも視界に入った方がいいんですか?」

って言われたんだけど、

「いや、自然と入らないと意味がないかも…」

と答えましたが、どうなんでしょ??


テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

三週間ぶりで初期化?

Category : 発達支援教室

三歩進んで四歩戻ることもある、自閉症の療育



姉ちゃんの学校の行事の関係で、
ボンズの風邪で、
二週お休みしたので、三週間ぶりの「発達支援教室」の「グループ」に行って来ました。

乾布摩擦いや、挨拶もいや、並ぶのもいや、歯磨きいや、トイレもいや、まだ公園で遊びたい・・・
等々で、
まーーー転がる、寝てる、ロッカーに入る、泣き叫ぶ、ドアに突進する、窓をよじ登ろうとする・・・

で、前回までかなりいい感じで進んでたのに、「朝の会」で並んで座ってたんですよ!!!イスに!!なのに、今日はその面影なし。
三週間ぶりなので、全てリセットされちゃったのかしら???



でもでも、
おままごとしているお友達のところに紛れ込んで行ったり、
公園に出かけて歩いている時、「遅れたな」と思ったら急いでついてってみたり、
自由遊びの時にみんなと一緒にボールプールに入ってみたり(入ったことないのに!)、

「おともだち」を意識した行動が見られたし、
お弁当も完食したのでOKです!!v( ̄ー ̄)v 


視覚支援は、くり返し、くり返しでコツコツと



 終わった後、一時保育に預けたチビスケ(弟1才)のお迎えの前に、
ボンズの靴を買おうとお店に寄ったんだけど、
いつもはその店のおもちゃコーナーで車をひたすら並べて帰りたがらないの。
久々の(病み上がり一発目のおでかけが今日でした)お出かけで、もめるのもいやだな~と思いつつ・・・

「さ、チビのお迎えに行こう」
って、保育所写真カードを見せたら、「魔法かっ!!」ってくらいにきりっと行動を変え、
出口に向かってすたすたと歩き出したんで、こっちがびっくり。

チビを保育所に預けにきた時は、自作の絵本を渡して待っててもらったんだけど、
お迎えの時は、絵本を手に取ることも拒否。
まるで、
「俺もチビのお迎えにいく」
って言ってるみたい・・・

手作り絵本←これね!

・・・保育所の中のおもちゃが目当てだったという説もあるけど(笑)

さ、帰ろうねって言ったら即切り上げたしさ、

姉ちゃんのマイコプラズマ肺炎を譲り受けて(間にチビスケも移ってました)、
久々の社会復帰で初期化されたわけじゃないんだよね(笑)

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

カテゴリー
更新カレンダー&月別
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

+ アーカイブ
 
検索フォーム
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

『人間が好きになる名言』


presented by 地球の名言
スポンサーリンク
プロフィール

こじまる

Author:こじまる
H17年6月生まれの長男ボンズ。
自閉症と最重度知的障害を併せ持つ中学2年生。

3才から小集団+個別の療育を受け、
4才から加配付保育園で過ごし、公立小学校の特別支援学級を卒業。
中学からは特別支援学校に転籍。
週に5日放課後(等)デイサービス併用。

「自閉症」はおろか「発達障害」を知らなかったハハこじまると、ボンズの無限の可能性を心酔するチチ、高3の姉コッコ、小6の弟チビスケの5人家族。

Twitter
Bonz counter
スポンサーリンク
絶対!お勧めの本