お泊まり会

Category : 保育園生活2
息つく間もないほどハードな日々を送っております・・・
仕事の休みがあっても、その隙に用事てんこもり!で、PC開くことのない日々・・・
しんどい。


そんな中、保育園のお泊まり会がありました。
ボンズは最初から泊まる予定ではなく、
夕方カレーライスを作ってみんなで食べ、その後の肝試しをして(園児たちには『園内探検』と伝えてあるとか・笑)、花火をして就寝・・・の前に帰る予定。


夕方、旦那と一緒に保育園に行き、パパはチビスケ(弟、3才)を連れて一旦帰宅。
パパは初めてチビスケと二人っきりでご飯を食べて・・・というスケジュール。
ちなみに、コッコ姉ちゃんは、初めて一人で祖母宅に泊まりに行ってます。
(さらに余談ですが、この日はコッコ姉ちゃんの受診日で、母一日スケジュールびっちり☆)


事前に、ボンズに何も言ってなかったんだよねー。
なんて言ったらいいかわからない、っていうのもあるけど、
「そう言えばお泊まり会明日だった」
って直前に思い出すくらい自分に余裕がなくて、

ボンズが、
「どうしてお迎えにきたのに自分は帰れないんだー!」
ってパニック起きだしてから、
「あ・・・」
って気付いた(^^;


他の学年のお迎えの人や、お泊まり会に登園してきた同級生たちと保護者が、
「なんだなんだ??」
ってくらい、玄関で大泣きの大暴れ。


昨日の夕方、突然、
「かれーらいしゅ!」
宣言。
「今日のメニューはカレーじゃないんだわぁ、明日カレーにしようか」
なんて言ってたんだけど、その時に、
「あれ、明日がお泊まり会でカレー作るんじゃなかったっけ?」
と思いだした母、
「そっか、保育園でカレー作るよって話してたから、そんな発言になった?」
と気付く。


ボンズを押さえつけるのもそろそろ無理だな~って思いながら、押さえ、そして、
「ボンズは○○組さんだもんね」
「○○組さんはカレーライス作るもんね」
「ボンズはカレーライス食べるもんね」
パニックがおさまりつつあったころ、マインドコントロール?ってくらい、静かにえんえんこうして話しかけていると、ようやく落ち着いた様子。
・・・ってか、落ち着きすぎて、母の言葉に「ねっ」と返事しつつ、ホールに転がったまま眠ってしまいました!!

日中「今日は一日長いので体力セーブさせるように過ごしますね」と先生は言ってたんだけど、結局「水遊びざんまいの一日になってしまって、疲れてたんですね」と。
こんなに暑いんだもん、水遊びさせてもらえたことは感謝だよね。

そして、最後に自分でとどめをさすがごとく大泣きして、そしてストンと眠りに落ちたんだもん、ある意味機能的(?)

カレーライスを煮込み、米が炊けるのを待つ時間、眠って過ごしてくれたおかげで、苦手な待ち時間ゼロでカレーライス登場!
半分眠りながら食べていたけど、食後のスイカで完全復活!
先生たちの分まで狙って飛び跳ねてましたが、機嫌が良かったのか、なんとか目が覚めて、夕暮れの園庭で飛び跳ねてから帰りました。


「ありがとうございました、いい経験できました」
って帰って来たんだけどさ、
先生たちは、ボンズのパニックを見て、
「あんまりつらいようでしたら・・・」
と、暗に「撤収」をにおわせていたんだけど、うちは「・・・・」。

「お母さんはどう思われます?」
と聞かれたので、
「ここで帰ったら、自分は何のために待たされていたのか理解できない」
「ボンズが我慢した努力が水の泡になる」
んじゃないかということ、そして、
「できれば、カレーライスを作ってから、とか、食べてから、とか、一区切りつくまでいさせてほしい」
「できれば、楽しい思いをしてから帰りたい」
こと、さらには、
「泣いて要求が通ることになってしまったら、今後に響く」
ことを伝えると、先生もうなづき、そして見守る姿勢に。


先生たちにも悪いことしたな~とは思うよ。
玄関であんだけ大騒ぎして、しばし足を止めてボンズを黙って見下ろしてた(しかも無表情)おじいちゃんとかいたしね。
あとで「なんだあれは?」とか言われてんのかもしれないよね。


だけど、おかげさまでボンズは機嫌よく、そしてご褒美のおみやげ(折り紙と縄跳び)と、首にかけられたメダルを帰ってからも大事そう~~~にしているのを見ると、先生たちが意図した「がんばったね」という気持ちも、「俺がんばった」的な気持ちもボンズに伝わっているんだと思います。


・・・それにしても、事前告知なしは完全に母の手落ちでございました。。。
ごめんねぇ。。。

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

バス遠足

Category : 保育園生活2
先週、バス遠足があり、保育園のみんなと動物園に行きました。

ボンズは、母付で(^^;
ついでに父も仕事が休みで一緒に・・・
チビスケ(弟)ももちろん一緒なので、姉ちゃんだけいない家族行事みたいです(^^;


ボンズはみんなで動物園に行くと言っても、一人でちょろちょろするだろうし、
チビスケは園行事で母が登場すると、母べったりでみんなとは全然行動できなくなるし、
パパがいてくれて(マンツーマンできるし)良かった良かったと思ってたんですがー。


うちら登園が遅れて、みんなが今まさに玄関から出発→バスに乗ろうとしているところに合流。


ボンズ、みんなが並んで玄関出てくる姿を見て、園児スイッチON!


「大きい子から先にバスに乗りますから、
ボンズ君はチビスケ君と一緒に後から来ますか?」
なんて先生はおっしゃってたんですが(その方がバスで待ってる時間が短くて済む)、

「あー、じゃあボンズとチビのクラスの時に一緒に行きますーーーー」

なんて言ってたら、ボンズ、とっとと○○組さんと行っちゃったよ!!


先生は前を歩いているから、後ろからボンズがついてきていることに気づいていない(笑)


うちはチビスケをパパに任せて(チビはママー、ママーとぐずりだしてましたが)、
慌ててボンズ追いかけましたが、

先に乗って座ってるもんねー、ボンズ。


隣にクラスメイトが座ってたので、うちはその横の補助席にでも座ろうかと思ってたんですが、
ボンズたちの後ろにいたクラスメイト達が何やら相談を始め、
ボンズの隣にいた子をどけて、ボンズの隣に「ボンズのママ座って!」と。


はぁ~~~~・・・
ボンズクラスになると、こんなこと考えて、そして行動できるんだーーー。
と、衝撃。
ありがたく、座らせていただきました。
みんな大人やねぇ~。


バスの中では何やら嬉しそうに指さししながら、
そしてママの腕にすりすりしながら、とにかく嬉しそう!!


以前の保育園では、長々ホールで加配のN先生とおしゃべりしてようものなら、
つまみ出されて「はよ帰れ」と言わんばかりに押し出されてましたからねー。

「保育園はママのいないところ」
になってしまっていたら、

「参加しても追い返されるかもしれません」
なんて笑ってたんですが、
この時は歓迎してくれてたようでホッとしました(笑)


動物園に着いてからも、○○組さんが並んで歩けばその後ろからついて歩き、
猿山をみんなで見ていたら、自分もサル見物。


集合場所に荷物をおいていくことは拒否でしたが、
「みんなと同じ」を意識するようになったんだなーと感激。


動物園に行ったって、どうせ動物なんて見ないのに(^^;
と思ってたんだけど、見てるじゃん!!

「ボンズ~~~サルだねぇ~」
ってよってったら、「やっぱり☆」

ボンズ、サルじゃなくて、サルの水浴び用の水と流れてくる水を見てましたよ。

動物園に行くと、アヒル、ペンギン、アザラシなどにはまるボンズ。
「へ~海獣と鳥が好きなんだー!」
ってボンズのことがわかってうれしく思ってたんだけど、違う、水だ☆と気づいてガッカリした話を先生にも伝えました。


今回もやっぱりペンギンとワニは(?)しっかり見てました。


みんなにおいて行かれたよと言うと、あわてて追いかけだし、
他に気を取られすぎてみんなが遠くに行ってしまったのを見ると、泣いてひっくり返ってました(笑)←笑ってる親。

転がってる暇があったら走ろうよ、ってのがどうしてわからんっ。

でも、
「おいていかれたー」
ってショックなんだな~と思うと、
「みんなと一緒」
という意識が育ってることに感動的・・・でもある。


みんなが立ち止まる度に弁当を開こうとするボンズ。
みんなは動物を見てるんだけどね、ボンズは興味ないらしくて、
早くお弁当を食べたいボンズは、
列が止まる度にリュックを下して荷物を広げだすから、おかしくてしょうがありませんでした。


意外と大きな崩れもなく、ボンズの「集団」への意識の高まりを感じられて、心地よい疲れとともに帰宅。
チビスケも、お昼まではクラス行動できました。
時々すれ違ったんだけどね、
ボンズクラスとは動きの速さに差があって、一緒にはいられなかったのでした(母はボンズ対策に参加しているわけだし)。

お昼になったら当然母と一緒に食べる~~~とやってきて、
その後、
「ママとチビとサル見に行こう」とか「ペンギンいこう」とか言われて切なかったです。

サルはお弁当食べてた所のすぐそばだったので、
先生に断って二人だけで猿山見物できたんですが、ペンギンまでは遠くていけません。
「いつも兄ちゃんと一緒」で、チビと一緒にいられなくてごめんねぇ~・・・と思ったのでした。

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

先生の使い分け!

Category : 保育園生活2
ボンズは普通ーに保育園に通ってます。
基本的には児童デイの方が好きなようで、
「ほら行くよ~」
なんて声をかけたら、あわててデイの写真カード探したり、
道端に立って「せんせっ」とアピールしたり。

保育園はマイカーで向かいますからねー。
「車乗ってー」
というと、「ちぇ」って感じで車に乗ります。
保育園か~、っていう気持ちもあるけど、車に乗るのが好きみたいです。

行ったら行ったで、割と堪能している様子。
いやならきっと拒否してますよね。

ほっとかれてるのかなー?
デイの方が支援が適切だから行きたいのかなー?
とも思ってたんですが、
ボンズ、保育園でもいろんな先生に甘えてるんですよ。

保育園のいろんな先生になつきつつ、
ついには幼稚園の先生まで!(幼保一体のところ)

幼稚園の先生は、たくさんの園児を一人でまとめなきゃいけないから忙しいのにー!
ボンズは抱っこを要求して、首にしがみついて離れなかったり・・・おいおい!!

やっぱり好きなタイプの先生がいるみたいで、
「若くてかわいい女の先生が好き?」
と思ってたんですが、男の先生にもはまったりしてるんですよねー。
体使って遊んでくれるから、男の人も好きみたいです。
広がってるな~(対大人ばっかりですけどね)と思っていたら、

最近、加配のH先生から聞いた話。

前から加配の先生より、クラス担任の先生の方が飛びついて行くなーなんて思ってたんですが、
困った時や、要求がある時は加配のH先生らしいです。


雨が降っているから園庭には出られないっていうのに、
加配の先生と一緒じゃない時は、ちょっとの隙を見て園庭に飛び出し、
「ほら~つかまえにおいで~~~」
的なへらへら顔をしていたり、

ある時は先生たちの事務所にフラフラと遊びに行き、
そこに思いがけなくH先生の顔を見つけると、びっくりして一瞬固まった後、
きゃっと目を覆い(←笑)、えへへ笑いをしながら回れ右をして出て行ったとか。


「きっとその時にH先生がいなければ、先生たちの部屋で遊ぼうと思ってたんでしょうね」
と聞くと、
「そうです」
って。



今までは、若い(二年目の)H先生、ボンズの傍若無人っぷりに腰が引けていて、
ボンズの言いなりなのかなー?と内心思っていたのですが、
ボンズの「使い分け」っぷりを見ていると、
「この人は自分のために使える人」と、その他の先生は「これから攻略していく人」って分けているのかなーとも思います。
これって、H先生への信頼感が生まれたと思っていいですよね~?

そしてさらに他の先生へも甘えようとするボンズ!
「人好き」バンザイ!!

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

喜び、踊る

Category : 保育園生活2
保育園の先生たちは忙しい、
が、うちはもっと余裕なくバタバタしているので、
あんまり先生方とゆっくり話すこともなかったんですが、
ようやく、生活のリズムができたっていうか、仕事しながら・・・という生活に慣れてきたようで、少し落ち着いた気がします>自分が


最近聞いた、ボンズの保育園での様子。

体を使って遊んでくれる「幼稚園の」男の先生は前から好きだったんですが、
最近は女の先生にも甘えてますよ。

とか、

幼稚園の子供たちも、ボンズの存在を理解してくれたようで、
かつてのような「徒党を組んで対峙する」ような空気はなく、

ボンズが外で遊んでいたら、
「あ、ボンズだ~~~」
と寄ってきて、ハイと泥団子を、壊すために渡してくれたりするんだそうです。
すごいな~、子どもの順応力♪
ありがたいな~~~。


その大好きな泥団子(お迎え行くといつも泥だらけなボンズ)、
なんとこないだは、自ら作り、ハイと保育園の(好きな)お友だち(女の子)に渡したら、
その子も、
「ありがとう」
と受け取ってくれたそう。

いつもは、「ハイ、ボンズ」と渡される一方だった泥団子。
もらって、喜んで、壊すんだけど、
それをわかっていながら、みんなが泥団子くれるようになったんだよね。

それも嬉しかったと思うけど、
今度は自分が泥団子を渡し、「ありがとう」と受け取ってもらえたことも嬉しいよね!!


受け取ってもらえたとなると、ボンズは声も出さずに飛び跳ねながらその場で踊り狂ってたそうです!!(笑)


お友だちの気持ちもうれしい!
そして、そんな様子を一緒になって喜んでくれた先生たちの見守る視線もうれしい!!

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

卒園式

Category : 保育園生活2
先週、保育園の卒園式がありました。
これまで、ボンズの行先を求めて四苦八苦、七転八倒、右往左往、すったもんだしていましたが、来月からは問答無用で、ボンズの行先があります。
いや~義務教育ってすばらしいですね(笑)


卒園式は二部構成になっていて、一部は型通りの「卒業証書授与」から始まり、来賓のあいさつやら祝電披露、記念品贈呈と堅苦しいことばかりなので、
「ボンズ君は二部からの参加を考えていますが、どうですか?」
と聞かれていました。

ボンズが式典の間、座ってられるなんてありえませんから(断言)、
それはお任せします・・・で、練習を重ねてきたようです。

卒園式の前日、式次第を受け取ってびっくり。
二部のトップ項目に、「ボンズ君卒園証書授与」とあります。まるでボンズのための構成じゃないですか!!(笑)


ただ・・・二部の時間に合わせてきてくださいって言われたけど、
時間合わせて登園したら、走り回ってギャオギャオ言ってるだけで、証書受け取りに来いって呼んだって来るわけないし、押さえつけてギャーーーって泣きわめいて終わり・・・になる気がして、

「一部は参加しないで、その前から登園してウロウロする時間持てませんかねぇ」
と相談。

その日、午前中は幼稚園の卒園式、昼に会場設営をやり直して午後から保育園の卒園式という大忙しな中・・・なので、そこにボンズ投入は確かに微妙でもある。
が、快く幼稚園側からもご協力いただけるとのお返事をもらったので(春からチビスケが入園するしね~)、幼稚園の式が終わった後を目指して家族そろって登園。

案の定、ボンズはホールの中をくるくる回る、回る、走る、叫ぶ。
ある程度自由にさせてやった後なら、なんとか我慢もできるかな~という甘い幻想を抱いて。

一部の最中はどうしますか?
と言われたんだけど、希望としては保育室でおもちゃ出してでもいいから待っていること。
だけど、「ホールで何かやってる」のをわかって、ボンズが保育室に引っ込むわけもない。
ボンズは在園児代表の席を気に入って座りたがったけど、そこはダメ。
卒園児保護者席を勧められたけど、そこから保育室などに行くには、ステージ前を突っ切ることになるから危険・・・で、先生たちの席の片隅で引っ込んでることにしました。


クラスメイト達が卒園証書を受け取り、握手をして記念品を受け取ったら、
これから行く小学校と将来の夢を発表。
それがみんなかわいらしくて、大人っぽかったり、頼もしかったり・・・
ここで涙出そうになりました。

我が子ボンズは、おとなしく座ってるわけもなく、叫びながらちょろちょろしたがるので、おんぶしてました(^^; で、みんなが拍手するところでは、上手に拍手。
・・・ってアンタっていっつも保護者モードよね★


一部の最後で、卒園児たちの掛け合いがあり、みんながお友だちの名前を呼ぶ場面があったんだ。
一人ひとり、自分の隣にいるお友だちの名前を呼び・・・
その時、ボンズはホールの後ろで、椅子の陰に隠れてひっくり返っていました。
が、
最後に全員で、「ボンズ君!」と声を合わせて呼ぶと、
聞いてたんですね、「あん?」と返事をしたので笑ってしまいました(笑)


そして、二部開始。
加配のH先生がみんなと一緒に再入場させようとしてたんだけど、
やっぱりそれも嫌がってました。
が、


一瞬の幻


みんながぐるり回って着席のところ、ショートカットして座りましたよ。
ほ・ん・の、一瞬! ですが。
ブレブレでしたけど、かろうじてシャッター切れました。ホント幻の一瞬ですが(^^;


ボンズに卒園証書を渡すのは、なんとクラスのお友だち。
さらに「ボンズにぼくたちを忘れないでもらいたい」という、クラスメイトお手製の記念品などがあり、みんながステージで待ち構えているの。

ボンズがどこかに行きそうだったので、母と父が追いかけて捕まえようとしたら、H先生がきっぱりと、
「大丈夫です。名前呼ばれたら自分で行くと思います」
って。

ホントに、その通り、お友だちが「ボンズ君!」と呼ぶと、
「あン?」(←に近い、ハイ・笑)
と、ステージに近寄りました。


ちゃんとした贈呈式にはなりませんでしたが(お友だちはちゃんとできてましたが、ボンズが、ね)、
一つ一つ、全部を受け取り、狂喜乱舞で踊り、走ってましたよ。


みんなにもらいました


そして、「ボンズ君、6月に仲間入りをして、一緒に発表会もできたね。仲の良いお友だちもできたね・・・」と掛け合い開始。
すごいなぁ・・・
ボンズのために、みんながボンズの絵を描いて、メッセージと写真付のカードをつづったものを用意して、「お買いものごっこ」でチビスケと取り合いになったトラックのおもちゃを作ってそれをつけてくれたの。
ボンズが後から欲しがったおもちゃを知っててくれたこと、
ボンズに何かあげようと言ってくれたお友だちたち。
そして、その声に応えて一番骨を折ってくれたんだろう先生たち・・・
お気持ちを考えると、もう嬉しくて、感激しっぱなし。


その後、ボンズの大好きな緑色のベルを持って「かえるのうた」を合奏するハズが、
ボンズは席に戻って、ひっくり返って、寝たままベルを振ってました。

卒園式にかえるのうた、なんて、イレギュラーですよね。
これも、ボンズが参加できるための苦肉の策だったんです。
ボンズがステージに戻ってくるのを、みんな待ってたみたいです。
だけど、
「ここでやるかい」
ってことになり、園児席に一人戻ってきたボンズは、ホールに寝っころがったまま、ベルを振ってました。
それだけなのに、H先生号泣。

こんな態度の悪い参加なのに、
でも、一緒にできただけで感動・・・なくらい、ボンズに式典って難しいんですよねぇ。


その後、保育室に撤収してから、ボンズからH先生に花束贈呈をしてもらいたかったんだけど、
ボンズはおまんじゅうと鉛筆をもらったらホールに逆戻り。
なんとかひっぱってきて、

「これ、H先生にハイって渡して」
というと、セレモニーの進行無視で、H先生に近寄り、
「はい、どーじょ、はいどーじょ」
とさっさと渡してホールに戻ってしまいました(笑)


保育園に通うこと、移ること、そしてまた通うことに費やしてきた数年。
それがとうとう卒園まできたかと思うと感慨深いし、
スーツを嫌がらずに着てくれただけで大仕事をやりきった感じなんですが、
でも、そう思ってもやっぱり式ではハハ泣く暇ありませんでした(笑)
チャンスは何度かあったんですが、やっぱりあんな暴走するボンズ見て、捕まえて・・・ってやってたら、「式で泣ける」のはすごくハードル高いです、我が家には(^^;


夜は、居酒屋で謝恩会。
バアバとオバが来る日だったので、子どもたちは留守番してもらって夫婦で行って来ようと申し込んでいたのですが、数日前になって幹事のお母さんから、
「せっかくだからボンズ君も一緒に」
ってわざわざ誘ってくれたんですよね。

居酒屋未経験のボンズ、を、卒園式の後に連れてくことなんてまるで考えてなかったし、
何度もお断りしたんですが、「先生が」誘ってくれているんじゃなく、
「今まであまり接触なかったし」
と、クラスメイトのお母さんがボンズを誘ってくれている、ことがありがたくて、
「じゃあ挑戦しようか」
と、父母的には清水の舞台から飛び降りる覚悟で(ってかほとんど心中覚悟・・・)参加。


居酒屋の玄関で「おんせん?」って言ってましたが、(靴箱が公衆浴場っぽかったみたいで)
「違うよ~~~脱ぐなよ~~~」と個室に誘導してもらい、
入ったら先生方がずらりと。
そしてお友だちがずらりといたので、びっくりして口を開けて固まってました(笑)

たいして食べず、でも、暴れず、逃走もせず。
気が付いたら「ボンズマークしてなかった!!」ってくらい父も母もそれぞれ楽しんでたんですが、ボンズもおとなしくその場にいました。
キャパオーバーでつらそうでもなく、ただウンコしたいけどオムツないしな~~ってそぶりは見えたので、そこだけが心配でしたが(^^;


ボンズがブロックで遊んでいる時に、「誘ってくれたんですよ~」というお母さん。
(アンタお母さんナンパしてたんかいっ)
「うちの子家に帰ってくるとボンズ君の話ばかりしてるんですよ」
というお母さん。
「母子家庭で苦労したなんて、ボンズ君のお父さんとお母さん見てたらアタシも甘かったと思った」
と話してくれたお母さん。
短い間だったけど、ボンズ見守ってもらえてたんだな~~~って感激も新たでした。

式に関しては、
「ごめんなさい、涙も引っ込んじゃったでしょ!!」
って謝罪しきりでしたけど★

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

カテゴリー
更新カレンダー&月別
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

+ アーカイブ
 
検索フォーム
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

『人間が好きになる名言』


presented by 地球の名言
スポンサーリンク
プロフィール

こじまる

Author:こじまる
H17年6月生まれの長男ボンズ。
自閉症と最重度知的障害を併せ持つ中学2年生。

3才から小集団+個別の療育を受け、
4才から加配付保育園で過ごし、公立小学校の特別支援学級を卒業。
中学からは特別支援学校に転籍。
週に5日放課後(等)デイサービス併用。

「自閉症」はおろか「発達障害」を知らなかったハハこじまると、ボンズの無限の可能性を心酔するチチ、高3の姉コッコ、小6の弟チビスケの5人家族。

Twitter
Bonz counter
スポンサーリンク
絶対!お勧めの本