自閉症のキミが好き!

おおらか、マイペース、独創的、ユニークでスペシャルな存在!なのは、自閉症だから? だったら私は「自閉症の」君が好きなんだ

自閉っ子が演じた最後の発表会  

ボンズの小学校生活最後の行事とも言える、学芸会が終わりました。

思い起こせば保育園時代、役割を与えてもらい、みんなと一緒に練習を重ね、

「ボンズ君、セリフ言えるようになりましたよ♡当日楽しみにしていてくださいね!」

なんて言われて、半信半疑で出かけたら、本番には参加しない…なんてことがありました(T-T)

その前にある「総練習」できっと褒めちぎられ、そこでボンズは終わったことと思うんでしょうね(笑)。

でも、そんなボンズの思考がわかったのは二回目の発表会。
幼稚園でいう年長さんの年でしたorz


総練習で燃え尽きる?自閉っ子の発想に親が合わせる!



小学校で過去の様子を知らせると、「本番出てこない場合を想定」した対策を練ってくれました。
そのうちのひとつが、総練習にあたる児童公開日に、お母さんも見に来てください、というものでした。

児童公開日は本来、当日他の学年の発表を見られない児童たちが、全学年の発表を見ることができるというもの。
演じる側は、本番さながらですし、先生たちは実際にかかる時間をはかっているだろうし、カメラマンの撮影が入るのも当日ではなくこの日です。

ボンズ、他の学年の発表を鑑賞するのも好きみたいです。

おとなしく座ってられることがないだろうと、観劇に出かけたことなんてなかったんですけどね。
そもそも姉コッコ(現、高1)の発表会に連れて行くのもドキドキもんでした!

今年も児童公開日を見、本番も見…
それも6回目。

そうすると、総練習と本番で大きな違いがあることも気づきました。


本番に強い男!ちょっとリラックスし過ぎ?



総練習の出番と、本番、ボンズの動きはいつも違いました。

総練習の時は、ハハは体育館の一番後ろでこっそり見ています。
が、本番はできるだけボンズをいいところで観たくて前に行くんですよね。

かなりの高確率で、ハハ最前列をゲットしていました(笑)

ただ、そうするとボンズがハハのところに来たがるんですよね(^^;

1~2年のうちは、先生に押さえられていた気がします。
3~4年の頃は、同級生たちがひやひやしていました。

「あ、まずい!」
と、ハハも思うのですが、翌年になるとそのことをキレイさっぱり忘れ…ただひたすら間近でボンズを見たい一心で最前列を目指してしまうのですorz

でも、だんだんと我慢できるようにもなったんですよ。
昨年5年生の時は、ようやくハハも学習し、後ろの方で観てました。

でも…聞こえてくるボンズの声。

「終わったらお出かけして絵本を買ってアイスを買う」約束をしてるんですが、それをセリフさながらのデカい声で言うんですよ!

また別の汗をかきました。

今回は先生が思い出してくれて、ご褒美に絵本とアイスを買いに行くことは、ステージで言わない約束をしてくれていました。

そして、総練習では「どこがボンズのセリフだったの?」って感じでダルダル、たらたらでしたが、本番では大きな声で、タイミングよく、はっきりと言えました!

…ただ、セリフのタイミングが難しいのか、何度も何度も言ってましたけどね(汗)


交流学年のお友だちに感謝。たくさんの人に支えられ乗り切った



今回ボンズはサラリーマン役。
他にも数人いる男の子の役の中から本人が選びました。

他のサラリーマンメンバーと一緒に、スーツ姿で出たり、動いたり、引っ込んだりをくり返すボンズ。

何度も何度も、いろんな子がボンズの立ち位置を修正してくれたり、セリフのタイミングじゃないと教えてくれたり、言うべきタイミングを合図してくれたりしていました。

合図を送る役も決められていたわけではなかったことを、総練習も見ていたハハは知っています。

その時、その時で、立ち位置や動きが代わるボンズ。常に隣にいる子が一定しないようです。

だけど、その都度そばにいた子が、ボンズに合図を送ってくれていました。
全然違う役の子が、大きくずれた立ち位置を修正してくれたりしていました。

日常から大きく外れる「発表会」とその練習。
自閉っ子の多くはそれを嫌うと聞きますが、ボンズは大好きな行事の一つです。

それはただひとつ、交流学年でボンズの居場所を作ってもらっているからなんでしょうね。

…だからこそ、ハハは地域の中学校に進学し、支援学級入学を望んだのですが…。

ともあれ、今年も大成功で終わり、その後の混乱もなく、ご褒美の絵本を買いにいくことができました!


スポンサーリンク


category: 6年生

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tag: 自閉症  発表会  交流学年 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://cojimaru29.blog56.fc2.com/tb.php/978-7894ad5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリー

更新カレンダー&月別

検索フォーム

別館まとめブログ

FC2カウンター

Droplet Project

最新記事

最新コメント

メールフォーム

『人間が好きになる名言』

リンク