欲しいものを要求されたら?カラスと引き出しの謎

Category : 12才
要求の激しくなったボンズ。
しかも言葉で、伝わるように、的確に伝えてくるので、こっちも気合を入れて、ちゃんと理由をつけて断らなきゃいけません!


言葉で伝えられないもどかしさを知った?



そんな中でも、ボンズなりに「もっとちゃんと伝えたい!」という気持ちが芽生えてきたように思います。

それは、自分から画像を要求するようになったから(笑)。

「かみ、ちょっきん、トーマス、にんたま…」

と、言いながら、パソコンの前に座るよう要求されました。

紙? チョッキン? トーマス??

まるで三題噺。

要するに、画像をプリントして欲しいようです。

欲しいものリスト作成

チョッキンというのは、線に沿ってハサミで切り、また別の紙に貼りつけたいというもの。

学校での行事の際に、よくスナップ写真をプリントして渡してくれます。
ボンズがそれを見ながら、振り返りの時間に参加できるように、そして絵を描いたり、感想を話したりする助けになっているようです。

学校大好き、行事大好きボンズですから、それはボンズにとって教材というより、ご褒美をもらってる感覚なんでしょう!

欲しい欲しいと先生に要求することもあるようです。


ボンズの欲しいもの、クリスマスプレゼント要求対策?



まぁ、画像を検索してプリントして、それをチョキチョキしたり、ぺったん(糊貼り)するのが楽しい、させて欲しいっていうのなら、別にいいけどぉ…と思って、ボンズに画像を選んでもらい、プリント。

マリオメーカーねー、なるほど。これはクリスマスかな。

忍たまやおじゃるの絵本ねぇ、、、

トーマスはシールブックか。この辺は発表会が終わってからのご褒美でもいいかな…と思いますが、

ところで、気になるのが…

カラス。ということ。

「きんぎょん」は、金魚で、前から増やしたいと言っていたので、画像要求も納得。やっぱり欲しいものリスト作る気か、とわかったくらいで。

でも、カラスって??

試しにカラスの画像をパソコンで表示させたら、しっかり「これ」と選んでました…。

欲しいものリスト作成 

カラスですよ、カラス。
隠語でもなでもなく、本当にカラスみたいです。

カラス欲しいの??

「ほしい」

即答。

えーー??

うちは鳥好きで、インコや文鳥ならまだしも、カラスはちょっと無理(笑)
九官鳥でもいい?
いや、飼うつもりないんですけど!!

カラスって賢くって、人の話がわかるというから、うちはゴミを荒そうとしているカラスに出会ったら、きっちり話し合ってます。

「わかるけど、散らかるから困るの。後片付けできないでしょ? だからネットをめくるのはやめてくれ」と(笑)。

通じてるかどうかは知りませんが、「なんだコイツ?」的に去っていきます(笑)


持ち物を把握し、収納も計画している?



突然変わったものが欲しがると言えば、以前パパの買い物の付き添いで、みんなでホームセンターをウロウロしていた時、その時も「きんぎょん、きんぎょん、まだよ」などとペットコーナーでそわそわしていましたが、

そのうち、「かご、かご」と言いながら、ハハの手を引き店内をウロウロ。

すっごいでかいホームセンターに行ってたので、相当ウロウロさせられましたが、どうやらボンズの欲しかったものは、引き出しのようです!

買ってほしい収納 

しっかりサイズなども考えていたようで、一点狙い。

うーん、と思いつつ、まぁ悪いことじゃないしと買って帰ったら、クローゼットの隙間にぴったりハマった時にはびっくりしました!(笑)

そして、入れるものも決まっていたようで、しっかり分類してお片付けしていました。
いい買い物したね!


テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

Comment

非公開コメント

カテゴリー
更新カレンダー&月別
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

+ アーカイブ
 
検索フォーム
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク
プロフィール

こじまる

Author:こじまる
H17年6月生まれの長男ボンズ。
自閉症と最重度知的障害を併せ持つ中学2年生。

3才から小集団+個別の療育を受け、
4才から加配付保育園で過ごし、公立小学校の特別支援学級を卒業。
中学からは特別支援学校に転籍。
週に5日放課後(等)デイサービス併用。

「自閉症」はおろか「発達障害」を知らなかったハハこじまると、ボンズの無限の可能性を心酔するチチ、高3の姉コッコ、小6の弟チビスケの5人家族。

Twitter
Bonz counter
スポンサーリンク
絶対!お勧めの本