自閉症のキミが好き!

おおらか、マイペース、独創的、ユニークでスペシャルな存在!なのは、自閉症だから? だったら私は「自閉症の」君が好きなんだ

自閉症、重度の知的障害、中学校はどこ?進路問題再燃  


地域の中学校の特別支援学級か 養護学校中等部か



思い起こせば小学校を決める時も、最後は「誰か決めてくれないかなー」って気持ちでした。

どっちにしようか、どうしたらいいのか、考えてもわからないならとにかく見学。

そして、見学した時の、その野生の勘に賭ける!!
もうそれしかないよねっっっ。

と、人には力説してました。
去年はそんなイベントもやりました。

が、その舌の根も乾かないうちに、まーったく同じ悩みを抱えています。
人って成長しない生き物よねっ。


ボンズは今5年生。
思えば5年生になるまでは、このまま、この学年の子たちと同じ地域の中学校へ行き、そこの支援級所属、と、決まり事?のように感じていました。

でも、

中学生。ですよ、中学生。
今のままの延長で、という感覚で選んでいいのかな?と思いました。


進路に悩んだら、とにかく見学、体験



小学校に入学して一息ついたら、すぐに中学校見学をはじめました。
地域の支援級と、地域の養護学校。
説明会にも毎年参加。

ボンズの進路を考えた時に、どこを中心に考え、何をヒントに選んだらいいのか、いざ判断する時のための材料を集めておこうと。

でもね、その間にもみんな成長する。
ボンズも成長するし、同級生も成長する。
そして、悩みや心配の種まで一緒になって成長している気がします(笑)

判断つかないまま、高校見学もはじめていました。

中学校の判断、決心がつかないので、そこすっ飛ばして高校から決めてもいいかなと。
そこにたどり着くためには、どちらの中学校がいいのか、判断のヒントになるかなぁとか。

その甲斐があって!
無事に判断できました!!

高校はここだな、と!

…先に高校。
義務教育じゃないし。
本人にまだ意思確認もしてないけど(笑)

でも、中学校に関しては、50/50のまま。
浅田真央ちゃん風に言うところの「ハーフハーフ」。

そこで、やっぱり体験しかないと思い、まずは5年生の初めまでは本命だった地域の、特別支援学級に体験入学させてもらいました。

6年生になると、学校同士で行事として取り組んでくれていて、黙っていても2回は体験に行けるんですが、学校行事として行かれちゃうと、ハハがその様子を見れないんですよ。

その中学校の支援級に行った時のボンズの顔、様子などを直接見て、できればハハも何かイメージできたらなと思いまして、個別に日程をセッティングしていただきました。

次回、その時の話を書こうと思います。


スポンサーリンク


category: 中学進学に向けて

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tag: 自閉症  重度  知的障害  進路  就学  中学校  支援学級  養護学校  見学  体験入学 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://cojimaru29.blog56.fc2.com/tb.php/946-c7986a9f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリー

更新カレンダー&月別

検索フォーム

FC2カウンター

Droplet Project

最新記事

最新コメント

メールフォーム

『人間が好きになる名言』

リンク