自閉症児と初沖縄、観光もできました

Category : イベント
6年ぶりの家族旅行で、
ボンズ自身が日々力をつけていることもあるし、
意思の疎通もかなりできるようになってきていた、
それに何よりお出かけ好きな自閉っ子なので、あまり事前準備をせずにした失敗ばかりが思い出されるのですが…。

でも、振り返ってみたら、楽しい経験もいっぱいできたんです。
なので、今回は順調に行った?みたいなところばかり上げていきたいと思います!


美ら海水族館を堪能?海に向かって走り出した自閉っ子



沖縄にきたらもちろんここ?美ら海水族館には三日目のメインイベントになっていました。

ちなみに、1日目はほぼ移動のみで終了。
二日目はプールとドライブでA&Wとスーパー。という感じでゆるーく過ごしてます。

いつ着くの?どこなの?という感じでヒンヒンと鼻を鳴らしがちだったボンズ、
着くや否や突っ走ってしまい、パパ激怒。

ボンズなりに言い分はあるのでしょうが、ボンズが親元に戻ってくるまで心配で待てないパパは、ボンズをすぐさま追います。
すると、ボンズはパパがきてくれたのでもう受諾されたものと思い、そのまま走る…のに怒られるからパニックになります。

また別行動だよ…とうんざりしながらも、他の2人もいるので、平気な顔をして水族館を順に歩きました。
もう開き直って、この二人だけでも楽しませてやろうと切り替えるのです!

しばらくして合流、聞いたらボンズは海に行きたかったようです。
沖縄…海だらけだよ(^^;

沖縄水族館1 

ひとまず走って満足したのか(?)ハハたちとついてきたので、マナティ、ウミガメなどを見つつ、子ども三人の集合写真を撮りつつ、イルカショーを目指しました。

そう、ボンズの記念写真もだいぶ撮れるようになってきたんですよ!!
昔なら考えられなかったことです。

イルカショーは大好きなので、おとなしく開始を待ち、終わるまで堪能。
その後、空腹でしょうということで腹ごしらえをしてから、改めてみんなで水族館をもう一周しました。

沖縄水族館2 

パパにがっつり怒られた後ということもあり、海を見に走ってから周囲をぐるりと回った安堵から、ずいぶんと落ち着いて見物していましたよ。
ジンベエザメの水槽の下では、その場を堪能しようと寝転がってみたり(空いてたんで助かりました)。
本人なりに楽しめたのではないかと思います。(親はピリピリしてたけど)

売店でうちもコッコも買い物を楽しめたので、ご機嫌で次へ。

そこはいわゆるお土産屋さんですね、パイナップルのなっているところを電気自動車で走るやつに乗せてやりたかったんですが、チビスケが張り切りました!

「チビが運転したい!!」

ここでボンズもやりたいともめると身構えたのですが、ボンズ知らん顔(笑)。
本当に興味がなかったのか、チビの手前お兄さんぶったのかは微妙でわかりません。

その後、ここは何のアトラクション??的なおみやげ攻撃を、まぁ試食があるのでクリアし通過。
ここでようやくチビスケが心配でたまらなかった、自由研究を片づけることにしました…

沖縄自由研究 

シーサーの色付けですけどね。
ボンズはどうかなー?と思い、まずはチビスケにだけ申し込んでやっているところを見せたら、絵具に反応した画伯。
やりたそうだったので、ハハが選んだシーサーに、ボンズの好きそうな色をパレットに出してやったのに、ほぼ青一色!で終了(笑)
顔も背中もわからなくなっていたので、ちょっとハハが手を加えましたけど。

ま、これで無事、自由研究という名の思い出の一品が完成です!

その後は、ホテル近くのレストランでステーキ!
ここも事前情報皆無なまま飛び込みで挑戦したら、お客さん皆無(笑)

安心して、ホッとして、親もようやく落ち着けました。


沖縄四日目、国際通りと最後のプール



その翌日は、国際通りへ。
レンタカーでギャラリアまで行き、ハハお目当てのレスポやチョコレートの引換券などを消費し、レンタカーをギャラリアに置いたままゆいレールで。

モノレールと言えば、TDRで乗ったっきりですから、どんな反応かなと思っていたら、普通に乗り物好きということで乗ってましたね。

沖縄モノレール 


国際通りを歩いていると、ただでさえテンションがあがる一行、
ボンズもテンションダダ上がり…。

出発の地元空港から不穏な気配があり、沖縄到着後翌朝の海ちゃっぽんで解消されたかに見えたその空気は、実はまだまだこの時までずっとくすぶっていまして、この後それが大爆発するのですが、その話は次の記事でお話しするとして、

さも、スムーズに進んだかのようにお話しすると、

この後あちこちのお店を冷やかしつつ、ボンズも街歩きを楽しみつつ、公設市場でお昼にしました。

沖縄国際通り1 

パパの(密かな)希望だった青い、普段みたこともないような南国チックな魚をその場でさばいてもらい、沖縄そばと海ブドウと一緒にいただきました!

うちは海ブドウよりモズクの方が好きだな・・……(-。-) ボソッ

さ、その後はボンズくんの暴走、迷走に翻弄されるの巻、次回へ続くで語るとして、
レンタカーでホテルに戻り、慌てて使ってなかった宿泊特典のスイーツバイキングで、アイスやチョコ、ジュースなどたべまくり!

ここにきてブルーシールアイス、何回食べたでしょう?
これだから子どもたちも旅好きになっていくんでしょうね。

沖縄ホテル4 

チチはコーヒーばっかり飲んでましたが、ハハもホットケーキにアイスとチョコレートかけたり、フルーツ盛り合わせを食べたり…
でも、食べ放題と言われてもそんなに食べられませんでしたね。

そして、プールでもうひと泳ぎして、沖縄最後の夜は過ぎていきました。

(次で沖縄の話は終わりまーす)


テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

Comment

非公開コメント

カテゴリー
更新カレンダー&月別
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

+ アーカイブ
 
検索フォーム
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク
プロフィール

こじまる

Author:こじまる
H17年6月生まれの長男ボンズ。
自閉症と最重度知的障害を併せ持つ中学3年生。

3才から小集団+個別の療育を受け、
4才から加配付保育園で過ごし、特別支援学級を卒業。
中学からは特別支援学校転籍。
週に5日放課後(等)デイサービス利用。

「自閉症」はおろか「発達障害」を知らなかったハハこじまると、ボンズの無限の可能性を心酔するチチ、専門学生の姉コッコ、中1の弟チビスケの5人家族。

Twitter
Bonz counter
スポンサーリンク
絶対!お勧めの本