自閉症のキミが好き!

おおらか、マイペース、独創的、ユニークでスペシャルな存在!なのは、自閉症だから? だったら私は「自閉症の」君が好きなんだ

自閉症の兄とふたつ下定型の弟との関係  


自閉症児と定型のキョウダイ関係は?



ボンズは姉(中3)と弟(小3)がいます。

姉は一言でいうと姉バカ。
外ではボンズのフォローをしますが、家の中では「ボンズうるさい!」と情け容赦ない…というのも、キョウダイ関係としてはあるあるなのではないでしょうか。

ボンズも、生まれた時からいるお姉ちゃんに対しては従順なところがありますし(なんせ姉ちゃん怖いもんね)、姉ちゃんは絶対的な存在。

では、弟は?

弟チビスケは、どうやら定型発達のようです。
スロースターターと言われましたが、幼児期はかんしゃくも起こさず、おしゃべりはするけど発音が不明瞭で、この子も療育などの特別支援が必要なのでは?と思っていましたが、多少遅めではあるものの、対人関係もそこそこ。お勉強は…特別優秀ではありませんが、なんとか!!


弟はナマイキだが使える存在



「ボンズはなんでしゃべんないのー?」
とか言ってた幼児期。
「なんでボンズは宿題がないのー?」
とか言い出した小学生のチビスケ。
やっぱり兄ボンズと他の子や自分との違いを認識しているようです。

ボンズ本人の手前、なんて答えたらいいのかその都度言葉につまりますが、

「ボンズしゃべってるじゃん、わかんない?こう言ってたでしょ」
とか、
「ボンズは毎日一生懸命宿題しているし、塾(デイ)にも行ってそこでも勉強してきているんだよ」
と、答えています。
…それが正しい答えなのかわかりませんが。

そして一緒の小学校に通っていると、
「今日ボンズ体育館の前で泣いてたよ」
とか、
「今日6人たたいてたよ」
とか、気になる報告をしてくれるようにもなりました。

案外同じ小学校にいても、あまり接触はないようです。
(姉はしょっちゅうボンズのところまで行って様子を見ていましたが・笑)

で、家ではどうかというと、ボンズがかんしゃくを起こして泣いている時などは、

「ボンズうるさい!」

など、情け容赦ないです(-_-;)

ボンズも、「弟」にあんな言われ方したら、傷つくだろうな~~~ってこと多々です。
でも、実際うるさいので、言われてもしょうがない面もあります。

弟にあんなに威張られて、ボンズはつらいのか、
弟はあんなになんでもできるし、言えるのに自分は…と劣等感を持ってないか、
ボンズの様子をいつも見ていますが、よくわかりません。

年齢差2才がどう出ているのか…。

でも、ボンズが生まれた時にいたのは姉ちゃんだけで、あとからチビスケがきたのはわかっているはず。
昔のDVDを引っ張り出してきて、チビスケのヨチヨチ時代をしょっちゅう見ています。
「かわいかったなー」とか思ってるのかなぁ?(笑)

憎たらしいだけの存在になっていたら残念だなと思っていたら、
ボンズはボンズでチビスケを使えるやつだと認識しているみたい。

DVDからHDDに切り替えてもらいたい時、
Wiiのセッティングをしてほしい時、
セロテープを上手に貼ってもらいたい時、

「チビーやって」
と、頼んでいます!

そして、チビスケも黙って言うことを聞いてやってるので、ホッとしてます。
(ここで憎たらしいこと言って、兄のプライド傷つけてほしくないなーと思って)


兄と弟、仲良く遊ぶ瞬間が増えてきた



最近、2階で過ごすことが多くなってきた子どもたち。
姉は一人で音楽を聴いたりしているようですが、まだ続き部屋状態のボンズとチビスケは、一緒に部屋にはいるけど、それぞれ別のことをしています。

が、二人じゃないといられませんでした。

怖い?
心細い?

お互いがお互いを呼び合い、2階に上がってます。

…別々のことしてますが、、、まぁいいか。

そして、最近さらにそこから一歩進みましたよ。

「もーボンズやめて!あっち行って!それはチビのだから取らないで!ダメって言ったでしょ」

という激しい言葉がやたら聞こえてきて、何喧嘩してるのかなー?と思っていたら、
二人でマリオの通信プレイをしていたようです(笑)。

あっちへ行けとか、取るなとか、マリオの☆のことだったようです。

しかし言葉が悪いので、どうかなーと思いつつ放っておいたら、
すっかりはまってしまったのか、

「ママ、今日ボンズ何時に帰ってくるの?」

と、チビスケが兄の帰りを心待ちにするように。

そして、帰宅するや否や、

「ボンズ!2階で遊ぼう!」

というと、ボンズも、おやつやテレビもそこそこに、2階に駆け上がっていきます…

いいねぇ~~
キョウダイがいるだいご味だねぇ。。美しいねぇ。。。
いつまで続くかね(^^;

認知という点ではキョウダイ関係は逆転しているかもですが、
最近チビスケも外で友だち関係がうまくいかなかったり(ギャングエイジですが、チビスケはまだおっとりまったり系に近いので)、家で遊べる相手がいるというのは幸せなことだと思うので、

一つでも多くキョウダイでの思い出を作ってもらいたいです。


スポンサーリンク


category: キョウダイ

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://cojimaru29.blog56.fc2.com/tb.php/919-57b31dcf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリー

更新カレンダー&月別

検索フォーム

別館まとめブログ

FC2カウンター

Droplet Project

最新記事

最新コメント

メールフォーム

『人間が好きになる名言』

リンク