中学校進学を見すえて、また見学、体験をスタートしました

Category : ハハのキモチ

自閉症児の進学先、中学校は支援級?養護学校?



ボンズ五年生も半分終わりました。あと一年半もないんですね、小学校生活。
あんだけ就学先に悩んだのに、今じゃどちらにしようか迷ったことは忘れ、最初から決まっていたかのように順調です。

でも悩んだことは忘れられないので、あの経験、この経験を伝えたいなと思って、「先輩お母さん」(←このネーミングかゆくて嫌だけど)としての活動をしています。

そして、まだまだ自分も悩む真っ最中。
とりあえず次は中学校をどうするか、です。

ボンズの環境として、親が求めることは以前と変わっていなくて、
人と過ごすことを好む子ですし、幸い同学年の通常級の子たちにもかわいがってもらえているので(そしてそのポジションを受け入れている感じ)、この交流を生かすためには、このまま地域の中学校の支援級に行くことが一番な気がする。

小学校の支援級と、中学校の支援級との交流もあって、ボンズは卒業生たちがみんな中学校の支援級にいることを知っています。
そういう面でも、流れとしてはスムーズだと思っていました。

が。

同時に高校見学も始めていまして、まだ二校で、来月三校目を見に行きますが…どこも、「へ?これが特別支援学校なの??」「みんな手帳持ってるの?」みたいな子ばかりなんですよ!

あちゃ~お呼びでない…てか、あと4年でボンズこのレベルに…いや、無理無理無理無理…

ってなことがあり、改めて中学校の支援級を見ると、
「なるほど、厳しいには理由があった」
と、わかりました。

みんな口をそろえて、小学校と中学校は違う、先生が厳しいっていうんですよね。
高校はもっと厳しいんだもん、中学校で厳しさについていけるよう厳しくしないとね。
だって、高校は義務教育じゃないから、受検して、不合格になることもあるって世界だもんね。

ちなみに、コッコ姉ちゃん、受験生です…こちらもおそろしい…。


進学先の選び方、子どもがその学校にいるイメージが持てるか?



まずはボンズが中学生になるイメージが全く持てないので、ボンズが個人的に体験授業を受けさせてもらえるよう、小学校と中学校の先生にお願いしました。

小学校支援級の5~6年生で、中学校体験はしているのですが、それだとハハが体験しているボンズを見れないんですよ。
ハハの目から見たら、変わらずマイスイートボンズかもしれませんが、学校では頑張って、大人っぽくついて行けてるのかもしれませんしね(笑)

とにかく、ボンズが中学校に行ってどんな反応、どの程度ついていけるのかを見たかったんです。

頑張ってました。
頑張ってました、が、ひとり言が多く、
「ママ、帰る、まだよ」
と振り返って何度も…。

中学校では、ひとり言をやめるよう指導しているそうです(今は)。
やめさせたらやめれるんだ?だったらやめさせた方がいいのでは?と思いました。
その分ストレスかかるだろうから、家ではOKとか、吐き出す方法考えないとね、って。

体験授業は、学校で来た時は作業の時間だったそうですが、うちは体力づくりの時間にしてもらいました。
学校の先生との時もヒトリゴトうるさくしながら頑張ってたそうですが、母とならもっと甘えて騒ぐんじゃないかと思って、時間も短く設定してもらいました。

柔軟体操とか、反復横跳びとか、小学校でもやってるらしことは、先生の声掛けで中学生と一緒になってやってました。
すごいなーと思っていたけど、やっぱり無駄なジャンプとか(笑)雄たけびとか出てまして、支援級の先輩お兄さんたちが「ボンズ、落ち着け」と指導してました(^^;

先輩さんたち、すげーな、でももともとお兄さんだったような…
ボンズも中学生になったら、こんな風に落ち着くのかな…

と、思うのと同時に、ボンズの小学校で迷ってる時に見学した、養護学校での光景がよみがえりました。
光景というか、その時に自分が感じた、「ここなら、ボンズは今のままでいられるんだろうな」と思ったことです。

中学校体験をしているボンズを見て、「うちはボンズを普通にしようとしているのかな」と思いました。

「普通の」人に紛れ込んで生きられると、選択肢も増える。
でも、
ボンズに普通の人に紛れ込ませようとすると、そうとうのストレスを与えるのでは?ボンズを誰かに近づけるんじゃなくて、ありのままで受け入れられる世の中になることを追及するべきでは(←いうことがデカすぎる)

一度乗り越えてきたこととはいえ、その時になったら結局また同じことで、同じように悩んでるなんて、ハハは成長ないね。


テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

Comment

ライムさん

表面的にはぶれてるよ、そりゃ~毎日ブレブレ、それは同じ~♪
でも根っこでぶれてないよね?
進学にせよ、その先の就労の件にせよ、基本大切なのは生活力だとわかってるし、
だからこそ、どうしようかって迷うのは一生続きそう。

お前の人生だ、そりゃそうだ。うん、わかる。
わかるけど、どの程度本当に突き放していいの?つか、本当に突き放していいの??って思うところが、子離れできてないってことなんだろうな~~~(;^ω^)

失敗ね、大事だよね。そりゃコッコではそう思うけど、ボンズは日々の生活でしんどい思い、うまくいかない伝えられないを経験してるだろうから、あえて失敗経験を意識することもないかなーと思うんだけど…。
失敗させすぎてトラウマになったら??とか考えちゃうな。

コッコ、進学先の高校はあるの、そこの見学いったりして、本人も「いきたい!」と思うようになり、前向きなの。
ただ、それが「点を取るための勉強をする」という行動に結びつかず、親が(塾代もったいなくて)きゃーきゃーいってる感じよ、変わってないでしょ?(泣)

親がぶれないって言葉が耳に痛いわぁ〜(笑)。
毎日、ぶれぶれ・・・;;

成長は嬉しい反面、不安が増えてくるのも現実なのよね。
友達は「お前の人生だ」と息子君に言い放ってるけど、それが出来る相手ならネェって思う。
でも、その友達もホントは心配なんだよね。
ただ、中学生になって親に反抗するのが当たり前だから、それを親の思う通りにしようと思うのが間違いで、その「自分の人生だ」と割り切って言い放つのも手かなと思う今日この頃・・・。
Y先生は『失敗させる事も大事』って言ってたし。あと、『子離れしよう』って・・・。

こっこちゃんの進学先は目星つけたのかな?
色々有っても、こっこちゃんなりに成長してるよ。きっと・・・。

ライムさん

中学校入ってから出るまでも早いよねーーー
うちも3年生の時から中学校見学してるけど、毎年雰囲気が違うよ。
一番長い先生が、もう来年にはいないと思うから、その次の先生の人数を含め、来年の感覚が大事になるかなーと思ってるよ。

うちの場合普通級は選択範囲にないから、支援級か支援校か、ってことなんだけど、どっちもピンとこなくてねー。
結局また賭けのように支援級なのかなと思ってるけど、そのためには親である自分に明確でぶれないビジョンが必要かなと思ってるところ。

中学校の三年間はほんと早い。
はるか先に見えた小学校の卒業ももう近づいている今、コッコが入ったと思ったらもう卒業?ってことに素でびっくりだよ。
ぶれてる暇ないさねぇ?

ああ、もう、ボンズ君もそんな歳なのね〜。
って、Rinが中学なんだからそうだよね(笑)

中学入学に関して、私も悩みましたよ。
出来る事なら普通級に入れたかった。
普通級の方が選択肢(人間関係・社会生活への順応などなど)が広がると思っていたから・・・、でも、結局支援級ですわ。
結果的に、支援級で良かったと思ってます。
支援級と交流級の連携が取れていて、何かあればすぐに対応してくれてるのが嬉しいし、周りが大人になって行ってRinに対する態度も、小学校の時とは段違いみたいで、本人の成長も有るけど良い感じで学校に通ってますよ。
辛くなったときの逃げ場でもあるけど、先生が適切に対応してくれいてありがたいです。
これが、Rinが5年生の時に見学に行った時の担任がいたら絶対支援級に入れたくなかったけど。
それほど、先生の力量が影響しますよ、支援級は。

ただ、どの道を選択してもこの子達が求められる能力は『生活力』ですわ。
周りの人たちからの支援があったとしても、自分でやるべき事は自分でやれる力がなければ社会に出て行けないと強く思う様になりました。
その点で、情緒と知的と差はあれ、支援校は生活力をつける為のカリキュラムがほとんどのようです。
高校進学がどうなるか、親の思いと本人の考えが違ってくるんだろうと覚悟してます。そして、高校卒業後の就労が課題です。
そこで重要なのはやっぱり『生活力』・・・、現実ですわ〜。


非公開コメント

カテゴリー
更新カレンダー&月別
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

+ アーカイブ
 
検索フォーム
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

『人間が好きになる名言』


presented by 地球の名言
スポンサーリンク
プロフィール

こじまる

Author:こじまる
H17年6月生まれの長男ボンズ。
自閉症と最重度知的障害を併せ持つ中学2年生。

3才から小集団+個別の療育を受け、
4才から加配付保育園で過ごし、公立小学校の特別支援学級を卒業。
中学からは特別支援学校に転籍。
週に5日放課後(等)デイサービス併用。

「自閉症」はおろか「発達障害」を知らなかったハハこじまると、ボンズの無限の可能性を心酔するチチ、高3の姉コッコ、小6の弟チビスケの5人家族。

Twitter
Bonz counter
スポンサーリンク
絶対!お勧めの本