自閉症のキミが好き!

おおらか、マイペース、独創的、ユニークでスペシャルな存在!なのは、自閉症だから? だったら私は「自閉症の」君が好きなんだ

自閉症児の1人登下校トラブルと発表会練習  

自閉っ子、1人登下校はトラブル続出、解決するには?



1人で登校できることが嬉しくてたまらないボンズ。

「まだ早いってば!」って時間に家を出ていこうとするボンズ。

あーーそんなに嬉しいんだ。

いつも必ず誰かの手を借りて何かをしているもんねぇ。。。


と、その自主性を喜ばしく思う反面、

ちょこちょこと現れるやんちゃ坊主(男の子とは限らないけど)の出現に頭を抱えてしまいます。


ボンズは5年生、もう5年前後お付き合いをしてくれている子たちの中には、面白半分でボンズにちょっかいをかけてくる子はほとんどいないのですが、低学年の子におもちゃにされるのです(>_<)



まだハハが付きそって登校していた時も、

ボンズの奇声や笑い声、はしゃぐ様子にヒソヒソチラ見をする新一年生(当時)に、

「みんなも嬉しい時に声が出るでしょう」

と、聞いたら、


「ないよ」「ねぇ~」


横目でやり過ごされた時には、すっごいショックでした。


何この新一年生、かわいくねーーーー!!


近所にも、いくら挨拶しても無視する子や、チラ見で通り過ぎる子がいて、不思議。

ご近所のおばちゃんに会ったらおはようとか、挨拶って基本じゃないの?


そして、大人と話す時はため口禁止じゃないの?


近所のおばちゃんとしていつまでも愚痴っていても仕方がないので、

ハハはボンズと突き進みます。

そしてよその子の心配より、我が子の心配。


自立心旺盛で(反抗期も始まった)ボンズの気持ちを一番に考えて…

なんて思っていたら、2~3年生の男子とのトラブルちょくちょくありました。



登下校中のトラブル、下級生からのからかいにはどう応じる?



ハハが直接目撃したのは、特に害はない言葉を(忘れちゃったけど)、

ボンズに敢えて、からかうようにかけた3年生の男の子たち。


言った言葉そのものに悪い言葉はなく、


でもあきらかに「それを言うとボンズが興奮するぞ」というのがわかっててかけたものでした。


ボンズが急に興奮してその子たちに向かっていったことに気づいて、止めて、すぐその子たちと話しました。

すると、チビスケ(弟、小3)と同じクラスの子ですよ。


いやーーーチビスケの人間関係も心配しなきゃいけない時代がきたなーと思いました。

ギャングエイジの小3、そりゃーにくたらしいのも、めんどくさいのもいます!

親の顔がわかっていれば、まぁ対処の仕方もありますが、そういう子に限って知らなかったり、出てこない親だったり。


もう学校にお願いするしかありませんよね。


ただ、トラブルの中には、いたずらやからかいの気持ちからではなく、

本当に勘違いをして(お互いに)起こるものもあるので、いきなり怒鳴りつけないよう気をつけています(笑)



ただ、こないだ突然、ボンズが学校についた途端に号泣。

周りの子に聞き取りしても、原因がわかりませんってことがあったんだけど、

ハハが支援級以外のママたちにさらっと聞いてみたら、すぐに目撃情報が。



三年生の○○(実名もすぐに出てきた)が、ボンズのランドセルを後ろから引っ張っていた。と。


ランドセルを後ろから引っ張られた、交差点で。


そんな状況でよくパニックを起こさず、車道に飛び出さず、他の子に迷惑をかけず、

頑張って歩いて学校まで歩き、そしてそこで安心して泣き出したんだろうと思うと、


もう口にしちゃいけない言葉までのどまで出かかりましたね。


相手にとってはいたずら、軽い気持ちだったかもしれないけど、

そのことにたいして、ボンズがどんだけ腹立たしかったか、悔しかったか。


ボンズ、年下ってことはわかりますからね。

弟だけでなく、下の子に教育的指導(ちょん、と突くだけなので、逆に相手から怪しまれるんだけど…)入りますからね!


年下の子にからかわれたなんて、どんだけ頭にきたか!


しかもランドセル後ろから引っ張られるんですよ!

どんだけムカついたか!!



聞いた時間夜8時で、無駄と知りつつ怒りが抑えきれず、学校に電話したら、なんと出ました。

教頭が。

そりゃ~~ぶちまけましたよ、怒りの勢いそのままに!!


その時の反応である程度は覚悟しましたが、やっぱり相手はなかなか認めないタイプの子で、

場所や、一緒にいたメンツや、目撃者をその場に立ち会わせても、

「後ろから走っていったから、もしかしたらその時にぶつかったかも?」

としか認めなかったそうです。


その後も続くハハの聞き込み(笑)


でもね、よその子はいいんです、ボンズさえ傷つかず、登下校中みんなが安全で、安心して学校に行くことができれば。


もーー心配の種だらけで、やっぱりハハがボンズを他の子と隔離して登下校したい!!と思いました。


が、こんなことは一生続くんですよ。

登下校だけフォローしたって、学校には休み時間もあり、行事もあり、教室移動もあるし、

隔離されるってことは、ボンズの望むいろんな子とのふれあいも制限されるんですよ。


もう泣けてきますね、こんなことが続くと。



ボンズの好きな、交流学年との行事がはじまりました!



ボンズの良き理解者の多い交流学年の子どもたち、とのイベントがまたはじまりました。

秋は発表会で、劇をやります。


なんと今年はセリフがふたつあるそうです。


毎回、「場所移動?」「衣装替え??」とか心配もあるのですが、

そこをやり切れてしまうのがボンズ…なんですが、これ、きっと交流学年の子たちのフォローという力が強いんだろうなーと思います。


面識のないような子と一緒のグループになっても、誰か彼かボンズのお世話係を買って出てくれるようで、毎年違う子がボンズの隣でフォローしてくれる姿を拝むことができます!


そしてハハも顔見知りが増え、下校時の通学路でそわそわと立っていると、


「ボンズくん、もうすぐきますよ!」


とか教えてくれるの。


「あ、ほんとー、ありがとー」


ってさらっと返していますが、

本当はその場で泣き崩れそうなくらい感動してます!←ほんとに泣き崩れたら怖いでしょ。



この子達がいるから、中学校は地元中学校の支援級かなぁ。。。

でも交流ないし、他校の小学生も加わってさらに大所帯になるんだよなー。いろんな子がいるだろうなー。


今とのところ、ボンズは歌やダンス、劇の練習を楽しみ、毎日何時間目に交流学年の5年生にいくのか、毎朝先生に確認するのが日課になっているそうです。


スポンサーリンク


category: 5年生

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://cojimaru29.blog56.fc2.com/tb.php/908-f66b4e9a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリー

更新カレンダー&月別

検索フォーム

最新記事

オススメ

最新コメント