たんぽぽタンポポ蒲公英!!

Category : 9才
GWの最終日、子どもたちを連れて大きな公園に行ってきました。

ボンズも、「車で公園」と言われたら、「どんぐりしよう」と言ったので、
以前どんぐりを拾いに来たあの公園に行くのだと思ったみたい。

つか、ハハは他の公園に行くつもりだったんですけどね。
混雑ハンパないとの情報にあっさり撤回。

天気もよく、すばらしい行楽日和。
そりゃ~(めずらしく)平和に散策を楽しんでいたら、、、

突然ボンズに職人が憑依?

一面たんぽぽなのを見て、一心不乱にたんぽぽを摘みはじめました。

たんぽぽ1

いやぁ平和ですねぇ。
ボンズにたんぽぽ、似合う!

つか相変わらず写真、横になったまま。戻らない。もういい!

ところが、摘んでも摘んでも減らないたんぽぽ。

「ボンズがため息ついてる~~~」

と、そばにいた姉ちゃん大爆笑。

なんだよ、まだあんのかよ、とか思っていたのかも。
それでもムキになって? 摘み続けていたボンズ。
振り返ってまだたんぽぽの群れがあるのを見て叫びましたよ(笑)

手がいっぱいになってもう持ちきれないほどのたんぽぽ。
なのに立ち上がってみたら、まだまだたんぽぽ。全然減ってない。取りきれない。
「きーーーーー」
ってところかな?

それみて爆笑のオトナ(鬼)。

たんぽぽ摘むの、楽しんでたんじゃないの?
そんなんでパニック起こすの(^^;

「ぎゅー、して!」(抱きしめてくれという意味ではない)

摘んだたんぽぽの花束をしばれとボンズ。
たまたま輪ゴムがあったので解決。

それでたんぽぽ摘み終えてくれればいいのに、まだあるもんだから? まだ摘むのさ。
すでに持ちきれてないもんだから、動くたびにせっかく摘んだたんぽぽが落ちて「きーーー」「ぎゃーーー」。

「くくろ!!」(袋)

と、今度は袋を要求。

たんぽぽ2

これまた中身の入ってるものを出してなんとか対応。

もうね、この後はたんぽぽの群れが目に入らないように誘導して歩きましたよ。
なんだよ、なんで突然職人になっちゃったんだ??


って、たんぽぽの群れ避けて歩いているのに、

たんぽぽ3

今度は雑草抜きをはじめました・・・

意味わからん。
そして、最後は怒ってるし。

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

Comment

非公開コメント

カテゴリー
更新カレンダー&月別
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

+ アーカイブ
 
検索フォーム
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

『人間が好きになる名言』


presented by 地球の名言
スポンサーリンク
プロフィール

こじまる

Author:こじまる
H17年6月生まれの長男ボンズ。
自閉症と最重度知的障害を併せ持つ中学2年生。

3才から小集団+個別の療育を受け、
4才から加配付保育園で過ごし、公立小学校の特別支援学級を卒業。
中学からは特別支援学校に転籍。
週に5日放課後(等)デイサービス併用。

「自閉症」はおろか「発達障害」を知らなかったハハこじまると、ボンズの無限の可能性を心酔するチチ、高3の姉コッコ、小6の弟チビスケの5人家族。

Twitter
Bonz counter
スポンサーリンク
絶対!お勧めの本