報告

Category : 未分類
あんな宣言しておいて一ヶ月経ってませんが、
書いてもいいですか……(-。-) ボソッ


あの時ブログを閉鎖しようとしたには、実は理由がありました。


コッコ姉ちゃんがいじめにあったのです。

「もう学校行きたくない」

と涙ながらに告白され、

「行かなくていい!!」

と、ハハ戦闘モードに入りました。

中学校に行かなくたって、立派な大人にはなれる。
コッコは、生きていてくれるだけでいい!!

中学生の、いじめを苦にした自殺のニュースを見るたびに、
ずっと、明日は我が身かと怯えていました。

自分も、死にたい気持ちになったことがある。
中学生って、いじめがどうとか以前に、デリケートでもろい時期。


しかも、聞いてみたら入学してからずっとだったのよ。

さらに、加速して、実行犯(物騒ですがあえてこんな言い方させてください、あの時はこういう感覚でした)が一人だったのが、だんだんと周りを巻き込んで増えてきているところ。

無視。
舌打ち。
「は?」
「は? 何言ってんの」
「うざい、死ね、消えろ」
椅子を蹴られる、机を蹴られる。

だんだんとエスカレートして、しかもやってくる相手が増えてきて、


トドメの一言が、

「おまえは障害者だろ、障害者は俺たちと対等な口を聞くな」。


この「障害者」の一言が、
ぎりぎりのところで、やっとやっと登校していたコッコの気持ちを崩れさせました。


障害者という言葉は、コッコにとっては「=(イコール)ボンズ」という意味です。


小学校の時から、ボンズの奇声や特異な行動に、
クラスメイトや周囲の人が反応するのを、複雑な思いで見てました。

内心、「私の弟をそんな目で見るな」「ボンズは頑張ってるのに」と憎々しく思いながら。


同級生のコッコに対する「障害者のくせに」は、
大事な弟を侮辱する言葉でもあったのです。


戦闘モードスイッチオンなハハは、フリースクールを探し(この近所には、今行ってる中学校以上に落ち着いたところはないので、もう「中学校」でなくてもいいやと思いました)、支援の手厚いという塾の資料請求をし、中学校に電話をして、

「行きたくないと言ってるので行かせません」


で、気持ちが姉ちゃんのことでいっぱいになり、
今後続くであろう戦い(何と?)のために、いったんこちらをやめようと思ったのですが、

結果、

熱心な担任の指導であっという間に解決。
今はすごく穏やかに過ごしています。。。

なんだったんだ? あの決意は・・・
という気持ちもありますが、

とりあえず、ジャブ、ってところだな(^^;

今回の相手は(もう実行犯なんて言いません)異性で、
ものすごく反省していて、ご両親もしっかりとした人たちとわかり、
今後ぶり返すことはないだろうと思われます。

怖いのは同性ですよね。
女同士のキビってやつ、コッコにはめんどくさそうだし。

他にもいろいろコッコ関係めんどくさいことありますが、
そんなことが小さく思えるほどの試練でした。

コッコも傷ついたし、おびえたし、
その後学校に戻るにも勇気が必要だったけど、
今は、乗り越えられたように見えています。

しかもその後、盲腸で緊急手術となり一週間入院しました。

その前にはボンズたち(弟チビスケも小学校初)の運動会がありました。

ハハ的にも、親同士のあれこれとか学校がどうしたとか、
こまごま忙しくなり・・・

あーこの忙しさのためにブログ閉鎖したんだな(^^;
って生活してました。


去年、幼稚園と小学校でW役員やった時にも実感してたんですが、
うちはどうやら「頭の切り替え」が下手なんです。

ひとつつまづくと引きずっちゃって、
時間は取れるはずなのに「頭がいっぱいーーー」になってしまう。


それもこれもどれも、とりあえず(←ここポイント)一段落したので、
ぼちぼち、ボンズのネタもご披露したいな~・・・と。

で、ここ開いてびっくり。
あんな宣言したのにまだ一ヶ月経ってないじゃん!


あれから、ボンズにあった大きな出来事と言えば、
運動会。


今年はすごいです。
徒競走もゴールしたし(去年はスタート直後にUターン)、しかもカーブの線をたどって完走しました!
あんな難しい踊りも(荒削りとも言えますが)ぜーんぶ踊ってました。

何より、ずっと児童席や待機場所にいて、

飛ばず、叫ばず、転がらず!!

だから、見つけにくいったらありゃしない(笑)
今までボンズがどこにいるか? 探す苦労なんてしたことないのに!

徒競走の時、出走までずっと先生に着いていてもらい、
「一緒にきてっ」
って感じでずっと先生の腕を引っ張っていたのに、
スタートの合図で「いっといで」って離されちゃって、

「んもーーー!!」

って怒りながら走ってました(笑)
踊りの隊形移動の時も、「もーーー」って怒りながらも、ついていってました。

切り替えがすごく上手になったので、
公園に行っても「そろそろ帰るよ」の一言で引き上げられるんですよ(泣)。

今年の夏休みは、去年より恐怖じゃないかもしれません。
去年の夏も言ったかもしれない。
一昨年の夏休みなんて思い出すのも嫌ですからねっ(笑)


でもひとつだけ、ちょっと嫌な感じがあります。


公園で、お友だちに「だめだよ」と行動を制された後、
水飲み場で水遊びをしていた小さな子の手を、えぃっと叩いたんです。

登校時、空き缶を蹴って遊んでいる子に向かって雄叫びをあげて向かっていきました。


自分より小さい子に当たることを覚えた?


ゾッとしました。
ボンズの美点は他害の心配がないことだったのに。
しかも、自分より小さい子に向かっていってる。


もう周りの目を気にしている場合じゃなくなりました。
ハハも、場の空気だの、子どもの世界に首突っ込みたくないだの言ってないで、
必死に叫びます。止めます。怒ります。謝ります。


ボンズ的には、きっと心の底には「やつあたり」という部分を抱えながらも、
「水遊びはダメなんだよ」
「ゴミを散らかさないで」
という言い分があるんじゃないかと思っています。

欲目じゃない証拠に、この二回以外、誰かに向かって行ったりしていません。

混雑した場でぶつかられた時に報復に出る、のを止めさせるのはまだ時間がかかりそうですが、
今度も時間がかかっても、なんとしてでも未然に防ぐつもりです。

全然ボンズの生活落ち着いてるとは言えませんでしたね(^^;
今後もぼちぼちボンズの様子を残しておきたいと思います。
目下の問題は、日々増え続ける誕生日プレゼントを、いかに取捨選択させるか、です(笑)。

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

Comment

りんごさん

ありがとうございます♪

早すぎる復活でお恥ずかしいです(^^;

おかえりなさい!もうそれだけです!

たなともさん

ただいま!
お早いお帰りでしょ?(^^;

う~ん、今回うちは全然なーんもしてなくて、
担任の先生があっという間に解決してくれた感じ・・・
心づもりはしたので、避難訓練みたいな感覚(笑)

でも、ボンズがいることで、コッコにもある意味考えることはあるだろうし、
視野も広がっただろうとは思うわ。
そうだね、何より、うちにすぐ話してくれたのがありがたいと思った。

夫婦で朝から中学校に乗り込んだら、
午後には相手方の両親が中学校に現れて、うちに謝罪にきたいとおっしゃったそう(断ったけどね)。
世の中、まだまだ捨てたもんじゃない・・・じゃないけど、
ホント、いい、心の訓練させてもらいましたわ。

ふくちゃん03さん

ただいまー&ご無沙汰してまーす!

いえいえ、それはないですよー。
今の担任の先生が熱心な方で、コッコを「被害者」と呼び、
相手の子に熱心な指導をしてくれたおかげです。
今回はいい(??)訓練になったと考えるようにしてます。
そしてまた肝も鍛えられました・・・

No title

出遅れ!ごめんなさい。
そしておかえりなさい♪

大変だったのね。お姉ちゃん。
でもお母さんが全力で守ってくれて、解決してくれて、
安心して通えるようになってよかった。

コッコちゃんにとってさ。
ボンズくんが弟でよかったよね。
でなきゃ多分、こじまるさんも中学なんて行かんでいい!
とまでは思えなかったと思うんだ。
ボンズくんがいたから。
負けたくない!ってキモチで、お母さんに言えたんだと思うしね。

スゴく、そう思ったよ。今回のコト。
こじまるさんちにとっては辛いことだったけれど、
乗り越えられない試練は与えないよね、神様も。
きっときっと。大丈夫。

おかえりなさい^^

お久しぶりです^^

おかえりなさい。
こじまるさんがコッコちゃんに「学校に行かなくていい。」と言った一言がきっと早期解決につながったのだと思います(´∀`)

やんさん

はじめまして、コメントありがとうございます♪
以前から読んでてくれたんですねー、ありがとうございます。
復活早すぎてお叱りを受けるかとビクビクしてました(^^;

はい~、ホント、次から次へといろいろありますね。
時々息切れしそうになりますけど、こういう思いをしているのは自分だけじゃないんだ・・・
と、こうしてコメントいただくと気づけてありがたいです。
ボンズも「落ち着いて」みえて、そんなことないっていうのがよくわかりました。
のんびりしている場合じゃない! ですが、脳トレだと思ってがんばりましょう(笑)

学力ねぇ・・・
コッコ姉ちゃんは自力での勉強も難しくって。
しかも親に教えられる時代は終わり(もともとないって話も・・・)、そろそろ本気で塾にお願いすることにします。
私立となると、あとは親のやりくりですね!!

子供がたくさんいると、いいことも悪いこともいっぺんにやってきて、本当に親は消耗しますね
我が家の一番下も支援級に入学して二ヶ月、そろそろトラブルも出てきました。
ボンズ君の成長ぶりが私にも励みになるのです。再開の記事、こじまるさんの大変さを思いつつ、私も頑張ろう!と思いました。
中学生女子はなかなか厄介ですよね、学校に行けなくなっても最悪公立高校は無理でも私立高校なら内申なくても勉強していれば進学できると開き直ってます。

ゆうままさん

ぅわ~、ゆうままさん、すぐに見つけてくれてありがとうございます。
復活早すぎてすいません(^^;

はい。ぞっとしました。
聞いた瞬間から、ぞっとして全身の血が入れ替わるような感覚がありました・・・
わかりにくくてすいません。
でも「ぜってーー負けねーーー」って叫びながら、絶対負けねーぞと言い聞かせていました。
いじめられる方が悪いとか、いじめられることに理由があるなんて、絶対あってはいけないことだと思ってました。
だけど、それと同時に、戦わずして逃げるのも正しいとも思いました。
難しいですね。
私もいじめにあいました。親には言えませんでした。
だから、教えてくれたコッコにはただただありがたいとしかいえません。
ゆう君へのレーダー利かせているゆうままさんならきっと大丈夫ですよ、
うちのレーダー散漫になっててアテにならないこともありますので、
親リフレッシュタイムも取りつつ、ぼちぼちと・・・

おひさしぶりです(*^^*)
コッコちゃん、つらかったですね。そして、ホントにがんばりましたね。
そして、お母さん…自分が傷つく以上につらかったですよね。
早期に解決できて、よかったです。きっとすごく恐い思いをしたし、学校に戻るにも物凄い勇気が必要だったことと思います。
すぐに癒える傷ではないかもしれない、、、けど、お母さんや家族に支えられたことが、きっと力になると思います。私も昔ひどいいじめにあったけど、支えてくれる人がいることで生きていられたと、今でも両親には感謝しています。だからこそ、もしゆうがそんなめに合ったら、何があってもゆうの味方でいよう、守ろうって思います。(自分のことばっかり、すみませんf(^ー^;)
こじまるさんの記事が更新されるのは嬉しいです!けど、無理なさらないでくださいね(*^^*)
私は自分自身が小学生時代にひどいいじめにあった経験があるので、ゆうがいじめにあわないか…ニュースでいじめ報道あるたびに、ホントに胃が痛くなる思いです。
非公開コメント

カテゴリー
更新カレンダー&月別
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

+ アーカイブ
 
検索フォーム
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

『人間が好きになる名言』


presented by 地球の名言
スポンサーリンク
プロフィール

こじまる

Author:こじまる
H17年6月生まれの長男ボンズ。
自閉症と最重度知的障害を併せ持つ中学2年生。

3才から小集団+個別の療育を受け、
4才から加配付保育園で過ごし、公立小学校の特別支援学級を卒業。
中学からは特別支援学校に転籍。
週に5日放課後(等)デイサービス併用。

「自閉症」はおろか「発達障害」を知らなかったハハこじまると、ボンズの無限の可能性を心酔するチチ、高3の姉コッコ、小6の弟チビスケの5人家族。

Twitter
Bonz counter
スポンサーリンク
絶対!お勧めの本