自閉症のキミが好き!

おおらか、マイペース、独創的、ユニークでスペシャルな存在!なのは、自閉症だから? だったら私は「自閉症の」君が好きなんだ

のんびり公園を楽しむ  

先日の記事では温かいコメントをたくさんいただき、ありがとうございました♪
今回は記事にするのもキツカッタ。
さらっと書きましたが、キツカッタ。


実は続きというかオマケの話もありまして、
この時実はお姉ちゃんも同じ公園にきてました。


ボンズが泣きだして、靴まで放り投げたので、
姉バカ・・・いや、弟思いのお姉ちゃんが飛んできて、
「どうしたのっ」
と、聞きました。


ハズカシながら、娘に説明するのすらしんどいくらい、
こっちも泣きたい気持ちでした。


「ボンズの独り言が面白かったみたいで笑われたのがわかったのかねぇ。
そばにいた子に砂かけたみたいでね~(かけてると思ってないのでついこういう言い方をしてしまう)、
でも一緒に遊びたいのにうまく遊べないから悔しくて泣いちゃったんだわ」


なにぃ!!? といきり立った姉ちゃん。


「言ってくる!!」
と、自転車でおいかけようとするのを(すでに立ち去った後)、

「やめなって! あんな小さい子に無理だって!
ボンズをいじめたわけじゃないのに」

いくら言っても行く気まんまんの姉ちゃん。

「やめなさいよ?」
と、念を押しつつボンズのそばに戻ったんだけど・・・

仲間引き連れて行ってるじゃん(>_<)

戻ってきたのを見て、

「何言ったの!」

と、聞くと、


「ボンズはこういう気持ちだったんだー。
かんしゃく起こしてごめんね。
もしこういうことがあったらまた教えてね、って言った」


と。




ほえぇ~~~~・・・
姉さん、ハハよりうまいじゃないですか!!(笑)



今回つくづく自分を振り返ってみて、
そしてコメントやメールでのお話を伺ってみて、
何度も何度も考えました。


どうしてその場で通訳しなかったのかな? と。

どう考えても二人羽織状態で、
「ボンズはこう言ってる」「こうしたいんだよ」
と教えてあげた方が、相手だってわかってホッとするかもしれない。


なのになんでできないんだ?


1、相手に理解を求めるということは、相手に負担をかけることになる気がする。
2、なんて言っていいかわからない。


ということに集約される気がします。

「ボンズはこうしたいの」⇒「だからわかってね」
「ボンズはこう言ってる」⇒「だからわかってね」
ってならないかな。

「めんどくさいやつ」って思われたら、避けられる原因にならないかな?

相手が小さすぎると、理解を求められないよな。

そもそもハハの立ち位置がよくわからない。

そして、ハハ自身もボンズが何をしたいのか、何を言いたいのかわからないことが多々あるんです。


きっと模範的に行動しようと思ったら、
自分が相手の友だちになって一緒に遊んじゃえばいいんですよね。

「おばちゃんも入れてね~~~
きゃ~砂でプリン作ろうね~~きゃっきゃ」

って。


で・・・できないっすorz

でもできないなりになんとか対応考えなきゃと思います。


古いけど、「公園デビュー」ばりに気が重いっす。



さ、「昭和の日」も朝から公園コール。

さ、修行に行くか・・・と重い腰を上げたら、
今回ボンズはたくさんのおもちゃ持参。

のんびり公園1

こんなんなって、傾斜のついた芝生の上でレールを作って、
電車脱線させて喜んでました。


のんびり公園2

今回はお友だちを求めてウロウロする時間はほとんどなく、
まったりしてます。


先日泣いちゃった砂場でも、


のんびり公園3

まったりマイペース。



平和でございました・・・(ほっ)。

スポンサーリンク


category: 8才

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 4

コメント

ゆうままさん

お返事遅くなりました~(汗)

そうですね、子どもって良くも悪くも素直ですよね。
子どもの言葉にいちいち凍り付いていたら、まだまだ修行不足なのかもしれません。
子どもが反応してくれてる分、まだチャンスがあるってことなのかなー。
もっと周りの子どもが大きくなったら、ボンズなんてスルーされてしまうかも。
「これはこういうことなんだよ」って伝えるチャンスをもらってると思わなきゃいけませんよね・・・
とかいいつつ、いちいちまだ凹んでます。
この後記事書きますね~。

こじまる #- | URL
2014/05/14 12:03 | edit

コッコちゃん、優しいお姉ちゃんですね(*^^*)
視線、言葉、笑い…ホントに辛い時あります。
ゆうが保育園時代(って言うほどまだ昔じゃないけどf(^ー^;)、『ゆうくんって、なんでいつも悪いことばっかりするの?』『なんでいつも変なことばっかり言ってるの?』と同じクラスのお友達からよく聞かれました。
『かけっこが早い子がいれば、遅い子もいるよね?お絵描きが上手な子がいれば、ちょっと苦手な子もいるよね?ゆうくんは、お話したりお友達と上手に遊んだりするのが、ちょっと苦手なの、だからまだ練習してるんだよ』発達障害なんてまだ解らない子供達に、よくこんなふうに話していたのを思い出しました。
子供って、良くも悪くも素直ですよね。
最初は私も質問されるたびに凹んでたけど、なんとなくでも私の話が伝わると、『へぇ~、そうなんだ~』って受け止めかたもとっても素直で…、あぁこの子たちは意地悪を言いたいんじゃない、ただただ不思議だったんだなぁ、って思いました。
小学生になって、きっとこれからはそんなただ素直なだけじゃない、そんなきつい言葉も増えるのかな?言葉で表現するのは苦手だけど、相手が言ってることやバカにされてる雰囲気は理解が早いので、そこら辺が心配ではありますが…どう対処するのか、気持ち的にはどう流すのか…まだまだ日々母親修行中ですね(^^;

ゆうまま #- | URL
2014/05/12 00:52 | edit

みこたん♪さん

うちは・・・ハハ歴12年で、
自閉っ子ハハ歴6年、ADHDハハ歴5年くらいでしょうか。

なーんて考えるとちょっと気楽ですね、
まだ新米なんだ。あははは。

まっすぐ向き合ってるか・・・時々片目どころか両目つぶって見ないふりしたりしてる気がしますけど(笑)
命の母のお世話になりつつ、なんとか!!がんばりましょー♪

こじまる #- | URL
2014/05/08 12:50 | edit

応援してます!

うちの次男はADHDっこ。
診断が出てまだ3年くらいです。
子育ては15年ほどやってますが、次男の診断が出てから私はADHDっこの母になったので…まだまだ新米母です(笑)
毎日が悩みと発見です。
そうやって一緒に成長していこうと思っています。
メールでは長々と失礼いたしました(汗)
まっすぐボンズ君と向き合うお母さん素敵ですよー!
そんなお母さんがいてこっこちゃんもボンズ君もちびくんも幸せ!

『命の母』を片手に一緒に頑張りましょう(≧∇≦)


みこたん♪ #- | URL
2014/05/07 22:32 | edit

コメントの投稿

Secret

カテゴリー

更新カレンダー&月別

検索フォーム

最新記事

オススメ

最新コメント