自閉症のキミが好き!

おおらか、マイペース、独創的、ユニークでスペシャルな存在!なのは、自閉症だから? だったら私は「自閉症の」君が好きなんだ

ボンズと時計  

ボンズと時計に関しては、思い起こせば初めての療育施設(カテゴリでは「発達支援教室」としてますけど)で、

「時間的見通しが立たない!」相談しまくってから・・・
5年?
6年? になろうというもの。


毎日のスケジュールのおかげで、
「学校」⇒「デイ」とか、
「OT」⇒「買い物」という2コマ程度の見通しなら(おおざっぱですけど)理解してくれるようになりました。


あ、あと始業式や終業式の日は、

学校⇒自宅でお昼ご飯⇒お迎えがきてデイ

なんてイレギュラーに対応できるようになったのも助かる!!




でも、「あと30分家で過ごしてから出発」だとか、
どうしても時間に合わせて動くとなると、

「まだだってばー」「早いのーー」
「早くして~~~」「ほら時間がーーーー」

という騒ぎになるか、



「ボンズがいつ騒ぎ出すか・・・」

と時限爆弾ばりに恐れるか、



「神様どうかあと1時間家に入れますように」

なんて神頼みになるか。




3~4才の時から、「時計にお気に入りのシールを貼るとか」「目に見えるところに時計を置く」とか、いろんな相談に乗ってもらいましたけど(M先生お元気ですか?)、


なんせボンズ時計を見ない。

タイムタイマーを買いましたけど、「赤が減る」というより「お知らせ音のなるモノ」という認識らしい。


「早く早く~~~」と焦るボンズは、

「ぴぴったよ~~~」(ピピっと音がしたよ)

というアピールする言葉を得ただけorz



「アンタ自閉症のくせになんで数字に興味持たないのさ!!」

と逆ギレしたことも多々。(ハイすんませんー)



でも小学校に通うようになって、
ようやく数字を覚え、数の概念も5~6くらいまでは一致し、
数えて数字を書くこともできるようになりました。
(学校様のおかげでございます)


が、1、2、3・・・という順番というのはまだ入ってないようで、

ボンズが書く順番は、「3、2、1、4、5」

です。

謎でしょ(笑)


どうやら、「3、2、1」というカウントダウンが好きらしくて、
いつも「3」から手を伸ばします。


だけどその後に「4」と「5」があることに気づいて・・・となると、
あの順番。

う~ん。

是非とも「1」から始まることを覚えて欲しいですねー。
そうしたらスケジュールでも使えますよね~、

なんて小学校の担任の先生と相談してました。


ら、その流れなんでしょうか、ボンズ画伯、
時計の絵を描くようになったんです。



時計1


2年生の終わりからあやしげな時計の絵を描いていましたが、

この春休みとうとう、「時計を見ながら」時計の絵を描いたので、
完璧!!



M先生~~~とうとうボンズが時計に興味を持ちましたーーー。
かつてこんなに時間がかかるなんて、想像もできませんでしたけどねぇぇぇ(笑)



朝、登校する時が大変だった3学期。

「くーま!」
と、車で行くことを要求してたのは、どうやら気温が関係あるとわかってきました。

変温動物なので、気温がマイナスのうちは家にこもるみたいです(笑)
それで、登校も車。

それが最低気温が+になってくると、
突然「あるくいこーーー」が再開したのです。


こっちはまた車で行くなら・・・って時間で行動してましたけど、

「今から歩いたら絶対遅刻だって!!」

って時間になって、

「あるくーーーあるくいこーーーぎゃおーーー」

になってたもんで、もーたまったもんじゃなかったです。


ボンズの登校時間に合わせて、弟チビスケの幼稚園バスをあきらめて車で送迎したり(泣)、

チビスケを一人家で留守番させておくとか、

車で行きたい姉と、歩くというボンズで意見がぶつかった時は姉に説得させるとか、

毎日朝から大バトルでしたから。



とりあえずチビスケが卒園して問題が一つクリアされると、
後はボンズと時間との闘いのみでした。


「今から歩いて行ったら遅刻だよ!!」

っていうのに歩き出してしまったので、
(姉の説得も聞かずパニックになりかけ)

歩きながら携帯で学校に電話し、教頭先生に、

「あーなんか今から歩くらしくってー・・・だから遅刻になりますぅ」

なんて言ったら大爆笑。

「あーほんとー。お姉ちゃんも一緒かい? 担任に言っておきますー。お母さん一緒だよね?」

ホント、学校の先生まで巻き込んでの大騒動。


来週から、チビスケも小学校に行きます。
2人を連れて毎日歩いて登校させます。
そのためには、時間を固定にして、

「時計のカタチがこうなったら」

って教えようと思ってました。



そこへ、この時計への興味!!
ありがたい!


時計2

あーなんかまた記事が長くなってしまいましたが、
こんなの↑も用意してみました。

水性ペンで時計の針を描いたり消したりできるかな~と、
ラミネートしたプリントなんですが、なんかうまく消えないのでダメかも。

しかも、わかりにくい・・・?
別の色にした時計の針用のマグネット用意しないとダメかも。

でも、

ボンズに「時計」というより「時間」の感覚、
なんとなーくでも身に付いてくれたら、すごーく助かります!

スポンサーリンク


category: 8才

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

カテゴリー

更新カレンダー&月別

検索フォーム

最新記事

オススメ

最新コメント