二年生修了!

Category : 2年生
ボンズ、2年生は解禁です!!

・・・いや皆勤です!!
1日も休まず小学校に通いました~~~!!
すごい、すごいです。
我が子にして初の快挙ですよ。
自分だって経験ないと思います。

たったの1日も休まないで毎日学校に通ったなんて!


・・・なのにだーれもそのことに触れてくれないんですよねー。


多分、遅刻はある。

3学期のたらたらちんたら期は、
ハハもキーキー言いながら追い立ててましたから。


それは学校がイヤなんじゃなくて、
多分脳みそが冬眠中なんですよね(たぶん)。

行ってから目が覚めてエンジンかかってるんだと思います。


それと、知能検査をしなくてはならないことが一学期にあり、
(あれなんでだっけ??)
病院で検査をしてから学校に行ったので、
楽しみにしていた学年での行事「まちたんけん」に参加できずに残念でした。


早退も、もしかしてあるかも。
主治医の診察の日だったり、OTの訓練の日は、10分くらい早く下校しないと、
微妙~に時間が間に合わないかも・・・と、早めに帰ったりしてるんですよね。


でも欠席はないんですよ。

それは学校が大好きで「行きたい場所」であるからに他ならない。
それがすごいことだと思うんです。

それともう一つ、体力もついたんでしょうね。
今年はインフルの脅威にも負けず、嘔吐下痢症にも負けず、
あのボンズが発熱知らずの、じんましん発症0ですよ!!


これもやっぱり学校が楽しい場所だからですよね。
基礎的な免疫力って、精神的なものに大きく左右されると思うので、
2年生のボンズは心身ともに健康だった証だと思うんです。


3学期の遅刻はね~、もったいなかったねー。
でもだんだんと免疫ついて、

「あーまたあの忙しないめんどくさい時期がきたんだね」

ってやり過ごしてくれるようになったらなー。



来年度、ボンズの教室の場所が変わります。
今まで支援級2クラスが離れ離れだったのに、1ヶ所にまとまることができ、

クラス編成も決まっているので、
メンバーの変更がありますが・・・

先生が変わりません(たぶん)。

3人いる支援級の担任のうち一人は、
もともと年度はじめのごたごたの時に1年の期限付きで応援にきてくれていた先生。

「明日からきてくれ」という緊急事態に即応してくれた、
しかも他市から始発の電車で来て終電まで働いてくれていた、
元幼稚園教諭の先生です。
この方ブラックジャックでした(笑)

基礎知識もないまま配属され、
でも天性の(?)ぶれない指導で、見ているだけで安定感のある先生でした。
どこかで正採用されたらめきめきと実力者になっていくことでしょう。

あまり接触がなかったんですが、
ありがとうございましたの感謝の気持ちを込めて、
ハンカチをプレゼントさせていただきました。

先生にご尽力いただいて1年間無事にやってこれたこと、忘れません。
(でもこの1年むちゃくちゃ大変だったと思うのでくれぐれも体は大事にしてねん)


そして、他の先生2人は残られたので(人事はすでに発表されてまーす)、
ボンズ、生まれて初めて安定した年度替わりですよ。
デイの日数も場所も変わりません。ついでにデイのスタッフの異動もありませんでした。


ビバ、三年生♪

でもねー、支援級にサンタクロースになってくれたN先生や教頭先生が異動なんですよねぇ(ToT)/~~~
こういうのがあるから地元の小学校は・・・

きっとまたいい先生に巡り合えるんだろうけどね。。。



で、楽しみなのは新クラスメイトです!

今度のクラス編成では、新3年生であるボンズが最上級生となります!
新2年生が一人、

そして、新1年生が2人やってくるそうです!!


「どんなタイプの子ですか?」

って聞いたら、

「おとなしいタイプと、元気君です」

おっとーーーとうとうボンズタイプの子が加わるんだなぁ^m^


新年度、元気タイプの一年生がきっと大暴れしてくれるでしょう!
そんな時、ボンズ兄さんがどんな落ち着きをみせてくれるのか、
(そして家では荒れるのか?)

密かに楽しみにしています♪

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

Comment

ゆうままさん

お久しぶりでーす♪
ゆうくんいよいよ小学生ですね!!
教務主任のお言葉でうちも安心しましたよ、そうおっしゃってくれる先生が待ち構えていてくれる学校なら大丈夫!と思いませんか?
だって、ボンズみたいな子、もう「学校が嫌い」になってしまったら、どんなすばらしい場所にも通ってくれないと思うんです。まずは、ゆっくり、学校というある意味特殊な世界に慣れてもらうのが先決ですよ!
だって、学校と言う集団生活、先が長いですから~~~。
それに同世代と過ごす貴重な時間でもありますよね。
支援級から通常級への移動ってけっこうメジャーですよー。
逆だとその子によっては挫折感になっちゃう危険もあるし、大事をとったいい選択だったのでは?
学校にお任せしてしまったら、後は親はドキドキするだけですけど、早くホッとする瞬間がやってくるといいですね。
ゆうくんもゆうままさんも楽しみな春だ!!

お久しぶりです(*^^*)
ボンズくん、2年生皆勤賞なんて、メチャクチャすごいじゃないですかっっ!!
うちは、いよいよ小学校入学なので、事故らずに通学出来るのか、お友達ができるのか、何よりも…学校が楽しい場所になってくれるのか、もうハラハラドキドキです(/´△`\)
でも、年末に進路を最終決定する際、教務主任の先生が『ゆうくんに、まずは学校を楽しい場所だと思って欲しいんです』と仰ってくださり、不安が少しやわらぎました。
そして、ゆうののんびりペースに合わせて、支援級でのスタートを決めました。
ゆうのペースを見ながら、交流学級の科目や時間数もその都度相談にのって下さるそうです。
スタートしてみないとどうなるかわからないけど、母も楽しみながら応援できれば、と思っています。
ゆうの話ばかり書いてしまいましたが、ゆうもボンズくんみたいに、学校を大好きになってくれたらいいな♪
非公開コメント

カテゴリー
更新カレンダー&月別
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

+ アーカイブ
 
検索フォーム
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク
プロフィール

こじまる

Author:こじまる
H17年6月生まれの長男ボンズ。
自閉症と最重度知的障害を併せ持つ中学3年生。

3才から小集団+個別の療育を受け、
4才から加配付保育園で過ごし、特別支援学級を卒業。
中学からは特別支援学校転籍。
週に5日放課後(等)デイサービス利用。

「自閉症」はおろか「発達障害」を知らなかったハハこじまると、ボンズの無限の可能性を心酔するチチ、専門学生の姉コッコ、中1の弟チビスケの5人家族。

Twitter
Bonz counter
スポンサーリンク
絶対!お勧めの本