自閉症のキミが好き!

おおらか、マイペース、独創的、ユニークでスペシャルな存在!なのは、自閉症だから? だったら私は「自閉症の」君が好きなんだ

ねぎらい  

どこにも行かず、チビスケと三人で引きこもっていた日曜日。
(旦那は仕事でコッコはでかけた)

掃除して、台所を片づけて・・・と働いていたハハに、
ボンズが、

「ままー、おいでー、おいでー、すわってー」
と、うるさい。

「ん~、ママここ片づけてからねぇ・・・」

なんて言ってたら、呼びにきたわよ。

「こーしーだよ?」


で、テレビの前にお茶セットが。


「ありがとー。ママにお茶用意してくれたの?」

ティーポットやコーヒーカップをせっせと運び出していたのは知ってるけどさ、
食器が枕元に積み上げられていても何とも思わない我が家だから、特に気にしてなかったの。


お茶会

「いただきまーす」
と、たいして好きでもない麦茶を飲んだら、
ボンズ嬉しそう~~~に、自分も、

「いたやきましゅ!」

って手を合わせてから一緒に麦茶飲んだの。


ほっこりしました(=^・・^=)

スポンサーリンク


category: 日記

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

カテゴリー

更新カレンダー&月別

検索フォーム

最新記事

オススメ

最新コメント