自閉症のキミが好き!

おおらか、マイペース、独創的、ユニークでスペシャルな存在!なのは、自閉症だから? だったら私は「自閉症の」君が好きなんだ

あいかちゅ  

「おやつ何がいい?」
って聞いたら、


「あいかちゅぐみ!」


って言われました・・・ボンズに。。。



アイカツグミですってよ、知ってます?
コレです↓

アイカツ!データカードダスグミ5 20個入 BOX (食玩・キャンデー)アイカツ!データカードダスグミ5 20個入 BOX (食玩・キャンデー)
(2013/10/30)
バンダイ

商品詳細を見る



安っぽいカード一枚入ってて、
ちびっとグミが入って100円ですよ奥さん!!


「こんなもんじゃ腹の足しにならないだろう!!」
と思うのですが、
(もう幼児じゃないから腹の足しは考えなくていいんでしょうけど)

それがそれがしょうがない流れでもあるんですよ。



たびたび姉(コッコ)弟(チビスケ)の喧嘩について書いてますが、
この「アイカツカード」が原因ってこと多々あるのです。


「あ、チビ交換して!」
「おねーちゃんチビのカード触んないで!」
「おねーちゃん○枚になった~」
「ママ見て~~チビのアイカツカード~~」
「ママどれが好きー?」
「一枚あげようか~?」

こんな会話がくり返されていれば、
ボンズが「アイカツカードってそんなにいいものか?」と興味を持っても不思議じゃないというもの。


小学6年のお姉ちゃんがコレを買うことも、
6才の男の子がコレを欲しがることも、
な~~~んとも思わないハハこじまる。


ボンズがコレを欲しがったってなーーんとも思いません。

(関係ないけど、チビがニューハーフになっても動じない自信がありますね、
この「何でもアリ!」な境地にいたったのはボンズの存在が大きいです)


「ほんとかよ」
と思いつつ、

「ハイこれがボンズの今日のおやつ」
と、これっぽっちのグミ一つ渡したら・・・


にや~~~と笑ったボンズ。


「あいかちゅぐみ~~~~」


と、喜んで飛び跳ねてますよ。


グミはもともと好きなので、食べることは食べる。
が、一番知りたかったのはカードをどうするか。

どうせその辺に放置で、
ボンズのカードは自分のものだ!というハイエナ姉弟バトルが勃発するのが一番の心配のタネでした。

が、

大丈夫です!!

ボンズが自分のカード死守してましたから!!(笑)

「ボンズの!」
と、主張して、お姉ちゃんに「ボンズのだね!」と同意されると、
すっごく嬉しそう。


ボンズ、ホントは興味ないし、欲しかったわけじゃないけど、
「みんなが持ってるから」
「みんなが集めているから」
自分のも欲しい。

と思ったのなら、なんかフツーの子っぽくないですか?(笑)


昨日、コンビニでおやつを買いましょうタイムを持ちました。
週末一度も買い物に行けなかったので、「今日はコンビニでおやつ買おうね~~」って朝から宣言してました。


そしたら、

「あいかちゅ、ぐみ~~~」

と、再び。

マジ??

あんな不経済な、金だまし取られてるような感覚になるモノ買いたくないんだけどー。
でもボンズがあんなに喜ぶならしょうがないですね。


・・・って言ってたら、
カルピスウォーターとチョコまん選んでましたけどね(笑)


あいかちゅかーど熱冷めるの早そうな気がしますけど、
ボンズにも「あ~集めた集めた~~」的な思い出ネタが出来て良かったと思うことにします♪

スポンサーリンク


category: 8才

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

カテゴリー

更新カレンダー&月別

検索フォーム

最新記事

オススメ

最新コメント