自閉症のキミが好き!

おおらか、マイペース、独創的、ユニークでスペシャルな存在!なのは、自閉症だから? だったら私は「自閉症の」君が好きなんだ

なんだかんだと・・・  

昨日ここで書いた「めんどくせー」こと、
全然めんどくさくなかったです(笑)

役員の委員会の日だったので、
早めに出て教頭先生のところへ。

話はボンズの登校時間のことです。

入学前から一番の懸案だったと言ってもいい、この問題。

ボンズの登校時間と、弟チビスケの幼稚園の登園時間がかぶってること。

ボンズが歩いていくって言う時は、早くに出て(30分以上かかるので)、
激チャリして戻ってチビスケを送ってたんだ。

最近めんどくさいのと体力ないのとで、車で登校してましたけどね。

チビスケを先に見送ったら焦らずに済むんだけど、
毎回遅刻で学校生活始めるのってどう?
うちならやだ。
早めに行って調子をつかんでおきたいタイプだし(それか後天性自閉症ハハだから)。


入学前から、そして入学してからも「指定されてる登校時間より15分早く登校すること」を許可してもらってました。
早めに行った方が、ボンズもペースつかみやすいんですよ。

保育園入園したころ、「わ~~~」っとにぎやかなホールに入れなくて最初の難関となってました。
静かなホールにいて、その後「わ~~~~」っとにぎやかになるのはOKだったんですよ。

だから学校も、わ~っと盛り上がってるところにおずおず入ってくより、
シーンとした中にいて、みんな登校してきたぞ~~ってパターンの方が絶対落ち着くと思ってたしね。


それが、先々週かな、
「ボンズ君の場合1ヶ月に1分ずつでもいいですから遅らせて定時に登校できるようにしてください」
って言われて、

「あーそれなら15か月かかりますねぇ」
なんて笑ってたんだけど、

確かにここの小学校みんな来るのが早いのよ。
みんな学校大好きなんだね。

だけど、ここいらでちゃんと登校時間を守らせようってことになったらしく、
そういうことを言われたんだと理解はしてたんだけど、
ボンズの事情は入学前、入学時、そして2年に進級した時も担任K先生に話しているし、
「知ってるよね?」と思ってたんです。


が、先週さらに、
「ボンズ君、朝の時間どうですか?」
と、K先生に聞かれ・・・

はて??

「あの先生? 前も言いましたけど、
ボンズの登校時間はボンズのこだわりとか、ボンズの問題じゃなくって、
完全に親の都合なんですよ・・・」

と言うと、

「あー・・・」(失念してた?)

「でも、今登校時間まで玄関を開けないようにしてまして。
でもボンズ君は職員玄関開いてるのを知っていて、当然のようにそこから入ってくるので、
他の待ってる子たちが、

どうしてあの子だけ?

って感じになってしまって・・・」

と言われ。

「あー・・・そうかぁ・・・他の子の手前・・・ねぇ」

それはマズイと思ったんですが、
もう一度うちの事情を話し、あと半年なんですけどねぇ。。。と帰ってきました。
(来年チビが入学なので、3人で時間合わせて歩いて来ようと思ってます)


一番簡単なのは、
うちがチビスケのバス通園をあきらめて、
車で送迎したらいいんだけどね。

そりゃわかった上で、
あと半年なんかうまい手はないかな~~~と思っていたら、

K先生が教頭先生に直接電話してくださいとおっしゃるので、

電話の苦手なハハ(必要に迫られ、どうしても・・・じゃないとめんどくさい電話。これも自閉だから??)

金曜日学校行くので直接話します、といってきました。


ら、

「あ~、はいはい。じゃ、ボンズ君は何時になる? 8時ね。
じゃ、その時間K先生に出迎えるよう言っておきますから」

で、終了ーーーー。

「あのぉ・・・すいません、こんな理由で先生に出迎えさせるなんて・・・」
としどろもどろで恐縮していると、


「あーいやいや、いいの。○○君も~~~っていう理由で早いしね、
こっちで何時に誰が来るって把握できれば対処できるっていう話だから、
全然気にしないで。なんでも言ってください。
特別支援ですから。ははははは」(←笑)

って。
感涙。



ついでに、K先生のこと聞いてみました。
相変わらずいっぱいいっぱいで、
ボンズのことはよく見ていてくれているし、
ボンズもK先生を信頼しているし、
アレ以来なにごともないようなのですが、

「ボンズに手をかけてもらってるのはわかってます。
逆に手がかかり過ぎて他の子がしわよせ食らってないかと・・・」

と言うと、

「あー大丈夫です。
余裕ないのはしょうがないです、そんなもんです」

とおっしゃるので、
よけーなお世話だったかなぁ。。。と思いつつ。


でもこんな話したのは、
昨日コッコ姉ちゃんから、

「ねぇママK先生のこと好き?」

って真顔で聞かれたせいなんです。


好き? か、嫌いかって言ったら・・・(笑)

「好き」と言えるほどじゃないけど、
「嫌い」でもない。

でもぶっちゃけ、まだ遠い存在の人であるのは確か。

「好きか嫌いかって言われてもなー。
ママもまだよくわかんないなー」

と答えると、

コッコ、図書館でボンズとK先生に会ったんだって。
順番を待てないボンズが暴れていたので、

「ボンズここおいで」
と、
先に並んでた姉ちゃんがボンズに声をかけたらしい。

するとK先生が、

「ここいいよって他の子もいるでしょう!」

と、怒鳴ったとか。

実際怒鳴ったんじゃなく、
怒ったっていうか、
怒ったっていうより、「キツイ言い方」だったらしいんだけどね。

コッコは気を利かせた⇒褒められると思った、
ただその一心だっただけに、「逆に」怒られて傷ついたらしいのね。


確かに、コッコの前にボンズが入ったのなら、
コッコの後ろにいた子に不公平感を与えるよね。

「ここいいよって言ってコッコが抜けたら良かったんだけどね」

と言おうとして迷いました。

確かに数的にはそれでつじつまが合う。

だけどボンズにとっては?
順番を守らせること、これを体得することは生きてく上で絶対必要なスキル。
K先生はこれを教えてくれてるんだよね。

正論なら言える。
K先生のやっていることの意味もわかる。

だけどコッコが訴えたかったのってそういうことじゃないんだろうな~と思い、


「そっか。そんな言い方ないよね」

と言うと、
コッコは満足そうにしてました。


だけど、ハハにとっては、あのK先生のキツイ発言想像できないんです。
どっちかっていうと小声で、
しどろもどろで、
どっかビクビクしているような・・・。


「ふ~ん」と思いつつ。

コッコは、

「そんな言い方ないでしょう! ってK先生に言ってね」
とまで言ってるので、
「わかった! 言っておく!」
と話しは終わりました。


で、今回の登校時間のことで教頭先生に会いに行き、
K先生の様子も聞いてみたのです。

あっさり話は終わり、
役員会までまだ時間があったのでボンズの教室を覗きに行きました。


ら、


「○○ボンズ! ○○ボンズ!」

という、聞いたことのない厳しい(キツイ)K先生の声。

ボンズの「ひーーー」という拒否の声。

「ひー、じゃないでしょ!」
という、これまた聞いたことのない厳しいK先生の声。


「○○ボンズ書いてから! こっちにきて!」


おぉーーーこれだな、コッコが聞いたK先生の「怒鳴り」声。
(実際怒鳴ってるわけじゃないんですが)


以前のあの事件の後、こうは思いました、

「先生には威張っていて欲しい。
その方が子どもも安心してこの人についていこう、と思える」
と。

あんたの望んだ通りに進んどるやないけ。

と言われたらその通りとも取れるんですが、
実際あの声を聞いたら、いい気持ちはしないですね。

うちが甘いんでしょうか。

甘やかしていうこと聞くようなタマじゃないです。
しめるとこしめとかないと、ふわふわいっちゃうと思います。


ボンズも学校で頑張ってるんだなーと改めて知ったんだから、
やっぱり覗きに行って良かったんですけど。。。


去年の先生も、その前の先生も「いつでも覗きにきてください、学校でどんなに頑張ってるか知っておいてください」というスタンスだったのですが、

まだまだいっぱいいっぱいのK先生、
覗きに行くと慌てて帰そうとするので(帰りの会見に行ったんですが)、
「あーしばらく教室には顔出せないなぁ」
と全然行ってなかったんですよねー。


学校で役員やったりボランティアに志願したのは、
ただ単に学校でのボンズを見る機会を増やしたいだけだったんですが、

ちょくちょく学校行く割りには全然ボンズに会えないんですよね。

「ちぇっ。なんのためにお役目果たしてんだかっ」
ってくさってるハハは動機不純の証拠です。

役員の仕事は来月で終わりそうなんですが、
来月からはただ単にボンズ覗きに行こうかなー。

でもボンズ自身はいたって順調で、
学校も喜んで行ってるし、安定もしてる。


ただ、昔のことを思い出したら、
ボンズがもし一度でも学校をイヤだと言い出したら、
再び学校に戻ることは不可能じゃないかと思う。
(3才の時行ってたプレ、毎回喜んでぶっ飛んでたのに、ハハが先生たちの対応にアレ?と思うと同時にボンズが拒否するようになりました。で、即やめたんですよね)

だから、「何か」あってからじゃ遅いんですけどね。

スポンサーリンク


category: ハハのキモチ ~’14

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

カテゴリー

更新カレンダー&月別

検索フォーム

最新記事

オススメ

最新コメント