燃える闘志

Category : 2年生
春にはまさかの、スタート後Uターンをした徒競走・・・
今年もまた秋の大運動会の季節がやってまいりました・・・

先日合同練習の日があり、
その時の様子を先生に聞きました。
(今年は見に行きませんでした、諸事情と理由があって)


そしたら、徒競走も組体操も頑張って参加できたようです。
だよね、Uターンがイレギュラーよね。。。


笑ったのが玉入れ。

玉を拾う、投げる。
やってやるぜーーーな闘志はすばらしいんだけど、
投げる方向が水平。

地球の重力がどうなっても絶対カゴには入らねーだろ、というボンズの玉入れ。


だけどどうやら「カゴにタマを入れる」競技だっていうことはわかっていたんだね!


うまくカゴにタマを入れられないボンズ。

「やって」

と、そばにいた先生に頼んだらしいです(笑)

キモチはわかるが、それじゃ児童の競技にならない。
先生が不正に問われるじゃん。


どうやらそれも叶わないと悟った闘志に燃えたボンズ。


こともあろうにカゴを支えていた先生をよじ登りだしたらしいです(爆)


どうです!
褒めるところでしょう!! この闘志!
やることがわかっていて、やろうとするこの前向きな気持ち。
いやー感動しました。


その後の綱引きの練習は、中学年と高学年競技だったので、
低学年のボンズは参加できません。

だけど支援級で低学年といえば、
今はボンズ一人。

同学年が転校し、
下級生は病気療養中。
なので、「自分だけ」ダメって言われた気持ちになっちゃったんですかね。

綱引きも去年経験しているので、
ボンズとしては知ってるからこそやりたかったのかも。

その後、スーパーのフードコートでみんなで外食して帰ってくるという日だったので、
「この後ラーメンだね」
と言われて気持ちを立て直したそうです。


・・・やっぱりハハ見に行かなくて正解でした。
行ったら、絶対気づいて、そして崩れてたと思う。
たぶん甘えちゃうのねん。

カメラ背負ってまたクラスメイトたちの徒競走前のあの表情を至近距離で撮りたい気持ちもあったんだけどさ~。


さてさて。
学校の方でまためんどくさい問題が起こり、
明日役員の仕事もあるのでそのついでにちょっと教頭先生とお話してこようと思ってますが、
公立の小学校とはいえ、ある日突然ルール変更とかちょくちょくあるもんなのねぇ。

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

Comment

非公開コメント

カテゴリー
更新カレンダー&月別
02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

+ アーカイブ
 
検索フォーム
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク
プロフィール

こじまる

Author:こじまる
H17年6月生まれの長男ボンズ。
自閉症と最重度知的障害を併せ持つ中学2年生。

3才から小集団+個別の療育を受け、
4才から加配付保育園で過ごし、公立小学校の特別支援学級を卒業。
中学からは特別支援学校に転籍。
週に5日放課後(等)デイサービス併用。

「自閉症」はおろか「発達障害」を知らなかったハハこじまると、ボンズの無限の可能性を心酔するチチ、高3の姉コッコ、小6の弟チビスケの5人家族。

Twitter
Bonz counter
スポンサーリンク
絶対!お勧めの本