自閉症のキミが好き!

おおらか、マイペース、独創的、ユニークでスペシャルな存在!なのは、自閉症だから? だったら私は「自閉症の」君が好きなんだ

再判定  

ボンズの特別児童扶養手当・・・の関係かな?(おぃっ)
再度判定を受けろとのお達しがあったので、
ボンズが今通っている病院で発達検査を受けに行ってきました。


前回の判定はこっちに引っ越してきてから児童相談所で。
その前から重度だったんですが、
その時もやっぱり重度で、

「次回4年後に」

と言われ、

それまで三年連続判定を受けに予約とって、
その都度(保育園を)休ませて・・・ってやってたので、

「次にやる時はボンズ小学4年生かー。
なんか(どんなになっているのか)想像つかないなー」


なんて思ってたんですが(最後が未就学時代だったし)、

特児の継続のためには、過去二年以内に判定を受けてなくてはならなくて・・・


とっくに2年なんて経ってまして。


でも、今回は「あー中度になって、支給額減っちゃうかもぉー」なんて心配はしませんでした(笑)


一回目、中度。(3才)
二回目、重度。(4才)
三回目、重度。(5才)

の頃は、日々ものすごくボンズが成長していたし、
(今もものすごく成長してますが)

どんどん人間になってる!最中だったので(じゃ、元はなんだったの?)、
「手帳取り上げられちゃうかもぉー♪」
と、半ば本気で(それでも「半ば」)心配しましたが。


今はね~。
小学校2年生。

周りの、
そしてうちが思う小学校2年生とは、「明らかに違うよなー」と思えるのです。


それでも、ボンズの、ボンズなりの成長はすごいよ。


だけど、、、ねぇ?


今日は学校を遅刻して、病院に行ってから学校です。
その後デイサービスもあります。


混乱させなくてもしっかり「重度」と再判定出るでしょうから(笑)
きっちりスケジュール提示しましたよ、前日から。


朝も、
「お姉ちゃん、パパばいば~い、チビばいば~い、してから、
●●(病院)行くよ。
その後、しょーがっこー、行くよ」
と、病院行くまでにちょっと時間があることも(一応)説明。


ボンズも理解してるのか、
いつもより着替えが遅いし、
ご飯食べだすのも遅いし、
2階で遊んでるし、
準備できても「でぃーえす」ってマリオで遊んでるし。

しかも朝いつもなら絶対言わない「やって」と、
DVD見始めてるし。


あー理解してるんだー。
イレギュラーに対応できるんだーと思ってました。


「こんだけ落ち着いていて、
しかもお勉強好きのボンズ。

病院でちゃっちゃか検査クリアしてホントに中度になったらどうしよう?」

って直前にちらっと考えましたが(笑)


病院には初めてDS持参。
うちもどこでやるのか(この病院で検査受けたことはない)、
その後主治医の診察があるけど、その間に待ち時間はあるのかないのか、
わからないので、これ以上支援できない状態。


ボンズ、主治医の部屋に入りたくて、入りたくて・・・
でも「まだよ」「あとでね」「じゅんばん」って引っ張って、
何とか音を消してDSさせたり待たせていたの。


発達検査の部屋が主治医の部屋のすぐそばで、
呼ばれたので入ったんだけど、
ボンズは主治医の部屋の前にある絵本にハマったり、
主治医の部屋に入ろうとしたり、

「○」「△」「□」のパズルや積み木には全く目もくれず!

わ~・・・これじゃ最重度になってしまうー・・・
とか、逆の心配もしていましたが、


なんとか絵本から目をそらしたり、
「こっちのお勉強済んでから!」
と、押さえつけて課題に目を向けさせると、

ちゃっちゃかこなしちゃうのよねー!!

前に「赤」と「黄色」の積み木を、
小箱にそれぞれ色分けして「お片付け」って言ったら、

「お片付け」に反応して、
ひとつの箱に全部まとめていれて、蓋まできっちり締めて心理士さんに「はい!」って渡したことがあったんだけどね(笑)

今回は、数個ずつちゃっちゃかつかんで、
赤と黄色の色別に箱に入れることができました!!


「すっごーい! ボンズ、天才!!
コレ、前回できなかったんですよ~~~」

ハハ、マジで狂喜乱舞。

「賢い!!」(注; ボンズ8才)


さらに、白黒の動物の絵の一覧があって、
心理さんから、動物一匹ずつになった同じ絵のカードを渡され、

「同じのどれ? この上において」

というと、全部、手元のカードの絵(動物)を見て、
一覧の中から探して、その上に置くことができました!

「ん?」
って一瞬探すこともあって、

「本当に見て探してるんだーーー」

と、ハハびっくり!!

ちゃっちゃかマッチングを済ませて、
お片付けまでして全問正解~~~。


ハハの問診で、
「お友だちと手をつなぐ? できます」
「ケンケン? できます」
「着替え? します」
なんて答えていたら、


「あれれ、これは中度の仲間入りか~~~」


って心配が(笑)



ま。
結局重度だったんですけどね。

わかっていたとかいいつつ、「やっぱりか」って、
なんか落ち込む気分もあり。

でも、検査受けることにならなければ、
ボンズはずっと重度のままで。

検査をやってもやっぱり重度だったね、ってだけなんですけど。


それに、ボンズがあんな難しいこと(?)理解してるなんて知らなかったので、
それを見れたのはものすごくラッキーだったし。

支給額も減らないし^m^

いーんですけどねっ!!


主治医と久々に会ったボンズ(なんせ定期的に会うことなくなってたので)。

「いや~言葉増えましたねー!」
「お母さんの言うこと理解してますねー」
「いや~すごいすごい」
って絶賛されました。
(絶賛しながら重度の診断書作ってくれたんだけどね・笑)


ついでにボンズがオムツでウンチのことも相談。


判定がままならないほど主治医の部屋に来たかった理由が、
この部屋に来て「自動販売機のおもちゃで遊びたかった」ことが判明。

今までの泣きわめきひっくり返り大暴れボンズはどこ?
(周りの方にご迷惑おかけしました・・・)
ってくらい、ニッコニコ朗らかボンズに変身。


その様子を見ていた主治医が、

「あーこれは、この後だな、しょうがないから待つか」
って気持ちがもっと育つこと。

「お母さんにウンチはトイレでしようと言われて、”やだ!”って気持ちが、
”お母さんが一緒にトイレにいてくれるなら”になるまで、でしょうね」

ようするに、ボンズはまだまだ遅れてるのです。


「ということは、まだ望みはあるんですね」
と、考えたハハ(笑)


なんか、ウンチは絶対オムツで!
っていうこだわりになってしまったのかと、
そっちの方が心配だったので、

またいつか、本人の成長と、本人のやる気のタイミングでその時がくるかも、
と思えたのは収穫でした。


「じゃああんまりおむつ替えの度に、
トイレでウンチしたら気持ちいいのにー・・・
とか言わない方がいいんですね」


その後、売店で「ぶどうしゅわしゅわ」ジュース(ファンタグレープ、いつもの)を買い、
急いで飲んでから小学校へ。

途中からだし・・・と教室までついていこうとしたら、
先に5年生の教室覗いてました(笑)

授業中だな、さすがに入れないな、
って感じですぐに自分の教室に飛び込んだボンズ。

「ボンズ、じゃあね」

というと、

「じゃあね」

と、後ろ手に手を振られました。

スポンサーリンク


category: 診断・診察(病院)

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 2

コメント

みちゃおさん

スケジュールねぇ!
もう何年続けているかなぁ・・・
基本「学校→デイ」のところ延々作り続けているのは、
やっぱりこういうイレギュラーなパターンが起きた時のため、なんだよね~。
ボンズが理解してくれると本当お互いストレスが減ってありがたいです。
「わかってるのかな?」と思いつつも続けてきて良かったです!

オムツね~、ホントサイズがなくなってくるよねぇ。
うちはウンコの時だけだし! って、かなり腹回りのきつそうなのを、無理して使ってます。その時だけなら、快適さ求めることもないし、って(笑)
でも、全般でオムツならそうは言ってられませんよね。
サイズが大きくなるとどんどん高く(一枚あたりの値段が)なっていくし、結構その辺も重要な問題だったりしますが(^^;
でも彼らのこだわり「なんで僕はトイレでおしっこ(うんこ)をしないのか」は、彼らなりに深い理由?がありそうで、あんまり強引な方法もとれないし悩みどころですよねぇ。。。

こじまる #- | URL
2013/07/04 15:54 | edit

ボンズくん、偉い!
ちゃんとスケジュールの違いも理解してその後の学校もスムーズだったなんて!!
検査も順調にこなせたみたいで前回のと比べると成長も見れて嬉しくなりますよね(^.^)

リッキーも来年には検査かも・・・
リッキーもトイレ全般オムツなんで、イロイロ試行錯誤しながらですが気長に取り組み中です。
まぁ母が焦っても取れないものは取れないだろうし保育園年中児でただ一人オムツ持参で行ってます。
保育園内ではパンツなんですが、トイレに行くも出しません←多分自分の意思で。
早くオムツ卒業しないとサイズが無くなりそうで怖いですが・・・

みちゃお #NqNw5XB. | URL
2013/07/04 11:22 | edit

コメントの投稿

Secret

カテゴリー

更新カレンダー&月別

検索フォーム

最新記事

オススメ

最新コメント