自閉症のキミが好き!

おおらか、マイペース、独創的、ユニークでスペシャルな存在!なのは、自閉症だから? だったら私は「自閉症の」君が好きなんだ

クラスメイトとトラブった時  

昨日担任の先生から電話がありまして、
ボンズのこだわりである「忍玉」の絵本を、
Hちゃん、K君と三人で取り合いになったそうです。


去年からそういうことはありまして、
学校の本なので、
いくらボンズのこだわりであろうと、
「みんなのものだから順番ね」
っていうのをくり返していたんです。


今日は、
「みんなが欲しがるので、これはなくしますと隠すことにしました」
と言われ・・・


正直、え? と思ってしまいました。(え?とか思っちゃダメかな?)


で、去年も何度かそういうことがあり、
ボンズが独占したがるのがもちろん間違いなんですけど
順番ね、で、対処できていたはず。。。


それに、
「忍玉、モンスターズインク、あっちゃんの本を朝読書の時間に机に置いて・・・っていうのが一日の流れ(の、こだわり)になってしまっているので、完全にないとなると、ボンズはずっと落ち着かないと思うんですけど」

と、言ったら、

「そうですか、また対処を考えます。
今日はずっと一時間くらい泣いてたので、
おうちに帰ってからも、まだ落ち着かないかもしれませんのでご報告しておきます」
ということだったのですが。


うちがまず考えたのは、クラスメイトの写真の横に、
忍玉の本の写真を一枚用意して、この順番ね・・・って視覚支援するボードを作る? かなぁと思ったんですが・・・

それくらいしかハハとして取る手段がないっていうか。


でも、ンなことみんな実はわかってるんですよね。
HちゃんもK君もどうしても忍玉を独占したいわけじゃなく、
「あーまたボンズ忍玉だ」
って、ボンズのこだわりを知っていて、

日直さんの時は、日直さんが選んだ本を朝先生が読んでくれる、
というのがあるのですが、

「ボンズが今日選ぶのは、忍玉かモンスターズインクかあっちゃんか、
みんなで予想したりしてるんですよ(笑)」

っていうくらい、「忍玉等はボンズのお気に入り」なことを知ってるんです。


だから譲れ、ってことじゃないですよ?


みんな落ち着かないし、
だからトラぶっちゃう(時期的な)だけ、って思ってるんですけど・・・


実際対応されるのは先生なので、
母はこれ以上口出しをするべきじゃないとは思うんですが、

とは言え、いらんトラブルでみんなが(さらに)消耗しちゃうのは避けたいので、
何か考えなきゃな~とは思うんですが・・・


きっと本がどうこうというより、
「落ち着いたら」問題じゃなくなるんですよね。


いつ、どうやったら落ち着くの? っていうのがわかんないですけど(笑)



この数日ボンズのギャオギャオ続いてますが、
帰宅後はボンズ落ち着いてましたよ♪

スポンサーリンク


category: 2年生

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 2

コメント

ゆうままさん

でしょー! え?って思いますよね??
これから記事書きますけど、先生「見えないモノはない」自閉症の特性を、
間違って理解してた?
あるのを知ってたら隠すと逆効果ですよ~~~ってとこなんですが。

そうです、コッコもパパママチャージが必要だったようです。
スキンシップが有効なうちにもっとしておかなきゃだめですよねぇ。
いつまでも抱っこしたり、ベタベタでリカバリできるとも限らないから(^^;

コッコは自分を客観視する力が非常に弱かったので、
今回はそんなことない、成長してる、とうちも実感できたので、結果オーライです(お、キレイにまとまった?)
そしてうちも希望を持てたので、ちょっと前向きにコッコと向き合えるようになりました!

ご心配ありがとうございます。

こじまる #- | URL
2013/04/26 16:00 | edit

こんにちは(* ̄∇ ̄)ノ
先生の対応…読んでて、私も『え!?』と固まってしまいました。
そこはそうじゃないでしょ~!まずはじゅんばんばん出来る為の視覚支援検討しようよ~(; ̄ー ̄A…って感じですよね。
ゆうも今は保育園や療育施設で、何か問題があれば、すぐに先生から対応策について提案や相談があり安心できてるけど、小学校にあがったらどうなるんだろう?と心配だらけです(泣)

コッコちゃん、元気になって良かったですね♪
ボンズくんだけでなく、コッコちゃんもパパママチャージが必要だったのかな?
そうでなくても不安定になる思春期、そして新学期。自分のことに気付きはじめたとなれば、なおさらですよね。
それにしても、おおらかで素敵な先生に出会えましたね♪
こじまるさんのようなママやパパさん、サポートしてくれるこんな先生がいれば、きっとコッコちゃんも自分を受け入れて自分を愛せる女性になりますね♪
そして何より、こじまるさんの気持ちが楽になって良かったです。ママは一家の太陽ですからね♪

ゆうまま #- | URL
2013/04/26 12:07 | edit

コメントの投稿

Secret

カテゴリー

更新カレンダー&月別

検索フォーム

最新記事

オススメ

最新コメント