2年生初日

Category : 2年生
担任は変わるし(後任は赴任してくる方なので面識なし)
教室変わるし、(変わらない予定だったんですが、春休み中に決定)

なにより、

月曜日が始業式で、
火曜日が「初」6時間授業。。。


ボンズが心待ちにしている新学期ですが、
母は心配てんこもり。


「教室3階だってよー」
「もうN先生いないんだよー」
「2年生は6時間の日があるんだよ」


耳元でえんえんつぶやいていたら、
せっかく「学校が楽しみー」って思ってるボンズが、
なんか不安定になってきた気がしてやめたんですが(笑)



そんな始業日がやってきました。

しかもハハ、交差点で旗持ちするボランティア志願しておりまして、
朝の登校はバアバに頼みました(こじまる実母)。

交差点でハハが立っていて、
しかもその後の着任式(ボンズの担任見たさ)に現れる、
しかもしかも、
「バアバと行きなさいね」
って予告もなくハハ消えました。

どうなの。
ボンズにとって過酷すぎる朝?


しかもしかもしかーも(しつこい)!!

コッコ姉ちゃん昨夜も足痛い~歩けない~と大騒ぎで、
6年生初日から欠席決定。
「姉ちゃん、いこ」
っつってんのに、自分だけ学校っていうスタートだし。



ま、いつものことながら、
心配なことだらけだったのですが、
ボンズの方がたくましくって、一応無事に帰ってきました。


朝、信号でボンズ待ち・・・いや、
登校する児童たちの安全を見守っていたら、
「ボンズこねーじゃん」

あらかた通過したので解散~♪ と言われて、
自宅への道を歩いていたら、上靴をバアバに持たせてボンズが嬉しそう~に登場。
(ついでにチビもまだ春休み中なので)


「遅いね~~~」
といちゃいちゃしながら学校へ(時間的には間に合ってるんですよ)


始業式、着任式と見守っていたら、
ボンズ時々雄叫びを上げて立ち上がったりしてましたが、
ずっと「その場」にはいられました。


そして、
「いぇ~い」と挨拶された男性教諭(着任)がいらして、
「まさか?」と思っていたら、そのまさか(笑)


その後、全クラスの担任発表があり、
ボンズのクラスの担任には、その男性(中年?)のベテラン(とN先生はおっしゃってました)がボンズの前へ。

ボンズの様子は? と言うと、
いきなり先生の膝に座り・・・・


「えぇぇ??」

と思っていたら、一瞬で離れましたが。


「いきなり?」
野生の勘で、こいつは安全! とでも思ったのか?

それとも、
「こいつ使えるか?」
と、試しに行ったのか?(笑)


なんだったのかわかりませんが、
N先生はもういないことは理解できたのかなー、と、
担任に関する心配はこの時消えました。


いつまでもN先生恋しがってるのは、ハハの方かもしれません。。。


今日は、以前の教室に登校したのですが(こちらも支援級)、
その後、新たに支援級に改造された教室に行って写真を撮りました。

ハハ的には(この後天性自閉症とも言えるハハが)こっちの方が気持ちいいし、
落ち着けるし、
「場所が違う」ってことを除けば、ボンズ気に入るんじゃないかなーと思えましたよ。


問題は、明日いきなり6時間。
5時間目が終わったら絶対帰りたがると思うんですが、
(ボンズ時計は読めません、ってか、興味ないのですが体内時計がすばらしく精巧なので)

ここさえクリアできたら、
心配はほとんど消えたと言ってもいいくらいの初日でした。


ボンズも、この数時間の登校でお疲れなのか、
帰宅後押入れに入り込んでまったりしてました。


そう、その帰りもハハ迎えに行けなかったんですよ。
いつもハハが車でお迎え、なのに、
コッコ姉ちゃんを総合病院に連れてったので(この話はまたいずれ)、
お昼下校に間に合わなかったんです。


こんだけイレギュラー続きに付き合ってくれるんだから、
時計が読めないくらい我慢するしかないですよね?(笑)

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

Comment

ライムさん

ホント、土曜日がないからなんだろうけど、
今の小学生は入った途端大変だわ~。
慣れる暇なく通常へ・・・だからね。

告知ね、うちがもうつらいから本人に背負わせたい感覚で「告知しちゃえ」って気分になったんだけど、医師にも夫にも大反対されました。
冷静に考えたら、告知できる段階じゃないんだわ、確かに。
でも、本人が自分で気づいてる。
ただ、「うちは障害者なの?」みたいな言い方とか、「障害者がキョウダイにいるといじめられる」的な発言しているのを聞いてたら、あーまだまだ(告知)だなって思うわ。

薬はね、忘れ物のなくなる薬、学校で先生の話がちゃんと聞ける薬って言われて飲み始めて、今はただ親に言われるから飲んでるっていう感じかな。

2年生から6時間授業が始まるのか〜;ハードだね。
ボンズ君も小学校とはどういう所ってわかって来てるから、順応して来てるんだね、きっと。
でも、気が抜けないのよね〜(苦笑)。

コッコちゃんに告知ってやってなかったんだね。
コッコちゃんは薬の事どう思って飲んでるの?

たなともさん

ねぇ!!
ますます、日々、自閉傾向が強くなってく気がするハハ!(笑)
最初は、「あ~わかるわかる、あるよね~」程度だったのに、
今じゃ「これじゃわからないって!」「ここは空気が悪い」とか、
こっちの方が過敏になってる気がする!!
ボンズの方がおおらかなになってる気がする・・・いや、気のせいじゃなハズ・・・

ホントお別れは淋しいねぇ。
親の方が弱いかもねぇ。。。
だから息子がたくましくなるの?(ならいいか)

お互い、頼もしくなったねぇ~!息子たち。
後天的のほうが弱いね、完璧www
私も昨日アワアワして後追ったよ。

私も同じくN先生になるんだけど、涙のお別れしてきたよ。
ホント、親のほうがね~ついていけない。

でも、このままなわけなくない?!
どこで荒れてくるんだろう・・・と警戒中(-_-;
杞憂に終わったらいいんだけどね?
非公開コメント

カテゴリー
更新カレンダー&月別
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

+ アーカイブ
 
検索フォーム
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク
プロフィール

こじまる

Author:こじまる
H17年6月生まれの長男ボンズ。
自閉症と最重度知的障害を併せ持つ中学2年生。

3才から小集団+個別の療育を受け、
4才から加配付保育園で過ごし、公立小学校の特別支援学級を卒業。
中学からは特別支援学校に転籍。
週に5日放課後(等)デイサービス併用。

「自閉症」はおろか「発達障害」を知らなかったハハこじまると、ボンズの無限の可能性を心酔するチチ、高3の姉コッコ、小6の弟チビスケの5人家族。

Twitter
Bonz counter
スポンサーリンク
絶対!お勧めの本