『自分を愛する力 』乙武洋匡

Category : うちの本棚
言わずと知れた『五体不満足』の著者乙武洋匡さんの、
「自己肯定感」をテーマとした本を読みました。


同じ「障害者」と言っても、
うちのボンズと乙武さんではジャンルがまるで違います。

なので、「参考に」というより、
「五体不満足」「だいじょうぶ3組」と続けて読んで、
さらにテーマが「自己肯定感」だったので、

子どもたち・・・
特にコッコ(ボンズの姉、11才)に対して「自己肯定感を育ててあげられているか、むしろ破壊している?」と常日頃不安なために食いついた、という感じです。


読んでみて、非常~~~に読みやすく、
しかも全文アンダーライン必須(笑)なくらい、
易しくて、大事な文章満載でした。


乙武さんが「息子」という立場から振り返った第1章では、
乙武さんのご両親がいかにすばらしい人だったか、
またすばらしい教師に出会えたかが書かれています。


生後1か月後にしてようやく出会えたお母さんが、
いきなり愛情全開だったこと。

「おはよう。今日も愛しているぜ!」と朝の挨拶をする、
昭和16年生まれのお父さん。

このベースがあって、この乙武さんの人生はこうして順風満帆に(傍目には)歩んでこられたのだなと納得です。

そしてお母さんの、「周囲に障害を隠さない生活」に対する考え方は、
非常~~~に納得と親近感を覚えます。

ベビーカーに息子を乗せていると、
すれ違う人がみんなすごい視線・・・だから、
遠くに行く時は義手、義足をつけて、

近所を歩く時は、そのままの姿で過ごすという方法を選ばれた心境は、
障害のジャンルが違っても、「なるほど」と思えます。

でも、勇気がいるんですよねぇ。
周囲の視線に耐えるのって、一朝一夕でできることじゃない。

さらにどうして「褒めて育てる」ことを、
昔から一貫して通してこられたのか? という乙武さん本人の問いに対する、
お母さんの「それはあなたが障害者だったからかもしれない」という気持ちも、
思わず、
「わかる!!」
と、うなりそうでした。


最初からできないことがベース。
なので、ちょっとでもできるようになると「べた褒め」な状況・・・になっちゃうんですよねー。
うちのボンズが褒められまくっていて、
反対にもっといろんなことができる姉ちゃんに対して褒められることが少ないのは、
そういうことなのよ~~~~と、

反省を込めて納得しました(^^;


第2章では、乙武さんが教師として子どもたちに「自分で考える」「成功体験をつませる」ことに徹した経験談が書かれていて、これもすばらしい姿勢だと思いました。

その場だけ、
もしかしたら1年だけの付き合いかもしれない生徒たち。
生徒が「嫌だ」と言えば、「そっか」とスルーしてしまうこともできるのに、
それをしないのは、教師の愛情なのです。
それがたとえ子どもにとって厳しい、つらい経験であったとしても。
これも、乙武さんの実体験から生まれた確信なんですね。


第3章で初めて乙武さんの弱音が吐かれています。
五体不満足で生まれたことにネガティブになったことのない彼が、
教師になって、父親になって初めて、
「自分に手足があったら」
と落ち込み、そしてそれは掛ける言葉の見つからないほどのつらさとなって記されています。


そしたら、奥様がこれまたすばらしい人でしたね。
五体満足なお父さんだって、育児にそんなに手を出してるわけじゃないみたいよ?
と、おっしゃるんですよ。


お父さんの役割って、授乳やおむつ替え、沐浴ばっかりじゃないんですよね。
生きる背中を見せて、
例え言葉は多くなくても、
子どもって親の姿をじーっと見てますから、
きっと、お仕事をして、帰ってきて話を聞いてくれるだけで、
そして子守唄を歌ってくれるだけで(笑)←なぜ笑うかは本文で

子どもはお父さんのありがたみとか素晴らしさを実感できるんだと思います。

うちも「お父さんは家庭でどうすべき、どういう存在なのか」はわかりません。
だけど、乙武さんのように、オムツをいかに換えたか、何回お風呂に入れたか、だけじゃない「父親にしかできない」育児ってあるんだろうな~と思いました。

その証拠に、息子さんたちがとてもいい感じで育ってます。



・・・書き出したら止まらなくなって、
ネタばれの連続しそうなのでやめときますが(笑)


うちの好きな(読みやすい)文庫で、
非常に読みやすく、しかも読み返したくなる一冊でした。
まだ読んでない方には、ぜひともおすすめしたくなる一冊(久々!)でした♪


自分を愛する力 (講談社現代新書)自分を愛する力 (講談社現代新書)
(2013/03/15)
乙武洋匡

商品詳細を見る

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

Comment

エリンさん

春休み終わってから、が、ポイントですね(笑)
うちも五体不満足また読み返したいと思いました。
今回のはさく~っと読めちゃうと思いますよ!!

Re: タイトルなし

明橋先生の子育て本、うちもそろってるわ~。
言うことがあったかくて、素直に聞けるよね。
しかし難しいわ~。
あ、ボンズなら楽勝なんだけどね。
なんせ0からスタートというよりマイナス状態で足踏み更新とかしてるやつだから、なにしたってべた褒め。毎日生きてるだけでべた褒め。
これをコッコとチビにもやらなきゃな~~~っていうのが・・・(汗)

えへへ。
こじまる図書館とか言われちゃうから、よっぽどじゃないともうこのカテ更新できないのよ(笑)
今回のはホント読みやすくて面白くて納得で、おすすめ自信ありです!

ゆうマーチさん

新刊ですからね~♪
HNが「ゆう」さんは懐かしいですね(笑)

「五体不満足」は読んだことあるんですが、それももう一回読み返して、あと2冊も読んでみたいと感じました。
春休み終わったら、借りてきて一人でゆっくり読みたいと思います~~。

子どもの自己肯定感を育む・・・一番大切ですよね。

自己肯定感、大事だよね。
勉強やしつけのベースに、自己肯定感がないといけないと、
大好きな明橋先生の本でも読んだわ。
そして、ペアトレの先生にも、とにかく褒めて自己肯定感を!と言われる。
自分は価値ある人間だと、安心感があると、頑張れるんだそう。

私も読んでみようかな♪
いつもこじまる図書館にお世話になってますσ(^_^;)

上記コメント、HNが途中で切れてました。
すみません・・・。
(なんか毎回、ミスしてる気がする・・・)

「五体不満足」と「だいじょうぶ三組」は読んでいたのですが、これはまだでした!
さっそく図書館へ行ってみます♪
非公開コメント

カテゴリー
更新カレンダー&月別
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

+ アーカイブ
 
検索フォーム
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク
プロフィール

こじまる

Author:こじまる
H17年6月生まれの長男ボンズ。
自閉症と最重度知的障害を併せ持つ中学3年生。

3才から小集団+個別の療育を受け、
4才から加配付保育園で過ごし、特別支援学級を卒業。
中学からは特別支援学校転籍。
週に5日放課後(等)デイサービス利用。

「自閉症」はおろか「発達障害」を知らなかったハハこじまると、ボンズの無限の可能性を心酔するチチ、専門学生の姉コッコ、中1の弟チビスケの5人家族。

Twitter
Bonz counter
スポンサーリンク
絶対!お勧めの本