ハハの心臓、もちませんっ

Category : 日記
昨日の話の続きになります。


昨日は、
「昼に家に帰って家で昼ごはん」
「家にデイのお迎え」
「ハハ車でデイに迎え」
「保育園へ」
という超イレギュラーな連続の一日なのでした。


家で昼ごはん、は、始業式、終業式、卒業式と経験を重ねただけにすんなりOK。
「明日給食ありませーん」で、デイのお迎えが家に来ることもつながるようなのね。

しかし、デイにお迎えっていうのはめったにないんだ。
その後行く保育園の通り道にデイがあったのでそうしたんだけど・・・

お迎え遅れちゃって、ボンズをちょっと不安にさせてしまったようで反省。



で、なんで保育園に行ったかと言うと、
ボンズの加配保育士だったH先生が今日を最後に退職されるという情報を得たからなのでした。

先月だったか、卒園式のビデオを観て、

「この一年で別人になったよね」

と感動していたら、野生児本人が、「ほーきえん行こー」って言ってたんだよね。


「また行ったらパニクるくせに?」
と思いつつ、

でも、あの、卒園式では式次第無視な野生児が、
一年間小学校で頑張りましたよ~、な姿を見せたいし~
「春休みになったら、保育園行こうか」
って言ってたんですよ。


そしたら、「春休み入ってからじゃ遅い」ってことがわかり、
終業式がH先生のラストらしいので、強行スケジュール敢行したのでした。


またあの錯乱状態が拝める・・・に、なっちゃうかなーと心配しつつ、
「保育園行くよ」
って車を走らせたら、落ち着いてる。

ヒーヒー言うこともなく到着して、
ハハなんてボンズの様子気にするのを忘れて園内に入っちゃったくらい。

ボンズの登場はそりゃ~サプライズでしたから、
H先生喜んでくれましたよー。


それより・・・

玄関前で泣きながら子どもを見送るA先生を見て、

「まさか?」

と思ったら、まさかの退職。
しかも「今日が最後なんですー」って。

えーーー。

A先生、ボンズの担任でもチビスケの担任でもなかったのに、
すごいボンズをかわいがってくれて、おもしろがってくれてるのがわかる先生でね。

たまにチビスケの園行事で(幼稚園と保育園同じ施設)会えると嬉しかったんですよ。


そっかー。でもおめでたい理由だしねぇ。


って話していたら、チビスケの担任で、
チビスケの大好き(だった)なS先生がやってきて、

「アタシも今日で最後なんですーーー」

こちらは転職。


ってかね、なんでみんなしてーーーーっ
ってサプライズの連続で、ハハの心臓持ちません!!って感じでした。

ボンズの現担任N先生の退職にのけぞった朝が、
はるか遠くに感じられる長い一日でした。



ボンズの加配H先生。
イマドキこんな若者、いる??? っていうような、
自分なら想像もできない偉業(?)のため、の退職なのでした。

H先生、あなたのような立派な人間を他に知りません。

「あんたはうちの誇りだ!!」
と、
何様なんでしょう・・・な発言をして撤収してきましたorz


っていうか、
何て言ったらいいかわからないくらい、感動したんですよ。


夏まではお引越しされないようなので、
ボンズの運動会を見に来るとおっしゃってくれています。


あっちもこっちもどっちもお別れ。
しかも遠かったり、すごく遠かったり、近くでも会いにくかったり。
だけど、お別れじゃないよねぇ、と思いたいです。


ボンズの目的は、実は先生たちじゃなくてホールだった?
という思いつきは、この際忘れることにしてー(汗)

先生が遠くにいるとそーっと近づき、

「ボンズ~~~♪」
と来られると、
「きゃーーー♪」
と、逃げてましたが、

パニックになるというより、照れて、恥ずかしくてキャピキャピしてた来訪となりました。
やっぱり自分から行きたいと言い出しただけあって、
行きたい理由があったからなんだろうね。
それとも、過去の女に会うことに強くなったのなら、
これからもどんどん会わせたい人がいる、し、増えてくでしょうね(^^;

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

Comment

非公開コメント

カテゴリー
更新カレンダー&月別
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

+ アーカイブ
 
検索フォーム
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク
プロフィール

こじまる

Author:こじまる
H17年6月生まれの長男ボンズ。
自閉症と最重度知的障害を併せ持つ中学3年生。

3才から小集団+個別の療育を受け、
4才から加配付保育園で過ごし、特別支援学級を卒業。
中学からは特別支援学校転籍。
週に5日放課後(等)デイサービス利用。

「自閉症」はおろか「発達障害」を知らなかったハハこじまると、ボンズの無限の可能性を心酔するチチ、専門学生の姉コッコ、中1の弟チビスケの5人家族。

Twitter
Bonz counter
スポンサーリンク
絶対!お勧めの本