おもちゃ持参・・・

Category : 日記
ボンズのじんましん、
全然おさまらないどころか、コンスタントに出続けているので、
今日は皮膚科です・・・orz


コッコとチビスケも治療があるので、当然3人総出です。


昨日の夜「明日病院いこうね」と言ったら、
「もってこーね」
と、おもちゃを袋にいっぱい!

中身は線路と情景部品とプラレールトーマスシリーズ。


おいおい・・・


「持ってくのはひとつだけ」


しかも朝になったら忘れてる可能性に期待して・・・

たら、無駄だったし(-_-メ)


持って行っても、出さなきゃいいな~と思ったら、
皮膚科に着いた途端広げてるし、
せめて他の人の迷惑にならないように、とか、
「これ以上出すな」と、ひそかに戦いました。


飲み薬をとりあえず1週間続けてみることにして、
隣の薬局に行ったら、また広がるトーマスワールド・・・

人が増えてくるともー針のむしろでしたわ。


しかも今日は朝からボンズがイライラモードだし、
コッコねーちゃんキレキレモードだし、
巻き込まれるチビスケが最後にキレて、ボンズにかかっていったらしく、
ボンズの耳の下と、鼻の下に切り傷が。

・・・うちは見てませんでした。
昨日からの大雪でまた家の周りがエライことに。
騒いでるのはいつものこと、とほっといたら、
チビスケがボンズをキズモノに!


いやー。
ボンズがやり返さない子で良かったです。

あの体格で(デカい)、あのサイズのチビスケ(ちび)に向かってったら、
たぶん、ネタにできない事件になってたかもしれませんΣ(・"・;)


もーみんなで家にいるのも限界。
早く三学期始まっておくれ~~(コッコとボンズは来週から)。
宿題が終わらないと、コッコにエラそうに八つ当たりされるのも(本人に自覚なし)、急かしてため息つかれるのも疲れました=3

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

Comment

みちゃおさん

わ~、「自閉っ子あるある」ですね~(笑)

ボンズも「あれがない」「これがない」とよく騒いでます。
でも、何を探してるのかうまくわからないと、パニック助長させちゃって・・・
寝床におもちゃを持ち込むとか、同じですよ~。
でも、やらないときもあるんです。
最近はあれこれ持ち込み、ベッドと壁の間に落として(トミカとか)夜中にいきなりパニックスイッチオンになったりorz
おでかけの時におもちゃを持ってくっていうのも、突然なんですよ。いつも、じゃないんです。
これも読めなくて対応に悩みます(^^;

冬休み、ようやくあと1日、月曜から三学期が始まります!
長かったー!!
ボンズといる生活も緊張の連続なんでくたびれるんですが、コッコ姉ちゃんとチビスケの朝から晩までの喧嘩にも気が参るんですよ。

兄ちゃんもがんばれー(笑)

ボンズくん、やられてもやり返さないんですね!
それはいいですよね!
リッキーは兄に対してはやり返してます。
保育園のお友達にやり返さないだけいいのかもしれないけど・・・
頑張れ、兄ちゃん(笑)

おもちゃ持参、毎日、毎回ですよ~
毎晩何か持参してベットへ行き、朝はちゃんと昨晩何を持って行ったか覚えてて無いとパニック!
保育園にも何かを持っていくリッキー今朝はバケツにカーズトミカを大量に入れて持っていきました(>_<)
持参したおもちゃをザーっと出されると焦りますよね!
周りにも気をつかうし、かといって他の子に貸してあげられないし・・・
リッキーは持って行くことで安心感があるみたいなんですが、いつまで持っていくんだろう?
保育園の間は持参なのかな。

冬休み長いんですね、でも来週から、もう少しです!頑張って下さい
非公開コメント

カテゴリー
更新カレンダー&月別
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

+ アーカイブ
 
検索フォーム
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク
プロフィール

こじまる

Author:こじまる
H17年6月生まれの長男ボンズ。
自閉症と最重度知的障害を併せ持つ中学3年生。

3才から小集団+個別の療育を受け、
4才から加配付保育園で過ごし、特別支援学級を卒業。
中学からは特別支援学校転籍。
週に5日放課後(等)デイサービス利用。

「自閉症」はおろか「発達障害」を知らなかったハハこじまると、ボンズの無限の可能性を心酔するチチ、専門学生の姉コッコ、中1の弟チビスケの5人家族。

Twitter
Bonz counter
スポンサーリンク
絶対!お勧めの本