自閉症のキミが好き!

おおらか、マイペース、独創的、ユニークでスペシャルな存在!なのは、自閉症だから? だったら私は「自閉症の」君が好きなんだ

キョウダイの会話  

昨日はハハが体調不良で(たいした理由ではございませぬ)、
さらにまとまった雪が降ったので、ボンズに「雪を持って行くな~~」と怒られながら雪かきしたため、昼過ぎには一時ダウン ミ(ノ_ _)ノ=3 ボテッッ!!

外遊び、買い物、食事、デザートと一通りやった後だからか、
子どもたちがその様子を見て気を利かせたのか(?)

それぞれ遊び始めました。

コッコ姉ちゃんはゲームのため、一人の世界へ・・・


そしたら、そばで遊んでるボンズとチビスケ(弟、5才)がおもしろかったー。


昔は視界にも入れず、
「オマイの存在は認めない」
って感じだったのに、

いつの間にかボンズ、チビの存在を数に入れてるんですねー。

ったって、うるさいもんね。
朝から晩までしゃべりまくってるチビスケ。
言葉の問題で「別室へGo」(健診時)されたのなんて嘘みたいな話。

望むと望まざるにかかわらず、チビスケの存在はいまやいっぱし・・・なのでしょう。



ボンズ「せんろー」

チビスケ「ママきゅうけいだから、チビが線路作ってあげる!」

ボンズ「せんろー」

「ボンズ、ママきゅうけい! チビが作ってやるって!」

「せんろー」

「チビが作ってやる! ボンズ、ハイ、はっ?!」

「はい」

「よし、じゃあ、コレ取って!」

「せんろー」

「だからボンズこれだって、コレ! 持ってきて!」

「せんろー」

「ボンズ、チビが作ってやる! おねがいします、は?」

「おねーします」

「はい、この線路とって。あ、それ違う、こっち!」


大威張りの「弟」チビスケ、に、
ボンズ「兄ちゃん」しぶしぶ従ってます。


「ほら、これでいい? いーですか?」

「いーですよ」

「ボンズ、ありがとう、は?」

「あぃーと」

「よし!」

「はい、やって」

「えー? これもぉー? ったく、しょーがないなー。ほら、これでいい?」

「キー」

「だってここくっつかないんだよー。じゃあここ変えよう。ほら、これでどう?」

「・・・・」

「いーですか?」

「いーですよ」


最近またボンズ(兄)がチビスケ(弟)を殴る。。。
それも、気に入らないことがあると八つ当たり気味に。
しかもみんなが止めるから「むきになって」る節もある。

う~ん、これぞ問題行動。。。と思ってたんだけど、
この場面みたら、「兄」のうっぷんたまってるのかな? と思いましたね(笑)


兄を兄らしく敬え、たって、ちょっと無理がありますからね。
しかも2才差なんて、あってないようなもの。
知能的には完全に逆転しているし、言葉を流暢に扱いつつママには当然のように甘えるチビスケなんて、
ボンズからみたら癪に障る対象でしかないのかも。

チビスケの言い方、完全にナマイキ! だよね~。
普段姉コッコやハハがボンズに言ってるセリフそのものなんだろうけど、

「おまぃに言われたくない」
って感じでしょう!

そりゃー「お前ナマイキだぞ」って、
ボンズがチビスケに手を上げたくなるのもわかるかも。


でも、それでいて最近チビスケは「使える」から、ボンズも悩ましいのかな~。


ボンズがうまく伝えられない、
「ああしたいんじゃない?」「これのことじゃない?」ってことを、
チビスケがわかっちゃったりしますからね。


「ボンズが返事しなかったら”あたり”だ」とか、
「実際に示してやると、理解しやすい」とか、
「ボンズに選択させてやる」とか、
「終わりの合図としての言葉を使う」とか、
チビスケいつのまにか会得してしまってますし。


でも、弟は弟としていてほしいハハとしては(ハハも妹がいる上の子ですから)、
完全にボンズを見下してるチビスケの態度にもかなり、なんつーか「なっとくいかない」気持ちがあります。


でもでも、チビは「わかるんだから我慢しなさい」と言うのも酷。

これが「姉コッコ」と「弟ボンズ」の話なら、
「お姉ちゃんでしょ」
「小さい子でしょ」
で、なんとなく恰好がつく(?)んだけど、

「兄ボンズ」と「弟チビスケ」となると、逆転が起きててなんだか複雑。

どっちもわかるし、
どっちもしょうがない。

あーやってもこーやっても、なんだかややこしい。

いつか、自分たちでいい関係を作り上げてくれたらいいんだけど・・・(当人同士本願)


でもね、
昨日のこの会話の後、「我慢してた兄のプライド」がどこかで爆発するのでは?
と待ち構えて(?)いたんだけど、
なぁ~んにもなかったので、ハハのいらん勘ぐりって部分もあるのかもしれません。


ボンズはボンズなりにチビを思ってるし、
チビもチビなりにボンズを思ってる。


外の世界はさらにややこしいので、
家の中でいろんな心理戦を経験できると思えばいいのかなぁ~。


おまけ


クリスマス、お正月バージョンを終え、
玄関はコレといったアイデアもないのでノーマルバージョンにしてますが、、、


昨日からなぜか「常夏」なスノードームが出現(トリコロールな船)。


玄関


先日100円ショップで買わされたスノードーム。
おいたのは・・・


ボンズと見た(ひとり一つ買わされた)。


「スノードームは玄関に飾るもの」
って、クリスマス辺りにインプットされたらしい(^^;

スポンサーリンク


category: キョウダイ

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 4

コメント

たいママさん

師匠! 今年もよろしくご指導くださいっ(笑)

たいちゃんとななちんもそうだよね~。
年の差なんてあってないようなもの。しかもななちんしっかりものだし、なおのこといつか「お姉さん」してしまいそう♪

うちはチビスケがようやく年相応のナマイキが出てきたから、最近ボンズとチビスケの間がバトルばっかでもーーー激しいバトルロワイヤル?(^^;

そっか。
師匠がイイというのなら、いいんだ、きっと。
うちはしばらくおろおろしそうだけど(笑)

こじまる #- | URL
2013/01/16 15:12 | edit

みちゃおさん

そうですよね~。いや、きっと、キョウダイだからこそ、キョウダイならではの理解っていうか、積み重ねっていうか、こうなると親ですら外野で、あーだこーだ言う必要ないんでしょうね。
見てると、「目上に対して」とか、「下の子が生意気で・・・」とか気になるんだけど、きっと、親に見えている部分って彼らのほんの一面なんだと・・・
思うことにします(笑)

いつか、「一緒に育ったからこその仲」だと思ってもらいたいですね♪

こじまる #- | URL
2013/01/16 15:09 | edit

今年もよろしくお願いしまーす!!

二人のやりとり読んでて、たいとななちんに見えてきたよ(笑)
うちも全くそんな感じ
言葉達者なななちんに要求の代弁されながら、遊びの手伝いとか世話されて、従っているところも多いんだけど、でも、たいが怒ると(たいていゲームの取り合い)、ななちんには容赦なく、叩く、あご攻撃をかましてるよ

でも、私もこの逆転関係、意外とこれでもいいのかもと思うね

たいママ #- | URL
2013/01/15 22:41 | edit

2人のやりとり可愛いですね☆
可愛いんだけど・・・ってこじまるさんの想い分かります!
私も弟の居る身なので目上としてって感じですよね?
我が家はリッキーの上に兄ですが超片言で対等です。
その上、切り替えが上手じゃ無い分理不尽なくらい兄は常に我慢でいつか爆発するなぁって見てます(汗)
それでも、何だかお互いに流れる空気でこの兄弟だからかなぁってことも多くて兄はしゃべれない弟を全身で受け止めてるのが分かるんです(うー上手く書けない・・・ごめんなさい)
我が家とは逆ですが今のボンズくんがチビスケくんの兄で、今のチビスケくんがボンズくんの弟って当たり前なんですが言葉にはできない2人にしか分からない何かがきっとありますよね♪

本当、支離滅裂でごめんなさい

みちゃお #NqNw5XB. | URL
2013/01/15 15:18 | edit

コメントの投稿

Secret

カテゴリー

更新カレンダー&月別

検索フォーム

最新記事

オススメ

最新コメント