2013初謎解き!

Category : 7才
2日、じいちゃんちに一家で出かけ、
帰りは真っ暗になっていました。

遅くなったし夜はラーメンね~^^と、
いつものスーパー(明るい!)に入ってびっくり!!


ボンズの顔が血だらけ!


どうやら鼻血が出て、
それを顔中に塗りたくっていたらしい・・・

が、車の中ではだぁれもボンズの顔を見てないし、
(ボンズも人知れず鼻血出してるし)

駐車場も暗くて、


で、明るい店内に入ってびっくり(笑)


ってなことがありました。


「鼻血ぬるなよ~~~」
とは言って(笑って)たんだけど、
それ以上は深く考えていませんでした。


一度鼻血が出ると、再び出やすくなってるのよね。
鼻の中にかさぶたでもできるのか、
ボンズが気にしてほじって・・・

翌日、再び流血。
この瞬間は見てた!(それでもぎゃ!って言ったケド)


そして、再び塗り始めた・・・

鼻血を・・・

顔の真ん中、縦、まっすぐに・・・

鏡を見ながら、まっすぐに顔のど真ん中にまっすぐに・・・


「あ、もののけ姫?」


今年初のアハ体験ですよ。
ひらめきぃ~♪♪♪

どうやらその前日も、
ひたすら「サン」(『もののけ姫』byジブリ)になりきってたんだろうね(^^;


困ったモンは困ったモンだけど、
「なるほど」
とか思ってしまったハハでした。


こうして今年も脳トレさせてくれるのね、
ボンズ君。
・・・お・・・親孝行ね・・・(か?)




おまけ。
今年の初作品。

トイレ絵本

オムツでウンコしている小学生ボンズ君に、
「あーたはトイレでウンコすんのよっ」
ってことを、

たなともさんアドバイスに従い(笑)
まずは絵本を作ってみました。


「お水を飲むとおしっこになるよ~
ご飯食べたらウンコするよ~
パパもママも姉ちゃんもチビスケも、みんなトイレでウンコしてるよ~
ボンズもトイレでウンコしたらかっこいいよ~
今度からウンコしたくなったらトイレにいこうね~」

的な話です。

たったこれだけやるのに、めんどくさくて数ヶ月引っ張りました。

が、新年のハハの気合のために、やりましたよっ。


「オムツに×」つけるのが、一番悩みました。
今のボンズ全否定になるかな~、とか。


でもね、

見た瞬間から、

「あ、あの話か~」的に、

へらへら笑ってるボンズを見ると、

「要求されていることはわかってるんだな」

と思いました。

後は本人のやる気次第です。

・・・ってことは、

このまま再びなし崩しになりそうな予感(^^;

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

Comment

たなともさん

こちらこそ、よろしくお願いします。

ソーシャルストーリーはたなともさんが、「ボンズ君もどう?」っておっしゃったのよん♪
「は? うちのボンズに読み聞かせなんて高度な・・・」
って一瞬思ったので(笑)間違いないだす。
で、中身もかなり、たなともさんに影響されたものです(うふ)

そうそう~頭柔らかくないとね・・・
ボンズに脳トレしてもらう日々で、感謝しなきゃいけない?(^^;

ご挨拶遅くなりましたが、あけましておめでとうございます( ´ ▽ ` )ノ
今年もヨロシクお願いします♪

鼻血、ビックリするよね((((;゚Д゚)))))))
もののけ姫か~。確かにw
頭柔らかくないと、わかんないよねw

あれ?アドバイスしたっけなσ(^_^;)
ブログに出してもらって、恐縮です。
でもウチは2度ほど、こーゆーの作った。
幼稚園の小便器にう◯こしたからさ( ̄◇ ̄;)
そうきたか!みたいな。

文章悩むよね。
うちもソーシャルストーリーは最終兵器だよw
非公開コメント

カテゴリー
更新カレンダー&月別
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

+ アーカイブ
 
検索フォーム
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク
プロフィール

こじまる

Author:こじまる
H17年6月生まれの長男ボンズ。
自閉症と最重度知的障害を併せ持つ中学3年生。

3才から小集団+個別の療育を受け、
4才から加配付保育園で過ごし、特別支援学級を卒業。
中学からは特別支援学校転籍。
週に5日放課後(等)デイサービス利用。

「自閉症」はおろか「発達障害」を知らなかったハハこじまると、ボンズの無限の可能性を心酔するチチ、専門学生の姉コッコ、中1の弟チビスケの5人家族。

Twitter
Bonz counter
スポンサーリンク
絶対!お勧めの本