自閉症のキミが好き!

おおらか、マイペース、独創的、ユニークでスペシャルな存在!なのは、自閉症だから? だったら私は「自閉症の」君が好きなんだ

自閉症は治療できる?  

こんなニュースを見つけました。



脳内で免疫細胞活発化、抑制で治療に道<毎日新聞>



自閉症の人の脳、神経修復関連の細胞増加を確認<読売新聞>



え? 何これ?!

もしかして、昔何度か思い浮かんで杞憂してたことが、
もしかして、現実になっちゃうってこと??
(自分で記事を探してみたら、2009年の、診断を受けるために待ってた時期のことでした)



もしこれで、「自閉症となった原因が解明」され、
その対処法、つまり治療できる・・・となったら・・・


どうしよう?


率直に、まずは、自閉症じゃないボンズは、ボンズじゃなくなる気がする。

確かに困ること、大変なことは多々あり、

「ボンズが自閉症じゃなければ・・・」と生活の中、願望の中で密かに思うことは、正直あります。

だけど、ボンズは自閉症。
生まれた時から自閉症。
今までだって自閉症で、ボンズはこの先もずっと自閉症。
だと、ハハもやっと腹をくくったところですよ。


それが、


飛び跳ねないボンズ?
叫ばないボンズ?
意味不明の(こちらにとって)こだわりをもたないボンズ?

なんて、(ありがたい部分もありますが・笑)
想像できないのですよ。



でもね、
自閉症に生まれたことで、本人が、ハハなんて想像もできないくらいの辛さを、日々、毎日、常に感じていて、将来を不安に思っているとしたら、「治して」あげたいと思うと思うんですよ。


一方で、「生まれ変わっても自閉症に生まれたい」と言っている人もいるでしょう。
(東田直樹くんだったと思います)


もしかしてボンズは、ハハには見えない空気のきらめきや、季節の匂いや、
木々や草花のシンフォニーを聞きながら、毎日空に語りかけて、
想像もつかない幸福感の中で生きているのかもしれない・・・

という可能性もあるじゃないですか!!(ほぼ願望)



ボンズの進路でも(支援校の方がボンズは幸せなのか? とか)悩みましたけど、
「自閉症は治療できる障害になりました」
って世の中が変わったら、これまた悩む気がするなぁ。。。


治したい! 治そうぜ!! っていう世の中になるのは嫌です。
自閉症が障害じゃないから。

行く手を阻む障害物のように、自閉症を語られる世の中にはなってほしくない。
これは新出生前診断の是非について語られることと通じるんですが、
「自閉症」が「障害」なんじゃなくて、
「自閉症」を持っている人が生きていく上で「障害」にぶつかってるんだから、
ここが混同されると、エライ迷惑です。


*上記にリンクしたニュースソースが消えたら困るので、
<続きを読む>に転載しておきました。
<自閉症>脳内で免疫細胞活発化 抑制で治療に道
            毎日新聞 11月27日(火)2時31分配信

 自閉症の人の脳では、そうでない人と比べてある種の免疫細胞の数が増え、その活動も活発になる傾向があることを、浜松医大と中京大などのグループが臨床研究で確かめたと発表した。この細胞の働きを抑えることができれば、自閉症の治療や予防法の開発につながるという。米国の精神医学専門誌(電子版)に27日、論文が掲載される。

 研究グループは自閉症の人たちのNPO法人「アスペ・エルデの会」(名古屋市)の協力を得て、18~30歳の自閉症男性20人の脳の様子を、浜松ホトニクスが開発した特殊なPET(陽電子放射断層撮影)装置で観察し、自閉症でない男性20人と比べた。すると、自閉症の人では脳内の損傷修復を担う免疫細胞の「ミクログリア」が各部位で一様に多く、活発になっていた。

 ミクログリアは胎児期に脳に定着すると考えられている。研究グループは、自閉症の人は複数種類の神経で情報伝達がうまくいかないことを確かめており、これにミクログリアの異常が関わっているとみている。浜松医大の森則夫教授(精神神経医学)は「症状との関係が分かれば、働きを抑える治療が可能になると思う」と話す。

 自閉症は発達障害の一種。【野田武】



--------------------------------------------------------

自閉症の人の脳、神経修復関連の細胞増加を確認
              読売新聞 11月27日(火)8時23分配信

 自閉症の人の脳内で、神経細胞の修復に関係する「ミクログリア」と呼ばれる細胞が通常より増えていることを確認したと、浜松医科大学の鈴木勝昭特任准教授らの研究チームが発表した。

 神経発達障害の一つである自閉症の原因究明につながる成果で、26日の米精神医学誌電子版に論文が掲載される。

 研究チームは、自閉症の人と自閉症でない人それぞれ20人の脳について、働きが活発化しているミクログリアの量と分布を調べた。調査には、脳の様子を切開せずに見ることができる装置「陽電子放射断層撮影(PET)」を使った。

 その結果、自閉症の人の脳内には、働きが活発なミクログリアが、障害がない人の2倍程度あることが確認された。増加は特に小脳に多く、分布は脳幹など脳内の広い範囲に及んでいた。

スポンサーリンク


category: 未分類

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 8

コメント

coconutsmilkさん

よっくわかります。
ホント、どっちもうなづいちゃうんですよ。「治療する」「治療しない」。

だけど、ホント、そうですよねぇ。治療して対人スキルに障害がなくなるだけ、
なら、こんなにいいことないと思うんです。
ボンズだって、同世代の子どもと一緒に笑って、遊んで、お友だちができたらどんなに人生が豊かになるか・・・と思いますよ。

だけど、実現されるのがいつなのか、本当にそれが「自閉症の正体」なのか・・・ね。
ボンズを人体実験に差し出すつもりはないし、うちらが生きている間に自閉症の正体という謎が解き明かされるのかも不明ですから、こういう記事に一喜一憂してちゃいけないのかもしれませんケド、
でもこうして「自閉症の解明」をしようとしている人たちがいてくれるんだな~ってことが発見でした。
きっとまずは妊娠中にそのナントカって物質の過剰な発生を抑える対策を・・・って流れになるのかもしれませんね。

つい魔法の薬を期待してしまいますが、そんなのいつどうなるかわからないから、うちらは日々常に心を配って、生活のしやすさ、生きづらさの手助けをし続けるしかないんでしょうね。

こじまる #- | URL
2012/11/28 10:03 | edit

みちゃおさん

一晩経ってさらに気づいたんですが、うちはもともと風邪ひいたくらいじゃ病院に行かないし、予防接種だってよほどじゃないと受けさせようと思わない人なんです(^^;
だから、投薬ならまだハードル低いけど、もし頭かち割ってちょっといじりますよ、なんて言われたら絶対やらないって断言できます!!

本人の希望を聞きたいですよね、切実に。

こじまる #- | URL
2012/11/28 09:57 | edit

anさん

うんうん、そうですよね~。わかります。とってもわかります。
もしもお互いコミュニケーションが楽だったら、しなくていい苦労が減りますよね。
きっとボンズの苦しさも減るんだろう・・・と思うと、すっごく考えます。
言葉のない子と普通に暮らせるのなら・・・そう思います。

いろいろ想像しちゃいますよね。
でも、現実は・・・と思うと余計につらくなったりしますよね。
罪なニュースですね(^^;

こじまる #- | URL
2012/11/28 09:54 | edit

とりっぴぃさん

ご賛同ありがとう!!
うちも、「自閉症」とあって飛びつきました。
そうですね~、時期が違ったらきっと悶々と想像してたと思います、「これが可能になったら」って。
ということは、また数年後に「あれ実現されないかなぁ~」って悶々とする可能性もあるんですけどね(^^;

こじまる #- | URL
2012/11/28 09:52 | edit

解ります〜〜っ

こじまるさんの感想記事、『自閉症のキミが好き』にぴったりで(当たり前ですかね)素敵です。
そして私も、勿論、同感です!

どうやらミクログリアの異常活性化でニューロンのシナプスに障害を起こしていると言う説らしいですね。つまり、免疫異常の一種の可能性があるってことでしょうか。それなら、そう遠くない将来、治療薬が開発されるかもしれませんね。

同感と言いながら。
本当に、治療法が見付かったら。
私が決められるのならば、私はやっぱり治療すると思います。
それで息子の人生がより豊かになるのなら。
対人発達の遅れで、いっぱいもどかしい想いをして来たから、それが解消され、あの子が人と関わり合いながら幸せに過ごせるなら。
この際、可愛い特性が見られなくなっても、我慢します(笑)。
ただ、それによって全体的に何らか抑制され、息子らしさがあまりにも無くなり、寧ろ本人に取ってのQOLが下がるのならば、拒否するのかなと思います。
でもきっと、この子達は治療しても、その感性は持ち続けると思うんです。
甘いかなあ…。

盲目の世界的ミュージシャンが、手術を拒否して50年以上の日々で培った感性を守ったように。
治療を受けるかどうか、本人の意思を加味して決められたらいいなと思います。
自閉症と言う特性を持っていても困らない環境が整っている中で、なお本人が治療したいと思うのか。自分の感性が他の人とどう違うのか、何に困っていて何を失いたくないのか、理解出来るようになっていたらと思います。
そのためにも、希望に向かって、日々がんばりましょう!

いつも長々すみません。
お邪魔しました〜

coconutsmilk #EvNacT2Q | URL
2012/11/28 08:08 | edit

私も、記事見つけて「えっ?」って感じでした。
リッキーも今のリッキーが「リッキー」なんで、はい、薬が出来ましたよ、治しましょう。って言われても「はい、お願いします」って言えないかな。
そりゃ、本人が大きくなって、「今のままじゃイヤだから治したい!」って言えば治療するんでしょうが。
こじまるさんが言うように、ボンズくんやリッキーって私たちには気づかないことに気づき、感激してって素晴らしい経験もしてると思うんです。
それって、本当に素敵なことだと思うので、ただ治すっていうのには手をあげられないなぁ。

みちゃお #NqNw5XB. | URL
2012/11/27 14:25 | edit

ご無沙汰です。
私も見つけましたよ~☆
なんか自閉症という文字の形って目に飛び込んできやすくなりました。

私は、治るのであれば治したい。
それは、今が一番大変で苦労してるかもなのかもしれません・・・。マイナスオーラ時期からなのかもしれなせんが。

言葉のないあの子と本音で思ったことを語り合うことができる。ただ普通に暮らせる。
色々想像しちゃいました。

an #- | URL
2012/11/27 13:51 | edit

あたしもネットショッピングをしていたら、この記事を見つけて、「うんっ!?」 と 何かモヤモヤしていたら、こじまるさんがあたしの思いをぜーーーんぶ語ってくれた!! そんな感じです(笑)
あ~ スッキリした!!

確かに、大変なことも多々ありますが、うちの子めっちゃかわいいし、おもしろい!! 毎日そこそこ幸せに暮らしてますよ(笑)

来年は小学生。心配は多々ありますが、悩んでもしかたない! 意外と何とかなるんじゃないかなーって思っている今日この頃です。

数年前は、この記事に飛びついていたろうに・・・
親も肝が据わってきたのかな!?
 

とりっぴぃ #- | URL
2012/11/27 11:54 | edit

コメントの投稿

Secret

カテゴリー

更新カレンダー&月別

検索フォーム

最新記事

オススメ

最新コメント