良い先生の条件

Category : ハハのキモチ ~’14
最近考えごとをしていて、突如明確になったことがあります。


良い先生に恵まれてきた・・・
と、常々感謝していますが、


発達支援教室で初めて出会ったM先生。
最初の保育園の加配N先生。
転園先の保育園の加配H先生。
小学校の担任N先生。


みんなタイプは違います。


それに発達支援教室や放課後(等)デイサービスのスタッフ。
担任以外の先生方を含めて、

「良い先生たちに巡り合えた!!」

と思う瞬間が多々ありました。


それがなんなのか、端的に表す明確な言葉に思い当ったのです。





みんな、ボンズをおもしろがってました(笑)



知識や経験が豊富で、実績(どんな??)を積んでこられた、
「なんでも相談してください」タイプの方よりも、


「ボンズ君が今日~~~して泣いてましたよーーーあっはっはーーー」な人の方が、愛情の深さを感じられるんですよ。
一歩間違えば感情の行き違いになりそうな行為ではありますが(笑)


あ、「アタシ(オレ)は知識、経験が豊富。なんでも相談しちゃってください♪」的な人と出会ったことがないことも関係しているのかもしれません。

もちろん、相談、解明を求めて先生に尋ねたことは多々あります。
専門家である発達支援教室のM先生でさえ、決して断定的なことはおっしゃいませんでした。

何を聞いても、何を相談しても、即座に語り出すくらい経験も知識もおありなんですが、

「こういう子はいます」
「そういう場合もあるらしいです」

と、一例であることを強調されてたように思いました。

それは、ご自身の知識や経験が、「ボンズにとっての」正解であるかどうかわからないからだと思います。

自閉症と言っても千差万別。
今までに出会った自閉症児の常識が、ボンズにも当てはまるとは言えませんよね。


「自閉症児のボンズ」でありながら、
ボンズをボンズ個人として向き合って、考えようとしてくれているから、断定はしない。
でも、母親の問いに答えるべく、例を挙げながら「一緒に」謎解きに取り組む。

・・・この姿勢が、絶対の信頼を寄せられた根本だった気がするんです。



もちろん、個人的に合う合わないはあると思います。



保育園、小学校の先生は、もしかしたら発達障害の知識のエキスパートなのかもしれません。
普段そんな影も見せずに、ものすごく勉強されてたのか?

と、ある時期は考えていました。
が、どうもそうとも思えなくて(失礼!!)


でも、とにかく、ボンズを観察していました。
「問題行動」と言われて終わるような問題があっても、
ボンズの行動や、普段の様子を見ていたら、その理由がわかることもあります。
ボンズなりの行動の理由がわかると、解決するヒントが見つかることもあります。

とにかく観察してなきゃわからない。
先生個人の知識、経験の量だけじゃ、ボンズははかれないんです。


そして、ボンズに愛情を持ってないと、ボンズをひたすら観察できません。
ボンズの行動を見て笑えません。
「ダメなものダメよ」で切り上げることもできるのに、
「どうしてボンズはこう行動するのか?」を突き止めようとしてくれる。


親の私でも、ボンズを見ていて笑っちゃうことばかり。
「なるほどね~、そうきたか」の連続です。


ボンズかわいい~~~。
と、他人である先生たちに言われるたびに、

「ホントか? そうか?
確かにボンズはスーパーかわいい、この世のモノじゃないくらいかわいい!
が、他人が見ても果たして本当にそう思うか?」
と疑ってました(笑)


でもやっぱりあんなにおもしろがれるっていうのは、
ボンズがかわいいからなんだろう。

ボンズをおもしろがるっていうのは、「愛」がなきゃできない。


こんなわけわからない弾丸ボンズを、かわいい、おもしろいと思える人は、それだけでボンズの支持者と思えます。

これって、ボンズがかわいいから、周りの人がついボンズに夢中になっちゃうのかな?(←ただの親ばか?)
だったら、ボンズはこの先支援者にことかかないんじゃないかとも思えるんですけどー♪


あんなに弾丸ハイパーで、自閉症児の標本のようでありながら、ハハに気づかれず野生児としての道を進んでいたボンズ。が、この数年でこんなにも成長してこれたのは、周囲の大人の「愛」に恵まれていたからだと思います。

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

Comment

anさん

あ、わかる!
実際にあそこまでピュアにはなれなくてもね(笑)
なんか子ども時代のピュアだったことを思い出せただけでも、収穫ですよね。
うちの旦那は娘が生まれた時に言ってましたよ。
「コッコの目はこんなにきれい・・・オレは汚れている!」
って(笑)
同じ感覚ですねー。

そーなんですよ。
支援学校の子たちは、めっちゃピュアでしたよ☆
初めて見た私の手をそっと握りにきた子もいました。その子が離すまでかぼそい手をしばらく握ってました^^かわいかったです。

帰って主人に話すと、主人が俺たちって心がすごく優しくなってるよな~って言ってました。
主人も少し成長してるみたいです(笑)

anさん

ですよね!
知らないから教えて欲しいって気持ちでいっぱいでしたが、
「親でもわからんもん、ボンズはオリジナルだし誰にもわからん」と思ってた方が正解なのかな~と、今は思ってます。
やっぱり、かわいがって「一緒に」なんとかしようとしてくれる人の愛情に勝るものなし!ですね!

支援学校で涙が・・・わかります。
なんか圧倒されるんですよね、いろんな思いに。
そして、子どもたちがピュア♪
だけど、そこに我が子を加えた時に感じる未知の世界のような心細さ。
きっと、すんなりあっさり進路が決まる時がきますよ♪

きゃ~豪華な発散してきましたね~。
想像しただけで楽しめそうです。
うちも明日久々に「娘時代」に戻ってきます(無理?)

それはありますよね~。

経験豊富な先生だと安心って思いガチだけど、一緒に試行錯誤して暗中模索してくれる先生の方が親との距離感もなくなるし、いいな~と思いますね。

今日、支援学校を見学してきました。
確かに大勢の先生で行き届いた教育でしたね。
なんとなく似てるタイプの子を見てたら涙出てきちゃってどーしようかと思いました。

ストレス発散にカラオケいいですね~。
私は金曜の夜から子供預けて実家のメンバーで宝塚ホテルで前泊して宝塚歌劇みてきました~。
贅沢な息抜きができましたよ~。
ご褒美って必要ですよ~これでしばらく頑張ります☆

みちゃおさん

あはは~ボンズもすごい腹してるよ! まさにおやじ腹!(笑)
満腹中枢壊れるのか、もう何も入らないだろう?っていうのに、まだ何か食べようとしてるから、
「なんですかコレ(腹)は!!」
っていうと、にっこり笑います。
この笑顔にやられるんだよねー!!
そっかー、リッキー君もっていうの、想像つくよ!
人が好きな子たちで良かったよね~、かわいがってもらえるもんね~~~。

あ~、分かります!
モテモテですよね☆
リッキーもおやじ腹なのにモテモテですよ(^.^)
自分の教室じゃなくても入っていけば「リッキー、おいで!」って先生から大歓迎だし、その上異年齢(年上)の部屋で癒しオーラを振りまいてるらしく、母は確信犯ではないかと疑ってますよ(笑)
ボンズくんもリッキーも他の発達障害と言われる子たちはきっと人を引き付ける能力があるんでしょうね(*^_^*)

たなともさん

あ、負けてないかも。
「いや~かわいいな~、ホントかわいいね」
「でしょ。うちが産んだの」
って、手柄独り占めなハハ(笑)
こういう会話、普段からごく普通にしてるね、負けてないしょ?^m^

モテキ超えた現象じゃないかと思いますよ。
生きてく力っていうか。
だからぶきちゃんも、絶対障害支援者には事欠かないはず!!
ね、ごく自然にそう信じられませんか~?
人間が文明の進化とともに忘れた能力を、この子らは持ってるんですよっ。

ふくちゃん03さん

なんか、かかわった人をみんな俺の魅力のトリコにしてるね、たぶん(笑)
存在そのものがなんか意味があるっていうか、ひきつけられるモノ、ありますね~。たぶん、言葉が不自由な分、オーラで語るんでしょう!!
・・・と、信じたいのです(^^;

枠にはめないように、って、ボンズが自ら警告してくれているのかもしれません。
私たちはわが子を「頭ごなしに」判断しないという幸運に恵まれているのかもしれませんね!

親バカ、マンセーヽ(゚∀゚ )ノ

うちも夫婦で「何このカワイイ子!」「うちの子ですねん」
そんな会話が日常会話なんですけど、
こじまるさんところも負けてなさそうだw

彼らは天性のもの、持ってますよね。
ぶっきーは天然の「ツンデレ」なんですけど、
今、6年生にまでぶっきーファンクラブがあって、
担任の先生より先に、ぶっきー休みとかの把握が早いそうですw

パパンと「一生に3回あるというモテキ。もしや3回とも使ってしまったのでは?」と懸念してるんですけど、
そうかなぁ。これからも支援者に事欠かないのかな?
だったら嬉しいなぁ。

ボンズくんの特性を、面白いって言えるのは愛があるから。
なるほど納得です。
そう思うと、私たちは面白い子育てをさせてもらってますね♪

ボンズ君モテモテ人生ですねぇ♪
本当にそうですね。私も長女の事を決め付ける人には出会ったことがありません。
多分決めつけ型の人と出会ってたら私は今までやってこられなかったかもしれません。
だけど子供自ら専門家、学校の先生方の知識などを覆しているのかな?と思うときもあります。
「ワタシ<オレ>はそんな枠には入らないよ。」みたいな(*゚▽゚*)それでもみんなに愛され続けるのは一種の才能ですかね。<親バカか?>
非公開コメント

カテゴリー
更新カレンダー&月別
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

+ アーカイブ
 
検索フォーム
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

『人間が好きになる名言』


presented by 地球の名言
スポンサーリンク
プロフィール

こじまる

Author:こじまる
H17年6月生まれの長男ボンズ。
自閉症と最重度知的障害を併せ持つ中学2年生。

3才から小集団+個別の療育を受け、
4才から加配付保育園で過ごし、公立小学校の特別支援学級を卒業。
中学からは特別支援学校に転籍。
週に5日放課後(等)デイサービス併用。

「自閉症」はおろか「発達障害」を知らなかったハハこじまると、ボンズの無限の可能性を心酔するチチ、高3の姉コッコ、小6の弟チビスケの5人家族。

Twitter
Bonz counter
スポンサーリンク
絶対!お勧めの本