自閉症のキミが好き!

おおらか、マイペース、独創的、ユニークでスペシャルな存在!なのは、自閉症だから? だったら私は「自閉症の」君が好きなんだ

ご縁の不思議を実感。  

先日、市内の支援学級が集まったイベントがありました。
そこで、いろんな学校の支援級の先生を見たんですね~。

ボンズの担任がN先生で、他に2人支援級の先生がいるのですが、
みんな大きな共通点があり、
「支援級の先生とはこういうもの」
というイメージが勝手に作られていたのですが、


この日、それが覆されました・・・( '∇')ウフフフフ



「いい? こうして待つのも! 勉強っ!
おとなしく待ってて! こうしていることもっ!! 勉強だからっ!!!」

徒競走の出走順を待っている列で、
”おとなしく”座って待ってる児童数名に向かって、
語気荒く、表情険しく、高らかに、力強く力説される若い女の先生・・・


みーんなおとなしく座ってるじゃーん。
そんなケンケン言われたら、ボンズなら何一つ(言葉を)拾えないだろうな~

って、それより見ているうちが怖くなるくらい(笑)

ある意味先生たちの博覧会になっちゃうのかしらね。
「うちの子たちはどこよりも立派に!」
と思う気持ちからかもしれない。



ボンズが担任N先生LOVE♪
なのは、若くてかわいい女の先生だから・・・ってことだけじゃなくて、

情報量の少なさが安心感を与えてくれるからだと思うんだ。

常に、小さめの、ささやくような声で、
優しく、短い言葉でボンズの行動を促す。
決して「行動に移すまで言い続ける」ってことをしないの。

これって、誰が聞いてもうっとうしいよね、
「わーったって!」って言ってるのに、同じこと言い続ける人・・・
人のペースってもんを考えてくれない人・・・。


あーこういう接し方をしたら、ボンズもパニック起こさず、話もちゃんと聞けるのかな~と思ってみてました。


ま。
アタクシにはマネしたくても、3秒くらいしかできませんけどね~ヾ(´ー`)ノ


保育園の時の加配のH先生も、物静かで口数の少ないタイプ・・・ではなく、
親と話す時は普通にキャハハと笑ったりするんだけど、
ボンズには、静かに、小さな声で、ゆっくり、少しずつ話しかけてたんだよね。


そっかー。
特別支援とはこういうものなんだーーー
と、先生たちに教えてもらった。


けど、
あれ? こういうテンション高めのがむしゃら先生もいるんだ。。。

支援級の先生といってもいろいろなんですね。
ボンズ、こっちの先生じゃなくて良かった、と思いました(笑)



その後、パパがボンズの付き添いになり、大玉転がしの競技に参加した時。
張り巡らされたロープを、児童が一斉に触りだしたようなのね。

隣にいた学校の先生が、

「ロープに触っちゃだめ! 触らない!」
と怒りまくってたんだって。

ボンズも、当然(?)触ってました。

その様子を見ていたN先生が、

「ボンズ君! ロープ触ってもいいからね!!」

って、大きな声で言ったそうです!(旦那談)


大きな声で言ったら、隣のおばさん先生に聞こえるじゃん。
それをわかった上での宣言だったのだろうと、

「N先生の強さを見た・・・」
と、旦那大感激。


ロープ張ってあったら、触りたいじゃん。。。
そんなの支援級の子じゃなくても、触るんじゃない?
それで列が乱れたり、
ロープがずれちゃったりしたら問題あるだろうけど、

「触るくらいいんじゃね??」
って思うよね。

どうやらそれがN先生も同じ気持ちだったんでしょう。
しかも、いっぱいいっぱいでやっとこ参加しているボンズも「怒られてる」ことになるから、
おっきな声でそれを否定してあげたんだろうね。


そっかー。
ボンズはまたいい先生とのご縁をたぐりよせたんだな~。。。(゚ーÅ)


なーんにも(やめなきゃいけないこと)する前から、ケンケン怒る先生だったら、
ボンズ萎縮しちゃって、こんなに学校大好きになれなかったかも。
一年生の1学期のうちから、ボンズ学校大好きになれたのは、
絶対に先生たちのあったかいフォローだもんね。


そう、そのイベント中。ボンズ大荒れ、大崩れ、大変お怒りでした。
朝から「長靴で行きたい」「会場内を探索したい」と主張され、

そりゃ初めての場所だもん、ウロウロさせなきゃ落ち着かないだろうとウロウロする時間は持てたんだけど、「まだ足りなかった」そうで。。。

でも決められた時間にはじめ、決められた場所に集まり、と、
やらなきゃいけないこともあり、その綱引きが大変でした。

しかもタイミング悪くハハ体調絶不調で、立ってるのがやっと。
旦那が休んで朝から参加できたので、
ボンズの付き添いは途中で代わってもらえたので、何とかなりました。


そして、泣いてわめいてお怒りだった割には、
ボンズ、全ての競技に参加して、楽しそうに帰ってこれたんですよ(笑)


ボンズはもちろん、親もどんなイベントだかわからないままの参加だったので、
N先生が言われたように、
「初めての経験、初めての場所で、全部参加できただけでもすごいですよね。
よくがんばりました」
ってことです!


そして、ヒトって会うべくして出会うんだね。

スポンサーリンク


category: 1年生

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 14

コメント

anさん

うちも支援級の先生には向かないタイプです。。。
あれこれ言葉で説明したがるし、こんだけそばでしゃべりまくってたら、ボンズに肝心なところ拾ってもらえないだろうな~と思いながら、ボンズに話しかけまくりですよ(笑)

わ~、すばらしい環境ですね。
それに、すべての流れがここにつながってた!!って実感、わかります~~~。
うちも人生の肝心なところ、「あ、全部ここにつながってた」って思ったことがあって、感心しました。
気づくか気づかないか、全てそうなのかもしれないですね~。

こじまる #- | URL
2012/10/10 10:33 | edit

支援学級に向かない先生っていますよね~。
私も向かないタイプだわ・・・。
穏やかに大きい心で親身になって接してもらうと伸びがちがいますよね。

ヒトって会うべくして出会うって最近私も感じています。

今の加配の先生がそうなんですよね。
私のいとこなんですが、結婚後別の仕事をしていたんですが、保母さんの仕事に復帰したと思えば、たまたまうちの保育園で、去年は別のクラス担当でしたが、今年から喜んで加配についてくれて、あれこれ試行錯誤しながら、見えやすい支援をしてくれて、ほんとに頑張ってくれてます。

保母さんに復帰したことも、加配の先生になることも、すべてのストーリーが決まっていたことなのかな~と運命的なことを考えていました。

これからも、お互い、先生や関わってくれる人がいい人に恵まれるといいですね~。

an #- | URL
2012/10/09 10:13 | edit

たなともさん

いいなーっ、青木先生。出会っちゃったら絶対離れたくないですね^m^
でも「あらら」って先生に出会うこともあるんでしょうね、きっと必要で、出会うんでしょう。
一緒に愚痴れる、こぼせるアテがあって助かりますわ(笑)
きっと、ぐちぐち言いそうだし・・・>自分が

ご心配ありがとうございます。
体調は底を打って復調なんですが、年ですねぇ~、なかなかスッキリ完治は遠いですわ(泣)

こじまる #- | URL
2012/10/08 15:12 | edit

ぷ~ちんさん

なるほどね~。
時給もらって仕事するよりも、同じ内容の仕事でも無給の方が達成感があったって、最近どこかで読みました。(ネットの記事だと思う)
役員の仕事なんてまさにボランティアですよね。
ボンズから、より、多くのギフトをもらってるとは思いませんが、ボンズからのギフトは目に見えてわかりやすくカウントしやすいというのはあると思います。
本当はコッコやチビからの当たり前のように送られてくるギフトにも、いちいち感謝の意を表しなくてはいけないんですけどね~~~。

郡司先生かぁ~。
赤松先生よりはやりやすいかも!!

こじまる #- | URL
2012/10/08 15:10 | edit

ウチも光とともに…の青木先生みたいな先生だから、
1言ったら、10わかってもらえてる感じで、
なーんの苦労もない状態なんだけど、
同じ学校でも、同じ支援級の先生でも、
あらら…って先生はいるみたい。だわ。

お互い、今のご縁を大切に。
そして今後色んな先生に巡り会うだろうけれど、
その都度慰めあい、愚痴りながら、頑張ろうねぇ~!

N先生、素敵だな。
私も絶対言うな。でも先生がってゆーのが、嬉しい。
ボンズくんも、パパママもお疲れ様でした。
こじまるさん、その後体調は大丈夫なの??
お大事になさってね~♪

たなとも #DF4W1Z9A | URL
2012/10/07 21:21 | edit

体調の悪い中でのイベント、お疲れさまでした!

ボンズ君の未来を一番に考えて行動するこじまるさんにとって
その時に必要な先生と巡りあうのかな〜と思って。
こじまるさんとボンズ君のレベル?があがってきたら
「光とともに」の郡司先生タイプがあらわるのかも!?

>ある意味先生たちの博覧会
なるほど!おもしろいたとえですね〜
「先生が何のためにやってるか?」の違いがでるのかな?
私も、思いっきり、子どもの気もちを考えずに
世間体や人の目を気にして生きてきたので
やっと、それじゃあうまくいかない訳だと思いました。。。

ホンマでっか!?TVの武田先生が
「ギブ&テイク」は与えるが先にきて自分にかえってくるって言ってました。
昨日、幼稚園の役員で運動会のお手伝いをさせていただきましたが
お給料をもらっての仕事では味わえないものすごい達成感や充実感でした。

ボンズ君はこじまるさんに、たくさんのギフトをプレゼントしてくれてるのかな〜と思いました。

ぷ~ちん #- | URL
2012/10/07 14:49 | edit

みちゃおさん

そっかー、合わないと思っても、こちらから話し合いも必要ですよね。
きっと「ご縁」ってくらいですから、きっと会うべき人と会うようになっているのかな。
もしガミガミタイプと出会ったらどうしましょうか?
それでもきっと話し合いでなんとかできますよねっ。

こじまる #- | URL
2012/10/07 12:50 | edit

ふくちゃん03さん

ご縁ですよね~。もう引き寄せられたとしか言いようがないですね。
そして、「こんな人やだー」な出会いもいつかあるんでしょうかねぇ(笑)

ご心配ありがとうございます!
ただの風邪なんですけどね、当日熱はなかったものの、頭ガンガンで吐きそうでした(^^;
体調良かったら、もう少し余裕持ってボンズと接してやれたのに、と、それだけが残念です。

こじまる #- | URL
2012/10/07 12:48 | edit

coconutsmilkさん

自分もできないんですけどねーっ。
なんぼ言っても、伝わらないと意味がないって。
でも、「伝えたい!」一心で突っ走り、空回り。
そうするとヒートアップしてしまって悪循環。
わかってるんですけど、N先生たちのようにはなれません。
でも、理解ある人たちに恵まれたってことを実感できたのが、大きな収穫なんですよ~~。

こじまる #- | URL
2012/10/07 12:43 | edit

むししともししさん

そう言われてみたらそうですね。
姉ちゃんのクラスの時もそんな話題になりました。
けど、特別支援ってくらいだから、先生の割り当ても「特別」なのかと、勝手に思い込んでいました!

こじまる #- | URL
2012/10/07 12:33 | edit

友人の子供が1学期に先生と合わずに登校拒否寸前になってました。
話し合いで年配にも関わらず柔軟に対応してくれる先生だったので2学期からも行けていますが。
子供に合う合わないでかなり変わりますよね!
先生がその子に合わせてくれるといいんですけど、そのガミガミ言う先生はどんな子でも押さえつけるタイプなのかなぁ・・・
私も嫌だな(>_<)
旦那がダラダラガミガミ言うタイプで長男が「五月蠅い」って怒ってます(私も「しつこい」って怒るけど~)
ボンズくんはきっと今の先生をちゃんと引き寄せたんでしょうね!
リッキーにもそんな力がありますように!

みちゃお #NqNw5XB. | URL
2012/10/07 06:49 | edit

私も今まで関わってくれた先生や保護者の方たちにはとても感謝しています。
厳しい中にも愛情があり長女もそれが分かっていてすごく恵まれているなぁと感じます。
人とのご縁は大事にしたいですよね^^

ボンズ君もパパもママもご苦労様でしたm(_ _)m
もう体調は大丈夫ですか?

ふくちゃん03 #- | URL
2012/10/06 20:31 | edit

我が身を省みつつ。

度々お邪魔します(笑)。

本当に、ぼんずくんの先生、素晴らしいですね。若いのに、よく解っていらっしゃるんですね。
もしかしたら、支援級全体的にそういう感じなのですか?素晴らしいですね。「本当の支援」を解っている指導者がいらっしゃるのではないでしょうか。
それに、「ロープ触っていいのよ。」には大きな愛情を感じます。先生ご自身も気持ちの深い方なのでしょうね。

語気荒く、表情険しく、高らかに、力強く力説
行動に移すまで言い続ける
…これ、わたしやっちゃってるかもって思いました。そしてタブーだよねって改めて思いました。
(勿論、出来ている時にその状態をキープしたくて言うことはないですけどね。笑)

どんな時も、相手にきちんと伝わる形でって、本当に大切ですよね。

coconutsmilk #EvNacT2Q | URL
2012/10/06 13:09 | edit

特別支援に限らず、先生の当たり外れってありますからね。
支援の必要な子が外れ引くと厳しいです。。

むししともしし #- | URL
2012/10/06 11:24 | edit

コメントの投稿

Secret

カテゴリー

更新カレンダー&月別

検索フォーム

FC2カウンター

Droplet Project

最新記事

最新コメント

メールフォーム

『人間が好きになる名言』

リンク