家族でJR

Category : イベント
週末、パパも休みでバアバもやってくる。
こんだけ大人の手があって、しかも子どもたちもお休みなら何かしないと・・・

と、前から思ってはいたけど、なかなかできなかった

「ボンズと電車でおでかけ」

を、決行しようと思いたったんですよ。
決行前日に(笑)


ボンズと電車なんて、いったいどうなるんだか・・・
恐ろしくて未経験だったのですが、
なんと、先に学校行事で経験してしまったのですね。

「しんかんせん!」
って言いながら喜んでましたよ、と言われたこともあるし、

「一回経験あるなら、初めてより落ち着いて行けるかな~」
と、家族で挑戦。

行先は、駅とショッピングセンターが通路でつながってるところ、
というだけで、他には何の意味もないところ。

だって電車に乗るのが目的なだけで、
しかも行った先で「はっぴーせっと!」連呼しているボンズにポテトでも食べさせたら、
そりゃ~「楽しかった!!」で、終われると思って。


でも、やっぱり経験があるとはいえ、
こっちがドキドキなものですから、
考えられそうな「ひっかかり」には、思いつく「手立て」をしておこうと思いました。


で、
一番難関になりそうだと思ったのが、

「混んでいる電車では座れない」
と言うこと。

写真を見て思ったのですが、学校行事の時はどうやら、
行きも帰りも座れたようなのですよ。

・・・もしかして、周囲がビビッてよけてくれたのかもしれませんけどね(笑)


なので、

混んでたら、空いてたら

こういうのを作りました。

作ってみたら、ただこれだけのことなんですけど、
拾ってきた絵で何とかしようと思うと大変でしたよ=3


そして、「駅をいくつ過ぎたら降りるのか?」ということ。

「すぐに降りる」と騒ぐんじゃないか・・・が、心配だったのは昔のこと。
今じゃ、
「まだ降りたくない!」
と、言われそうで怖いです(笑)

駅いくつ?


ボンズの足、また大きくなりやがったみたいなので、
靴を買ってポテトを食べてくるのが目的・・・とわかるように、
それらしい画像も拾ってきて、降りる駅のところに貼りました。

駅までは車で行きます。
車を置いて、駅まで歩いて、それから電車。

できれば駅名とマッチングしてほしくて、全部平かなにしました。
ペンも持ってったけど、帰りはこの逆だよと伝えたくて、できれば消したくはなかった。うん。



思いつく準備をしても、「いったいどうなるんだろう?」と思うと不安でたまらん。
当日、駅に着くまでは順調。
ボンズも、
「でんしゃー」
って張り切ってたしね。


改札まで来ると、一刻も早く通せと騒ぐボンズ。
早くもヒートアップ・・・

焦って切符を買い、ボンズに渡すと上手に自動改札をくぐりました。
これは経験があるからだね! 
・・・ただ、切符取るのは忘れてたけどねっ(^^;


そしてホームに降りて、一息。
あとは電車がくるのを待つだけ・・・

ハハの脳裏に一抹の不安・・・

反対側ホームの方が、ヒト多くね?


案の定、反対側のが来ました・・・


ボンズ・・・

あれ、おかしいな

「あれ? これじゃ乗れないべ?」状態。

やがて、反対向きに行く乗客を乗せて電車は発車・・・

「ばいば~い」
と、陽気に手を振っていると、

ぎゃおーーーーと大号泣。
崩れて怒る、怒る。靴を飛ばして、帽子も飛ばして、
電車を追いかけそうな勢い。


カメラでボンズの笑顔を撮りたくて構えていたのに、

崩れた!

ほら、消えてるし(爆)


運の悪いことに、その後やってきた電車はまたもや反対ホーム。
しかも、快速で、この駅をすっ飛ばします・・・

またもや陽気に、

「はっやーーーい、これじゃあ乗れないねっ、ぶぁいぶぁ~~~いっ」

と手を振っても、怒る怒る怒るボンズ。


やっと、次はこっちのホーム・・・
と思ったら、

またもや快速で目の前通過(笑)


いやーーーこれでもかってくらい泣かしました。

想定外だったのは、チビスケ(弟)まで泣き出したこと。

なんでアンタが泣いてるの?
と思ったら、
ボンズが怒って、線路に落ちそうで怖いんだって。


乗ればご機嫌


無事に乗れた時にはご機嫌でしたね。
しかも、
「どうしたのっ???」
ってくら空いててびっくり。

でも、ホッとしたよ。


ショッピングセンターでは、エスカレーターに乗りたい、エレベーターに乗りたい、階段を下りたい、人混みから逃げたい・・・って感じで、靴を買うなんて気分にならなかったようで、好きなものだけ食べて帰ってきましたよ。

帰りもまた快速を一本見送らなくちゃいけなくて怒られたけど、
初回よりはマシだったかな。

今度は待たなくていいタイミングで、歩く速さも計算してホームに向かうところから準備しないと・・・
あ、あと、快速の止まる駅にしないとダメかな。。。

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

Comment

みちゃおさん

電車ででかけられるようになったら、きっと楽しいこと増えますよねー。
うちも近場で、いざとなったら降りても平気な時とか、時間を気にしないで済む時、に限定して練習していこうかと思います。
いつか旅行に行きたいな~、JR使って♪

ボンズくん電車に乗れてよかったね~♪
駅に行けば乗れるはずって思ってるだろうから目の前を通り過ぎるのは許せなかったんでしょうね。
快速もあるよ。って覚えてもらえると一番いいんでろうけど、難しいですね。
リッキーともいつか電車に乗れるかな~?

coconutsmilkさん

そうですね~、小学校の時はたぶん、時間を調べてホームにたどり着いたと思うので、
自分が乗せてもらえない?!!なんて経験、初だったと思うんですよね。
「まさか!」って感じがおもしろくて、手をたたいて爆笑してましたよ(笑)
もうね、計画を入念にして、念には念を入れても、絶対どこかに落とし穴がある!! って、あきらめてますから、「そこにきたかー」って笑うしかないんですよ(^^;
あ、自分ひとりでいたら、こんな心境になりませんけどねっ。

今度はちょうどよく乗れるように時間合わせをして、
その次は逆方向を見送る視覚支援をして、、、、って感じで、段階を追って経験させたら、
「そういうこともある」
って、いずれ理解してくれるんじゃないかと期待してます。
逆に、毎回必ず乗れる、になると、遅延や不通になった時に困りますよねぇ。

今はまだギリギリ周囲も(あんだけ騒いでも)我慢してくれる年令ですが、
オトナになってから、「電車がこないー」でパニクられると問題ですよね(^^;
親のスタミナ続く限りは、経験、いろいろさせたいですよね~。
がんばりましょう。

ふくちゃん03さん

すごいでしょー^^
うちは車があるので、楽だし、騒がれてもOKだし、いらん気苦労しなくていいし・・・と、どこに行くんでも車ばっかりなんですよ。
でも、、、ボンズ電車好きなのに、乗ったことないなんて親の怠慢だよなぁ・・・ってずっと気にはなってたんですよね。
なってはいたけど、7才にして初挑戦、しかも小学校の先生の後、って状態ですけどね(笑)

こんにちは!
そして、お疲れさまでした。

準備がとにかく素晴らしいっ!!
私なら、数日かかるな…これ…と思いました。

こう言う体験ってとっても大事ですよね。幼い内に体験しておくと、泣いた時にも「どうしたのかな?」で済むし。
電車が反対側に来た時のボンズくんの表情がたまらなく可愛いですっ
そしてちびすけくんにほろり、です。

次は、「快速も止まる駅を選ぶ」のも次の段階としてなるほどいい作戦だと思いますが、数回チャレンジしたら、電車の絵カードを数枚用意して、到着した時に何台後のに乗るかを確認し、その台数を「あと●台で乗ります」などの台紙にはって(●には数字を貼ったりして)、電車が来る度に剥いでいくようにされてもいいかもしれません。
ただ、他のホームに来るのまで確認するのはこちらが大変ですね…

何事も、体験から習得するのは、みんな同じだと思います。
今のうちに、沢山、経験を積みたいですよね。
本当に、お疲れさまでした。
ボンズくんが泣いていても、きっと「あらあら」くらいな態度で見守っていらっしゃったであろうこじまるさん。
私はそう言う“受け留めてくれている”と感じさせるような態度がなかなか取れなくてダメなんです…。
>またもや陽気に、
「はっやーーーい、これじゃあ乗れないねっ、ぶぁいぶぁ~~~いっ」
と手を振って
…ってところ、笑い泣きでした。
さらに、次のチャレンジの作戦まで考えていらっしゃることに、感服です。
見習いたいです。
えい、えい、おー!ですねっ

こじまるさんスゴーイ^^

電車って何か怖いですよね。ボンズ君じゃなくてもそれだけ電車に素通りされれば嫌にもなります(^^;私は車の免許がないのでバスに乗ることも多いですが回送ばかりで腹の立つこともシバシバ・・・
お疲れ様でした☆
非公開コメント

カテゴリー
更新カレンダー&月別
02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

+ アーカイブ
 
検索フォーム
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク
プロフィール

こじまる

Author:こじまる
H17年6月生まれの長男ボンズ。
自閉症と最重度知的障害を併せ持つ中学2年生。

3才から小集団+個別の療育を受け、
4才から加配付保育園で過ごし、公立小学校の特別支援学級を卒業。
中学からは特別支援学校に転籍。
週に5日放課後(等)デイサービス併用。

「自閉症」はおろか「発達障害」を知らなかったハハこじまると、ボンズの無限の可能性を心酔するチチ、高3の姉コッコ、小6の弟チビスケの5人家族。

Twitter
Bonz counter
スポンサーリンク
絶対!お勧めの本