自閉症のキミが好き!

おおらか、マイペース、独創的、ユニークでスペシャルな存在!なのは、自閉症だから? だったら私は「自閉症の」君が好きなんだ

歯が!!  

ボンズの下の歯がグラグラしてきたことは知っていました。
その横の歯との隙間もやたらと広がり、
「なんじゃこりゃ??」
と、触ってみたら、グラグラ。

ひゃ~~~とうとうか!!
乳歯が抜ける時がきたか!


以前に発達障害児を持つお母さんたちと話していた時に、

「ボンズ、歯が抜けることを何だと思うだろう?
嫌がって抜けるまでグズリ続けるのかな?
それとも(親子ともども)気付かずに、飲み込んじゃったらどうしよう??
どっちもやだな~」

なんて話をしていたんですが、
とうとうそんな心配をする時が。



事前に知らせるべきなんだろうな~と思いつつも、
特に何もせず(^^;

寝る前の歯磨きの時に、

「ボンズの赤ちゃん歯、グラグラしてきたね~。
抜けたら、大人の歯が生えてくるね~~」

と、それとな~く触ってみたりするだけ。


で、しばらくそのまま忘れていたのですが、
以前に突然発熱して、急きょ小児科に走ったその日、熱もないので一緒にお風呂に入っていたら、見てしまいました・・・

「あーーー!! 大人の歯、生えてきてるじゃん!!」


グラグラ乳歯の内側で、ギザギザ永久歯がすでに頭を出していました。
「大変だー!!」

乳歯はまだ全然抜けそうもない。
複雑な治療だの、矯正だのなる前に、なんとか(なるなら)しなきゃいけないのでは??

と、すぐ障害児対応してくれる歯科医を探しました。

「障害児の受診日時はあらかじめ決まっていて、要事前予約」
なところばかりの中、一か所だけ、これからすぐ診てあげるというところが見つかったので、ボンズ抱えて行ってきました。


ボンズ、歯医者そのものは初じゃないです。
幸い、発達障害があるとわかる前から、定期健診で年に3回ほど、以前住んでいた地区の歯医者に通ってました。
虫歯もないので、毎回フッ素を塗ってもらって帰ってくるだけだったのですが、
診察台に上がることは拒否で、母の膝と歯科衛生士(かな?)の膝を使って、口の中を見てもらっていました。

・・・後から知りましたが、発達障害児御用達(?)の歯科医でした(笑)
運命的っていうか、きっとここのスタッフの方が、うちより先にボンズの発達障害に気付いていたんだろうな~って感じ(笑)


なので、新天地でもかかりつけを探して定期健診くらい行っておかねば!とは思っていたところ。


その、「唯一すぐ診てあげる」と言ってくれた歯医者に行くと・・・

それまで通っていた歯医者とは全然違う!
子ども向け仕様なのは、待合室に(年代物!)絵本がおいてあることくらいで、大人でも待ち時間を持て余しそうな小さな歯医者。

結局予約時間に行ったにも関わらず30分待たされ、
ボンズがその場にいられただけでブラボー!なんですが(何度も逃走は企てましたが)、
呼ばれて診察室に入ると、

「はい、寝て」
「倒れるよ」
「あ、まだ(台が)上がるよ」

とか、
ボンズ的には無理~~~なことを、さらっと要求されまして(^^;

上がるのも「きゃー」
動いたら「ひぃー」
で、すっかり診察なんてするもんか状態に。

なだめてなだめて、歯医者さんにも(診察台に寝ることを)あきらめてもらい、
絵カード表示して、立ったまま「あーん」を、ちらっと☆


で、

「このままだと部分麻酔して抜歯になるけど、できますか?」

と聞かれたので、

「無理だと思います」(きっぱり)

「じゃあ、設備の整った病院に紹介状を書いて、全身麻酔ってことになるけど・・・」

「それも無理ぃ~~(泣)」

根がどうなってるかレントゲンだけでも撮りたいと言われましたが、
「この様子では無理だと思います・・・」

「お母さんが一緒に入って抱っこしても?」


もうすでに恐怖心入ってしまってるからねぇ・・・
ここに入れ、じっとしてろなんて言われたら、余計に暴れて、無駄になりそう・・・


「そっか~。(全身麻酔が嫌なら)じゃあやっぱり部分麻酔で、押さえつけて・・・になるけど・・・」


一ヶ月後の様子をまた見せる・・・ってことで帰ってきました。

「手でグラグラゆするのも効果があるか?」
と聞いたら、
「ある、けど根っこが折れたらもっと大変なことになるので、常識の範囲内で」
と言われました。


せっせと歯磨きの時に「抜けてね~~~」と触りながら、
実は別のところにも予約(10日後くらいになりましたが)入れておいたままだったので、
そちらはパパにボンズを連れてってもらいました。

こちらは、多分、前の歯科医に「紹介状」を書いてもらったら回されたであろう、複合型の大病院です。
母は仕事だったので、パパに丸投げ!(って初のできごとかも!)


後から恐る恐る「どうだった?」と聞いたら、
「上手に”あ~ん”できたよ」
と。
前の歯医者での経験が生きてたのなら、あれで帰ってきて良かったんだとホッとしました。


で、
「なかなかいい医者だった!」
と、旦那。

言われたことはだいたい前の歯医者と同じ内容なんだけど、

その場で、
「じゃ、抜いてください」
とあっさり承諾する旦那に、

「でも、今後の(歯医者通いをする)ことを考えたら、今日は”慣らし”ということで、絵カードを貸しますから、心の準備をさせてからの方が・・・」

と、逆に止められたようです。


「アンタいきなりその場で抜歯させようと思ったの!!???(激怒)
ンなことしたら、ボンズ一生歯医者に行けなくなるよっ(--〆)」

あまりのことに絶句したあと激怒したら、

「医者にもおんなじこと言われた」
って笑ってましたけど!!

麻酔して歯を抜くなんて、うちでもやだ。
今でもやだ。


「あ~麻酔した後ってしばらくしびれて変なんだよね~。
歯を抜くだなんて・・・あー恐ろしい」


だけど一番恐ろしいのは旦那。
「じゃあ、今日抜いてください」
って言ったらしいよ!!
その前にお前が歯医者に行けー!!(詰め物とれて歯茎まで痛いとか言ってる)


次回の予約は18日。
なんと、偶然その日はうちも休みなんです(T_T)
一緒に行きたくない~~~

どうか、どうか、それまでに自然にポロっと抜けてください~~~(祈)


余談。
一連の騒動(ってか、うちが大騒ぎしてたんだけど)の最中、
もしかして、あのいきなり39.3℃出したのって、大人の歯が生えてきたからかなぁ? と。

・・・って、あれは赤ちゃんの乳歯の時の話だけ?

一応歯医者でも聞いてみたけど、
「関係ないと思う」
って笑われました。

スポンサーリンク


category: 卒園までのボンズの様子

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 2

コメント

ゆうマーチさん

レス遅くなりまして・・・(汗)

ホントはね~、説得して納得してもらって、恐怖心なく協力してもらうのが理想的なんだけどね~。
ただでさえ怖いじゃない?
自分は見えないのに、口の中を覗かれてさ~・・・
それに恐怖心とかものすごいらしいし(どうやって比べるのか知らないけど・笑)
でも安全のためにはぐるぐる巻きしかないんだよね。
大きくなると、親の力で(体重掛けて)押さえつけたとしても限界あるし。
問題はその後だよね~、「しょうがなくやるしかないんだ」ってことがわかってくれるといいんだけどね~。

こじまる #- | URL
2011/08/14 16:56 | edit

ショウが通ってる大学病院の小児歯科に、自閉症の人が多く来ていて、
全身ネットみたいので、ぐるぐる巻きにされて、治療受けてました。
暴れたりはしてないんですが、大声出したりしていて、
軽く麻酔掛けられてるのかな?と思ってました。
確かに、口の中をいじるのに、動いたりするのは危ないですもんね。
ボンズくん、無事に治療が出来ますように・・・(祈)

ゆうマーチ #PefwKnF. | URL
2011/08/09 13:53 | edit

コメントの投稿

Secret

カテゴリー

更新カレンダー&月別

検索フォーム

最新記事

オススメ

最新コメント