お泊まり会

Category : 保育園生活2
息つく間もないほどハードな日々を送っております・・・
仕事の休みがあっても、その隙に用事てんこもり!で、PC開くことのない日々・・・
しんどい。


そんな中、保育園のお泊まり会がありました。
ボンズは最初から泊まる予定ではなく、
夕方カレーライスを作ってみんなで食べ、その後の肝試しをして(園児たちには『園内探検』と伝えてあるとか・笑)、花火をして就寝・・・の前に帰る予定。


夕方、旦那と一緒に保育園に行き、パパはチビスケ(弟、3才)を連れて一旦帰宅。
パパは初めてチビスケと二人っきりでご飯を食べて・・・というスケジュール。
ちなみに、コッコ姉ちゃんは、初めて一人で祖母宅に泊まりに行ってます。
(さらに余談ですが、この日はコッコ姉ちゃんの受診日で、母一日スケジュールびっちり☆)


事前に、ボンズに何も言ってなかったんだよねー。
なんて言ったらいいかわからない、っていうのもあるけど、
「そう言えばお泊まり会明日だった」
って直前に思い出すくらい自分に余裕がなくて、

ボンズが、
「どうしてお迎えにきたのに自分は帰れないんだー!」
ってパニック起きだしてから、
「あ・・・」
って気付いた(^^;


他の学年のお迎えの人や、お泊まり会に登園してきた同級生たちと保護者が、
「なんだなんだ??」
ってくらい、玄関で大泣きの大暴れ。


昨日の夕方、突然、
「かれーらいしゅ!」
宣言。
「今日のメニューはカレーじゃないんだわぁ、明日カレーにしようか」
なんて言ってたんだけど、その時に、
「あれ、明日がお泊まり会でカレー作るんじゃなかったっけ?」
と思いだした母、
「そっか、保育園でカレー作るよって話してたから、そんな発言になった?」
と気付く。


ボンズを押さえつけるのもそろそろ無理だな~って思いながら、押さえ、そして、
「ボンズは○○組さんだもんね」
「○○組さんはカレーライス作るもんね」
「ボンズはカレーライス食べるもんね」
パニックがおさまりつつあったころ、マインドコントロール?ってくらい、静かにえんえんこうして話しかけていると、ようやく落ち着いた様子。
・・・ってか、落ち着きすぎて、母の言葉に「ねっ」と返事しつつ、ホールに転がったまま眠ってしまいました!!

日中「今日は一日長いので体力セーブさせるように過ごしますね」と先生は言ってたんだけど、結局「水遊びざんまいの一日になってしまって、疲れてたんですね」と。
こんなに暑いんだもん、水遊びさせてもらえたことは感謝だよね。

そして、最後に自分でとどめをさすがごとく大泣きして、そしてストンと眠りに落ちたんだもん、ある意味機能的(?)

カレーライスを煮込み、米が炊けるのを待つ時間、眠って過ごしてくれたおかげで、苦手な待ち時間ゼロでカレーライス登場!
半分眠りながら食べていたけど、食後のスイカで完全復活!
先生たちの分まで狙って飛び跳ねてましたが、機嫌が良かったのか、なんとか目が覚めて、夕暮れの園庭で飛び跳ねてから帰りました。


「ありがとうございました、いい経験できました」
って帰って来たんだけどさ、
先生たちは、ボンズのパニックを見て、
「あんまりつらいようでしたら・・・」
と、暗に「撤収」をにおわせていたんだけど、うちは「・・・・」。

「お母さんはどう思われます?」
と聞かれたので、
「ここで帰ったら、自分は何のために待たされていたのか理解できない」
「ボンズが我慢した努力が水の泡になる」
んじゃないかということ、そして、
「できれば、カレーライスを作ってから、とか、食べてから、とか、一区切りつくまでいさせてほしい」
「できれば、楽しい思いをしてから帰りたい」
こと、さらには、
「泣いて要求が通ることになってしまったら、今後に響く」
ことを伝えると、先生もうなづき、そして見守る姿勢に。


先生たちにも悪いことしたな~とは思うよ。
玄関であんだけ大騒ぎして、しばし足を止めてボンズを黙って見下ろしてた(しかも無表情)おじいちゃんとかいたしね。
あとで「なんだあれは?」とか言われてんのかもしれないよね。


だけど、おかげさまでボンズは機嫌よく、そしてご褒美のおみやげ(折り紙と縄跳び)と、首にかけられたメダルを帰ってからも大事そう~~~にしているのを見ると、先生たちが意図した「がんばったね」という気持ちも、「俺がんばった」的な気持ちもボンズに伝わっているんだと思います。


・・・それにしても、事前告知なしは完全に母の手落ちでございました。。。
ごめんねぇ。。。

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

Comment

ゆうマーチさん

どこでも「お泊まり会」の話題が聞こえる季節ですよね。
コッコが「本当に大丈夫?」って親の心配をよそに、幼稚園でお泊まりした時のことを思い出します・・・
そして、お迎え時間早すぎなことも・・・(笑)

ボンズは結果オーライなんですが、親としてやれること全くしてなくて反省でした。
そしてコッコは・・・
日々悪化(親子関係)の状況です。。。
こっちも近々書きますね。

夏は、幼稚園や保育園の「お泊り」の季節ですねぇ。
そういえば、去年の夏も、ケンがお泊りしたなぁ、と懐かしく思い出しました。
カレーも食べられて、楽しい思い出が出来て、ホボンズくん良かったですね♪
コッコちゃんも、その後どうですか?
余裕ないかもしれないですけど、またブログアップしてくださいね♪
非公開コメント

カテゴリー
更新カレンダー&月別
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

+ アーカイブ
 
検索フォーム
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク
プロフィール

こじまる

Author:こじまる
H17年6月生まれの長男ボンズ。
自閉症と最重度知的障害を併せ持つ中学2年生。

3才から小集団+個別の療育を受け、
4才から加配付保育園で過ごし、公立小学校の特別支援学級を卒業。
中学からは特別支援学校に転籍。
週に5日放課後(等)デイサービス併用。

「自閉症」はおろか「発達障害」を知らなかったハハこじまると、ボンズの無限の可能性を心酔するチチ、高3の姉コッコ、小6の弟チビスケの5人家族。

Twitter
Bonz counter
スポンサーリンク
絶対!お勧めの本