釈然としないけど、解決なのだ!

Category : 保育園生活2
園長と直接お話したその翌朝、どんな顔して先生と会ったらいいのかな~・・・と考えていたけど、
結局何ごともなかったかのように「お願いしま~す」「いってらっしゃ~い」。

ただ、すれ違った他の先生たちの表情が硬かった気がする(^^;


お迎えに行ったら、ボンズの加配のH先生があとからやってきて、

「あの、昨日のお話を聞きまして・・・、
お母さんの気持ちも考えずにすいませんでした」

と、言われました。


前の日、旦那が園に着くと、大勢さんの出迎えを受け(^^;
他の先生が気を利かせて(?)H先生を呼んできたみたいなんだけど、
園長先生が旦那に「どうしますか?」的な視線を送ってきたので、旦那は軽く拒否。
H先生をその場に呼んで話す・・・ってことはしなかったんです。

そんなことしたら、H先生のつるしあげみたいになっちゃうもんね。


その後、園長先生から現場の先生たちにどう話が伝わったのか気になるところではあったんだけど、
園長先生が、
「うちの職員が? そんなこと言ったんですか?」
と言った後、
「それじゃあお母さんが大変でしょうー」
と笑ってたそうなんですが、

うちらの一番言いたいことは、ボンズに見通しの立つ安定した生活を送らせてやりたいってことであって、母が楽したいからというのは二番目の希望なんですよ(笑)

ボンズ、最近ますます目が離せなくて(この話も書きたい!)、
本当に大変は大変、だけど、言いたいのはそこじゃないのよ~~~。


「預かってあげないとお母さんが大変でしょ」
って感じで言われたのかなぁ?
市の認識とは違うけど・・・(市は親が休みだからと保育園が休みになるわけではないと言っている)。


「他のお母さんには協力していただいているので、
ボンズ君のお母さんにも言ってしまいました」
とH先生。

「他のお母さんは休ませてるんですか?」

「ハイ」


う~ん、それってさ~、市の通達と反しているのでは・・・
ってすっきりしない。
なんだか、「うちがゴネてうちだけ特別扱いしろって言ってる」みたいじゃん。。。
「市に確認したんだぞー」
と、何度か口から出そうになりましたが、

他の人の問題までは、いい。
うちが口を出すことじゃないし。

後からうちの母にも教えたら、
「そういうことにしておさめたかったのかもね」
と。
そういう考え方もあるか。


で、

「どうかこれからも、ボンズの発達のために手助けをお願いします」
と頭を下げてきました。

特別扱いはしてほしい、
けどうちの望んでいることはそれだけなのだ。

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

Comment

ライムさん

どの本? なになに?
やっぱり男は社会的な生き物だと思うんだ。
旦那がこういう交渉事うまいと思うっていのもあるけど(うちより)。
男同士、冷静に、こちらの言い分は伝えられたみたいだよ。

そうそう、認識そこじゃない!って突っ込みたかったけど、
うちの目的は保育園改革とかって大それたことではなく、
しかもボンズが保育園にいられる期間は数えるほどだからねぇ~。
これで、解決なのだ☆

まあ、認識の差はあるかもしれないけれど、とりあえず解決なのね。

やっぱり、大事な交渉事は男親が乗り込んで行くのが良いのね~。
って、あの本を思い出した!
非公開コメント

カテゴリー
更新カレンダー&月別
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

+ アーカイブ
 
検索フォーム
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

『人間が好きになる名言』


presented by 地球の名言
スポンサーリンク
プロフィール

こじまる

Author:こじまる
H17年6月生まれの長男ボンズ。
自閉症と最重度知的障害を併せ持つ中学2年生。

3才から小集団+個別の療育を受け、
4才から加配付保育園で過ごし、公立小学校の特別支援学級を卒業。
中学からは特別支援学校に転籍。
週に5日放課後(等)デイサービス併用。

「自閉症」はおろか「発達障害」を知らなかったハハこじまると、ボンズの無限の可能性を心酔するチチ、高3の姉コッコ、小6の弟チビスケの5人家族。

Twitter
Bonz counter
スポンサーリンク
絶対!お勧めの本