自閉症のキミが好き!

おおらか、マイペース、独創的、ユニークでスペシャルな存在!なのは、自閉症だから? だったら私は「自閉症の」君が好きなんだ

学校見学  

先週、養護学校(特別支援学校)の説明会があったので、
張り切って参加してきました。
授業も見学させてもらいました。

お昼に終わって・・・

なんか落ち着かなくて、慌てて地元の(校区の)特別支援学級の見学を申し込み、
お昼を食べたらすぐに5時間目を見学させてもらいました。


見学したら、なんとな~く、判断? 決断つくイメージ湧くのかなぁ・・・と期待してたんですが、
逆でした!!


特別支援学校は、きっと理解のあるプロフェッショナルがそろっていて、
ボンズの特性や困難に理解を示してくれて、
成長に合わせた支援、そしていずれ一人で生きてくためのスキルを身につけさせてくれるんだと思う。

理解ある人たちとのつながりも、
「地域に根差して生きて行く卒業後」を見越して、
サポートしてくれる人たちの輪を広げていることもわかった。


クラスは少人数で、補助の先生もいて、
カリキュラムがどうこうっていうより、
ボンズのように嬉しそう~に手をバタバタさせながら奇声を上げる子や、
ぴょんぴょん跳ねてる子も、そこここにいた。

体を使った遊びの時間、やりたいのにうまくできなくて、
先生と「あきらめるのか」「続けるのか」交渉しながら頑張ってる子がいた。

たくさんの見学の人たちに驚きながらも、
照れて顔を隠しながら、歌と踊りを披露してくれた子のそのしぐさのかわいらしいこと・・・
「純」で、その心の動きが手に取るように伝わってきて、
その純粋さに見ていて涙が出てきたくらい。


ここにいたら、ボンズはボンズらしく、そのままでいいんだよ・・・
って生きていけるのかもしれない。

奇声をあげても飛び跳ねても、
誰も振り返ったり、凝視したりしない、そんな世界なのかもしれない・・・


そう思うのと同時に、
「ボンズは今後、障害者たちとそれをサポートする人たちとだけ、生きて行くのかな?」
そう決断、しなきゃいけない不安や焦りみたいなのを感じてしまって、

慌てて「校区の学校ではボンズは入れないのか?」と見に行ってしまった気がする。


なんだろ・・・
養護学校に行ってしまったら、もう校区の小学校には戻れない、っていう感覚があるんだよね。

校区の学校から養護学校への転校なら容易にできそう。
その逆だってもちろん可能なんだけど、それって理論上?ってだけの仮定の話で、
現実的には、
「どうして養護学校をやめてまで、校区の学校に行きたい」
と(途中で)考えるのか、その説明は自分でもつかない気がする。


だったら、
可能ならば最初は校区の学校(支援学級)に行って、
あまりにしんどいようなら、途中で転校って方がいいんじゃないか、とか。


だけどね、
実際校区の支援学級見てきてびっくり。
高学年クラスは「情緒クラス」だね、事実上。

低学年クラスでも、ほとんどが「情緒」だと思う。
そして、今年入学したという子も、字を書いてた・・・


ボンズ、字を書くどころか、読めないし、興味も持たない。(あれこれ誘い水かけても全く無反応・笑)


しんどくね??(汗)


ボンズは自閉症の特性もそうだけど、
知的に重度。
年相応から見てできないことが多すぎるはず・・・


しんどくね??(もちろん、本人がね)



次回は夏休み入る前に、本人を連れて両方行ってみたいと思います。

スポンサーリンク


category: 就学に向けて

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 4

コメント

たなともさん

ギャンブルだよね、ギャンブル(笑)
どっちか判断しろなんて重すぎーーーっ。

そうそう支援校やめて地域に行きます(途中から)って、どういうことがあってそう思うのか・・・
ちょっと想像つかないんですよね。
地域の学校行きながら、足りない療育的な部分を児童デイで探すとか(これもあちこちいっぱいで難しそうなんだけど)、養護学校行きながら地域の何かに参加するとか(ナニ??)、ボンズの生活を包括的に考えなきゃいけないのかなーーー。。。
って、今そんだけ心の余裕ないんですよね(^^;

教育委員会→養護学校適と言われそう
保育園→まだデータ少
児童デイ→同じくデータ少
う~ん、養護学校優勢でしょうな、ははは~♪

こじまる #- | URL
2011/06/29 10:36 | edit

ライムさん

そうなんだよね~、今は悩む時期・・・とM先生(前の児童デイの担任)にも言われて納得。
この数年で何回も脳みそ耳から流れそうなくらい考えることあったけど、
結局ボンズはいい人脈引き当ててるんだよね。
来年の今頃、「よっしゃ!」ってまた言えたらいいんだけど・・・

地域の学校、「知的」と「情緒」両方OKなの。
人数少ないので混合クラスなんだけどね、ただ実際にいるのは「情緒」の子ばっかりかなという印象。

養護学校で地域の学校との交流があるって聞いたから、どれくらいあるのかって聞いたら、「年に1回」だって。しょぼーん。
個人的に学校カウンセラーにお願いして、地域の小学校に潜り込むってことはやってるみたいなんだけどね。
それはその子と、受け入れ先の学校との問題なので「どれくらいの頻度」とは答えられないみたいなんだけど。

こじまる #- | URL
2011/06/29 10:32 | edit

見極めが難しいですよね。。。

うちは多分、どっちも「中度」です。
問題行動もないし、お勉強も小学校低学年は、結構やってけると思う。
問題は4年生以降かなぁ~!
いじめとかもそのあたりから深刻化しそうだし・・・。

私も「無理なら途中で支援学校でよくね?」って、
思ってますが、確かに逆のパターンは…あまり聞かないかも(-_-;

教育委員会や、療育先、保育園などで、相談されては?
もちろん決めるのは親ですが、多角的な見解があれば、
判断材料になりますものね~。

たなとも #DF4W1Z9A | URL
2011/06/29 09:30 | edit

現実味を増して来た『ボンズ君の就学』だね。
学区の小学校の支援学級に「知的」のクラスはないの?
それでも、要求される事ってあるんだよね。
最近は、支援学校も地域の活動に参加してるみたいだし、通常学校との交流もあるみたいだけどね。

ただ・・・、ここで選んだ事がこれからボンズ君が行きていく世界を決めてしまうんじゃないかって言う「不安や焦り」が手に取る様に分かるよ;;
だけど、『なる様になる!』とも言えるんだけどね。




ライム #- | URL
2011/06/29 09:06 | edit

コメントの投稿

Secret

カテゴリー

更新カレンダー&月別

検索フォーム

最新記事

オススメ

最新コメント