自閉症のキミが好き!

おおらか、マイペース、独創的、ユニークでスペシャルな存在!なのは、自閉症だから? だったら私は「自閉症の」君が好きなんだ

まだ見学前ですが・・・  

3ヶ月ぶりにボンズが主治医に会う日があり、
保育園の加配の先生も一緒にきてくれました。
これってすごいですよね~~
「情報は多い方がいい」と主任の先生が、「一緒に行かせてもらったら?」って言ってくれたおかげなんだけど。


ボンズが転居後、どんなに静かなパニック(うるさいパニックもあったけど)を起こし、体調にも表れ、どんなだったかを話し、
「すべりたいのに滑れない」とか、「馬鹿にされたのを察知した」と相手の子どもに手をあげるようになったこと、
就学相談に向けての医師の意見、などを中心に聞いてきました。


まず手を上げること。
「気持ちを出させてあげなきゃいけないよね」
と言われ、「たたいちゃいけない」「押しちゃいけない」ことを教えてるだけじゃダメなんだなーーと気付きました。

テレビ画面の液晶をバンバン叩いて、
「テレビが壊れる!」
と、パパに怒られまくっていたんだけど、
最近、「叩くと画面がにじむのがおもしろい」んじゃないかと思い始めたんですよねぇ。

「危険があるなら止めなきゃいけないけど、
その代わりになるものをあげないとね」

この先生、ボンズの代弁者でいてくれてるんだろうな~~~。


就学に関しては、「まずは見学。現場の人と話して”ここにお願いしたい”と思うことが一番」ではあるけど、
「地域の小学校は先生たちの異動があるからね~。
ここの養護学校(特別支援学校)だと全体でボンズ君にかかわるので、一人が異動になっても、他の先生でボンズ君のフォローができたりするんですよ」
(*ボンズのいる地域の話ですので、全てがそうかはわかりません)

それに、社会性の部分が遅れているボンズは今「大人に要求を出して、それを叶えてもらっていく時期」。
そうして自分が要求したことに対して、大人が答えてくれる信頼感を十分に実感してもらうことが大事、だから、地域の小学校で健常児とかかわることもいい影響があるだろうけど、
「同世代の子どもに要求しても、いつもいい支援をしてもらえるとも限らないよね」。


小学校に関しては、結構決断までの期限が迫ってる。
ボンズの伸びを見て判断・・・なんだろうけど、
「1年でそんなに大きく変わることはないと思うよ」
と言われて、今、気持ちは養護学校へ大きく大きく傾いてます。

・・・なんせ影響されやすいので(笑)

そっかー、ボンズが安心して、安全に過ごせるところが一番だよなぁ。。。


「ボンズ君、前回より要求がわかりやすいし、どんどん大人に要求出てるよね。
こういうゆっくり、ゆっくり成長しているタイプには、養護学校もいいと思うよ」


まずは、見学、なのはわかってるんですがーーー(笑)
今はボンズは養護学校、優位です(^^;

スポンサーリンク


category: 就学に向けて

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 4

コメント

ぷっちょ子さん

腹式・・・いや、複式学級、聞いたことあるなー。
昔、妹が田舎の小学校に通ってた時、2~3年が一緒のクラス・・・とかだった気がする。きっとその時に聞いたんだろうね。
耳当たりもソフトでいいなぁ、これでいいのにねぇ~。

先生の当たり外れ・・・これって特別支援学校でもあるらしいねぇ。
支援校ならプロ集団かと思いきや、今と認識の違う人もいたり、肢体不自由の専門家だったり・・・ってところかなぁ。

ボンズ、今までは大当たり!!な先生ばっかりで、
うちの中ではみんながボンズに対して熱心に、そして暖かく見守ってもらえるもの!が当たり前?みたいな感覚になってるので、ボンズを理解しようとしない、見ようとしない人に当たったら暴れるかも。。。
当たりの良さはボンズの運、というか才能だと信じているので、このままできたら突っ走りたいな・・・。
Aちゃん、その後どうかな。
自閉症って周囲の環境(人)によって、安定できるかできないか大きいから、ぜひとも安心できる環境に思い切って移ったんだと信じたいな。

こじまる #- | URL
2011/06/10 11:31 | edit

うちの学校では「複式学級」って言ってるよ。
いろんな学年の子があつまるからかな。
最近は学校にある花木の名前で「○○学級」って名前になったけど。

ウチのタツヤの同級生の自閉症のAちゃんが
小学校を卒業する時点で誰もいなくなり、
一度はそのクラス自体が閉鎖されるという話もあったんだけど
(一度閉鎖しちゃうと、復活するのはなかなか難しいとか)
実際その後、支援を必要とする子がチラホラと入学し
今けっこう繁盛?してるみたい。
支援の形は様々で、
一日中担当の先生がついていないといけない子だったり
ある程度所属のクラスに任せられる子だったり
・・・
ほぼマンツーマンで先生がついている感じ。

でも・・・・
それらの先生の全員が、
そういうお勉強や訓練や研修を積んでいるわけではないので
先生の「当たり外れ」はあるかも。

前出のタツヤの同級生のAちゃん。
幼稚園からずーーと一緒の学校で
小学校の先生は「当たり」だったみたいだけど
中学校の先生が「ハズレ」で信頼が持てず
お母さんがズパッと決断して
中3にして養護学校へ転校したのよ。

ボンズくんにとって
「当たり」の学校生活、みつけられるといいね。

ぷっちょ子 #- | URL
2011/06/09 14:27 | edit

たなともさん

そちらは校名も「○○特別支援学校」とかに変わってるんですか?
こちらは、分類上「支援校」なんですが、校名が養護学校のままで、
あちこち名前を出す時には、養護って言ってるんですよ。
ダメだから変わったんでしょうけど、なんでかな?
どっちにしても、言う人の心に差別があるかどうかの問題な気もするんですが・・・難しいですね。

地域の小学校行ったら、また揺れるかも?です(^^;
姉ちゃんが通ってるし、姉ちゃん楽しみにしてるし、何よりボンズが好きな場所のようで・・・
地域に行ったら先生の異動とかで、「光とともに」の光君ばりの苦労を素でやることになるんでしょうね~~~。
うちはしばらく、ブレます(笑)

こじまる #- | URL
2011/06/08 10:33 | edit

そっかー。

加配の先生も来てくれるなんて、スゴイですよ!!
どんどん進みますねー。

あぅ、就学相談…。
ウチもだ。
うちは地域に入れます。今回はブレなしですw

そちらではまだ養護学校って言うんですね?
こちらでは支援学校ですわん。
でも、確かに養護学校のほうがイメージ湧く…。

たなとも #DF4W1Z9A | URL
2011/06/07 11:52 | edit

コメントの投稿

Secret

カテゴリー

更新カレンダー&月別

検索フォーム

FC2カウンター

Droplet Project

最新記事

最新コメント

メールフォーム

『人間が好きになる名言』

リンク