『自閉症だったわたしへ』

Category : うちの本棚

自閉症特有の症状、オウム返し、睡眠障害、自傷の謎



読み始めてすぐに後悔しました。
怖い! 怖すぎる。 

くり返す動作、 
オウム返し、 
偏食、 
触られることを嫌い、 
夜眠らず、 
1人で声を上げて笑い転げ、 
モノをかじったり、頬ずりしたり、 
そして、自傷したり…

自閉症特有の症状と上げられるさまざまの所作を、 
この本ののっけからあげられ、そしてその理由?とも言うべき心理が語られています。 

ボンズが床にひっくり返ったり、 
そこら辺を舐めまくったり、 
手を握ってぎゅっと力を入れていたり…

とにかく、謎だった全てが語られていて、 
怖くて、「こんな本知らなければ良かった!」 
と思いました。 


翻訳本なので読み終えるのに苦戦、でも自閉症者の言葉は万国共通か?



翻訳された本は、「星の王子様」くらいしか読んだことがありません。 
ハリー・ポッターすら未挑戦。 
だって、読み終えられないんですよ。
やっぱり文章の流れに癖があるし、 
文化や背景がわからないから、理解できないことの連続で、 
読みきる気力が萎えてしまうんです。 

ですがこの本は、 
怖い怖いといいながら、読みづらいな~と思いながらも、 
時間を見つけては食い入るように読み終えてしまいました。 

正直おそろしくなってしまったので、 
「こりゃおススメできないな」 
と思っていたのですが、 

最後に、自閉症の言葉として、さまざまな行動、行為の意味が挙げられています。 


息子から語られることはないだろう、自閉症者特有の症状の理由とは?



激しいまばたきのくり返し、 
明かりをつけたり消したりすること、 
くり返しモノを落とすこと、 
飛び降りること、 
片足ずつに体重をかけて体を揺らすこと、 
頭を打ちつけたり、自分の手を握ったり、笑ったり…と20項目。 

ここまで読み進めたら、 
別の気持ちが芽生えてきました。 

ドナ・ウィリアムズさん、すごい。 
そして、書いてくれてよかった。 
この本に出会えて良かった。 

全てがうちの子に当てはまるとは思わないけど、 
自閉症者は、想像もつかない感覚の世界にいるとは聞いていたけど、 
それがどれほどなのか、 
わからなくても、想像を馳せることができるようになりました。

興味ある方は、ぜひ。

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

Comment

No title

僕は本来 自閉症児のあるべき姿がこうだとは 思ってません。
ただ ドナさんが たいへんな苦労をしてきて 生きてきたことだけはわかるようなきがしますけど・・・

Re: おぉ~☆

>たいママさん

翻訳本って読みにくいですよね★
でもこれは・・・読んじゃいました!
結構怖いし、読みにくいんだけど、おススメしちゃおうかな~。
3まで出ていて一気にゲットしたので、今は2を読み進めています。
また読み終えたら報告しますね(たぶん・・・)
東田直樹くんのもチェック中ー。
全部古本で集めているので(貧乏性で・・・)いつになるかわからないけど、必ず!!

自閉症は自閉症でも、感じ方や表れ方もそれぞれですから、
あてはまらなくてもいいんですよね?
うちもドナさんと一緒なら怖い!ってそればっかり考えてました。

おぉ~☆

私はまだ読んでないんですよ~、この本
翻訳の本って読みずらい気がして~
でも、いつか読んでみたいです☆
当事者の本なら東田直樹くんのが読みやすかったかな
ただ、全部が全部あてはまらないのもあるけど
非公開コメント

カテゴリー
更新カレンダー&月別
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

+ アーカイブ
 
検索フォーム
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

『人間が好きになる名言』


presented by 地球の名言
スポンサーリンク
プロフィール

こじまる

Author:こじまる
H17年6月生まれの長男ボンズ。
自閉症と最重度知的障害を併せ持つ中学2年生。

3才から小集団+個別の療育を受け、
4才から加配付保育園で過ごし、公立小学校の特別支援学級を卒業。
中学からは特別支援学校に転籍。
週に5日放課後(等)デイサービス併用。

「自閉症」はおろか「発達障害」を知らなかったハハこじまると、ボンズの無限の可能性を心酔するチチ、高3の姉コッコ、小6の弟チビスケの5人家族。

Twitter
Bonz counter
スポンサーリンク
絶対!お勧めの本