祖母として、孫の障害は息子とは無関係と思いたい

Category : 家族の理解
春休みに、ボンズの自閉症の診断が正式に出てから、 
義実家にはカミングアウトしました。 
(良かったらその時の記事、読んでくださいね→『義実家にカミングアウト』) 

それから何事もなかったので、すっかりそのことは日常に埋もれ…

そしたら、こないだ実家の母(こじまる実母)が家に来た夜、

「あちら(義実家)で、ボンズの自閉症はあきちゃん(夫)の小さい時にそっくりとか、そういうこと話したでしょ」 
と。 


孫の障害を知った直後の姑、実母に電話をかけていた



話したもなにも、 
どうやって義実家で切り出そうかと頭悩ませていたら、 
旦那が、 

「な~に、小さい時の話を聞いたらいいんだ。 
ボンズの様子は俺の小さい時にそっくりなんだから、 
どうでしたか~?
って聞いたらバッチリ!」 

って、言ってたくらい。 

ボンズの言葉が出ないところも、 
遊び方も、行動も、 
全部自分似だと自負?している旦那。 

自慢なのか?(笑)

とにかく自分と一緒だ、そっくりだと、 
義実家でもくり返していた。 

母いわく、 
うちらが義実家に泊まって、ボンズは自閉症だったことを話して帰った翌日、
姑から、うちの実家に電話があったそうです。 

「ボンズ君、自閉症だったんですってね~」 

と。 

「そうなんですね~」 

と答えたら、 

「でも、発音が違うから、息子とは違う」 

と、うちの母に力説していたそうです。 

息子(こじまる夫)も言葉は遅かったけど、 
でもボンズ君の発音とは違うから、一緒じゃない。 

ようするに、息子(こじまる夫)は自閉症じゃないって言いたかったんでしょうかね。 

親としては当然かもしれない。 
孫の障害が、息子のせいだと思われたら…
って心配になったのかも。 


姑の母ごころ、嫁として複雑な思い



だけど、 

だけど、祖父母に孫の障害を話したのは、
 別に犯人探しをするためでもなく、 
原因を調べるためでもなく、 

「俺も言葉が遅く、集団行動はできなかった(幼稚園脱走していたそうです)。 
だけど、今はこうして生活しているよ」 

と、明るい方向に話を持っていきたかったとか、 
昔話も交えて笑い話で終えたいとか、 
そういう気持ちはあったと思うけど、 

旦那がそうだからボンズがこう。 

って、強引に話をつなげたつもりはなかったんだけどなぁ。

でも、親心としては当然だよね。 

とは思いつつも、なんだか哀しいような淋しいような気持ちも拭えません。

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

Comment

Re: そうですね~☆

>たいママさん

自分とあちらとの関係が微妙なだけに、本当難しいんですよね★
だけど・・・
わからせようといちいち正面切って話すより、
たいママさんのおっしゃるように、姿勢などで少しずつ伝えるしかないですよね。
まさに、ファイトです!!(笑)

そうですね~☆

なかなか身内の理解も難しいもんがありますよねe-263
言葉で伝えるのも難しいですしね
でも、こっちの姿勢や考え方&自閉症についてを少しずつ伝えていけば、どうでしょうね?
こじまるさん、ファイトですe-287




非公開コメント

カテゴリー
更新カレンダー&月別
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

+ アーカイブ
 
検索フォーム
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

『人間が好きになる名言』


presented by 地球の名言
スポンサーリンク
プロフィール

こじまる

Author:こじまる
H17年6月生まれの長男ボンズ。
自閉症と最重度知的障害を併せ持つ中学2年生。

3才から小集団+個別の療育を受け、
4才から加配付保育園で過ごし、公立小学校の特別支援学級を卒業。
中学からは特別支援学校に転籍。
週に5日放課後(等)デイサービス併用。

「自閉症」はおろか「発達障害」を知らなかったハハこじまると、ボンズの無限の可能性を心酔するチチ、高3の姉コッコ、小6の弟チビスケの5人家族。

Twitter
Bonz counter
スポンサーリンク
絶対!お勧めの本