ご縁があると信じて!たった一軒の「会ってくれた幼稚園」

Category : 日記
あれから一軒だけ会ってくれるという幼稚園がみつかったので、
旦那に休みを取らせて行ってきました。

そしたら、
「保育園の方がいいんじゃない?」
と幼保一体に取り組んでいるその園の園長先生からおっしゃっていただき、
役所に申し込むことになりました。

万が一、ダメなら幼稚園の方で面倒みます、と。



感涙。。。。。



自閉症児の居場所探し、やれるだけやったらあとは祈るだけ



もうね、行く前から感謝、感謝。

これで破談になっても、ボンズは通所施設があるし、チビは今年か来年かここに入れてもらおうって思いました。

何件も何件も、電話だけで断られて、会ってくれる人すらいなかったので、
この時期に「重度の自閉症児なんですが」って言われて、
会う時間を取ってくれただけでも感謝です。


たぶんこれでやれることはみんなやったから、
後は野となれ山となれ…(じゃ、捨て鉢?)なるようになるだろうさ、と、いう気分。


そしたら、願ってもないいい方向に話が転がりそうです。

本当に、やることみんなやったので、結果を、春を待ちます。(ぉっとその前に保育園の申し込みしなきゃ)



ハハダウンで、パパと保育園。初めての展開であっさり登園した自閉っ子



ここ数か月、今までにも増して突っ張っ知ってきたハハ、
スタミナキレでダウン。

幼稚園の見学&面談に行く三日前からどうも体調不良で、
鼻水とくしゃみだけなんだけど、
立ち上がれず、PCを開く気にもなれず。


そしたら翌日に発熱(最高でも38.3℃でしたが)。

翌日に熱は下がったけど、フラフラなへろへろのまま面談(^^;

…もしかして、変に策を練ってなかったからこそ、いい方へ??(笑)


母発熱の翌朝、初めて旦那が仕事を遅刻して、ボンズとチビスケを保育園に連れてったの。

チビスケは、
「やだ、ママとーーー! 今日は行かないー」
なんてぐずってたんですが、

兄ちゃんの方は、
「ジャンパー着なさいよ~」
というパパの声かけに即反応、いそいそと玄関出てってくらい。


「初めての展開に強い自閉症児だなー!」


と密かにびっくりしてたんですが、
保育園に着いてから大暴れしてたそうで(^^;


職員室から園長先生ふくめ全員飛び出してくるような騒ぎだったそうです(笑)


一方チビスケの方は、つら~~~っと普段のノリ。

帰りはママのお迎えだったんですが、

チビには、
「パパ!!」(の、お迎え)

とか拒否られ、
ボンズはまだ帰らないとゴネ…なんなんだよ~~~なのでした。


ボンズの進路については、やることやったので、
後は、どうなることやら結果を待ちます。

そろそろ、新居のことを考えて浮かれポンチになりたいし。


ボンズは、今の、大事なこの安定した生活を、目いっぱい送らせてやりたいです。

あと、2ヶ月くらいでしょうから。。。


ご心配いただき、いろいろ考えてくれたみなさま、
ありがとうございました。

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

Comment

非公開コメント

カテゴリー
更新カレンダー&月別
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

+ アーカイブ
 
検索フォーム
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

『人間が好きになる名言』


presented by 地球の名言
スポンサーリンク
プロフィール

こじまる

Author:こじまる
H17年6月生まれの長男ボンズ。
自閉症と最重度知的障害を併せ持つ中学2年生。

3才から小集団+個別の療育を受け、
4才から加配付保育園で過ごし、公立小学校の特別支援学級を卒業。
中学からは特別支援学校に転籍。
週に5日放課後(等)デイサービス併用。

「自閉症」はおろか「発達障害」を知らなかったハハこじまると、ボンズの無限の可能性を心酔するチチ、高3の姉コッコ、小6の弟チビスケの5人家族。

Twitter
Bonz counter
スポンサーリンク
絶対!お勧めの本