自閉症のキミが好き!

おおらか、マイペース、独創的、ユニークでスペシャルな存在!なのは、自閉症だから? だったら私は「自閉症の」君が好きなんだ

初めての場所で落ち着かない自閉っ子と、自閉っ子の弟の3才児健診  


初めての場所は落ち着かないし不安とはこういうことなんだ



ちょっと更新滞りがちだった間に、
ボンズは児童デイサービス2ヶ所を見学し、
新築の打ち合わせに住宅メーカーを2度訪れ、照明器具のショールームを訪れ、
保育園の個別懇談があったり、発表会があったり、健康診断があったり、
療育の個別があったりしてました。

チビスケ(弟)も3才児健診があり、兄と同じく発表会があり、
コッコ(姉)は学校行事があり、参観日があり、
家族4人とは別行動で従妹の発表会に行ったり、薬をもらいに病院に行ったり。 そんな中、ボンズ、初めての場所ってダメだったんだーーってことを、
新居の打ち合わせの時に思い出させられました。


旦那の実家滞在中だったので、ボンズは義父母には預けられないし…と、
ボンズとチビスケだけ連れてハウスメーカーに連れてったのですが、

チビスケはプレイコーナーで、子守りのお姉さんとひたすら喜んで遊んでいたのに比べ、
ボンズの落ち着かないこと落ち着かないこと…

「あ、そうか、不安なんだ」

ってことを、帰る頃になってやっと気付く始末(^^;

新居を作るという1大イベントに夢中になってたことはもちろんですが、 基本的に自閉症を理解してない感がありますね(なぜ他人事のように??)

2回目に訪れた時は、「今回は少しは大丈夫だろう」と思ってたんですが、
なんと案内されたフロアが違って、玄関まで張り切ってたのをよそに、また落ち着かずウロウロウロウロ…。

さらにその後、照明メーカーのショールームに行くことになったので、
またウロウロウロウロ…。

ごめんよ、ボンズ。
だけど、こうしておうちを作って、春にキミがお引っ越しするんだってことにつなげてくれ(むちゃぶりだな・笑)。


落ち着かない日々の間の発表会、初めての経験なのに頑張りました



だけど、発表会では頑張りましたよ。
前日からホールが「いつもと違う様子」になるところを見せておいてもらったおかげか、
当日、なんとかホールに入れたんです。

ホール関係は、もともと苦手。
さらに、「保育園のホールなら」入って遊べるようになったのに、その「安全な」はずのホールが様変わりしちゃうんだもん、きっとボンズはつらかったでしょうね。

「今日はチビスケ(弟)の発表会だと思えばいい」
と、あきらめの文句もつぶやいてたんですよ、朝。

「前々日からボンズ君の様子がおかしい、ホールを避ける」
って担任から聞いてましたし(笑)、ボンズの天性の勘が働いてたんでしょうしね。

それが、しょっぱなから、
狭いホールで、じいさんばあさんおじさんおばさんでいっぱいの、ステージとは言っても段差もなく客席と一体感のあるステージに、在園児全員登場して歌う、なんて荒業やってのけちゃってくれたんですから、母としてはここで終わっても感無量なくらい。

劇には残念ながら出てこられませんでしたが(桃太郎の犬役の予定でした)、歌は手話付きでやってたし(!)、自分で選んだというカスタネットで演奏もしてました。
お友だちの様子を見て、カスタネットを拾うタイミングやら、遊戯のフリやら、ちゃんと周囲を見てやってました~~~。


こんないい経験ばかりさせてもらっていて、まだ保育園には言えない…。
春には退園するなんてこと…(/_;)



自閉症児の弟の三才児健診では、落ち着きのなさを指摘されました



3才になった弟のチビスケ、いよいよ3才児健診がありました。 

ボンズが療育への道へ向かうきっかけになった、あの3才児健診…。
チビスケがもうそのタイミング。早いなぁ。

尿検査はもちろん、目の検査も、耳の検査もしっかり家でやりました。

だってチビスケとは意思の疎通がラクなんだもん。

「片方の目、押さえるからね、こっちの目で何が見えたか教えてね」
って一言いっただけで、
「はい」って目の検査こなしちゃうんだもん。

そっか~、あの頃のボンズってこれとは明らかにかけ離れてたなぁ…。

うち、3才児健診の時はもちろん、その後療育施設を紹介され、
「障害児氏名」ってところにボンズの名前を書くよう促されても、
ボンズが障害児だなんて夢にも思ってませんでしたから(笑)

今頃になって、
「そっか、普通の3才ってこうなのか」
と、思い知らされるのです。


とか言いつつ。


実は、チビスケもボンズと同じ星出身なのでは?と、びくびくもしてるんです。

ドライヤーの音が嫌い(怖い)。
ヘアカットで泣き叫ぶ。
ちょっとでも服がぬれると着替えると言い張る。
数字に興味を持つ。

これって、これって、これってさぁ~~~~!!


と、ずっと、ずっと考えてたのです。

だけど、それにしては、やたらとコミュニケーションがラクなんです。
それってどういうことなのか?
その謎が解けるのが、3才児健診、な気がしていたのです。

あと、チビスケは、やたらとしゃべったり、教えてくれたり、応えてくれたり、
「言葉で伝えたい!」気持ちはスゴイんだけど、
その言葉がはっきりしないの。

言葉の出だしが「あ」になることが多いし、
語尾だけはっきりしている言葉ばかり。

例)「あんぎょ」⇒「金魚」

これはなんなんだ??


結局、言葉を別室で相談したり診てもらったんだけど、
「う~ん」
ってことで、とりあえず半年後に再検査、って感じ。

「兄ちゃんが自閉症」ってことを言ったせいなのか、
「最初の問診で色がわかってなかったみたいだけど?」
とか、
「普段からこんなに落ち着きないの?」
とか、
「食事の時最後まで座ってられる?」
という疑問まで。


うちの中では、チビスケほど一緒に生活のしやすい「教科書通りの育児」を経験させてくれる子、なので、
「チビスケ、落ち着きないの???」
と超びっくり。

「うちは兄ちゃん基準なので、チビは落ち着きがあると思ってましたけど」
と、軽く笑って流しつつ…でも気になる。

「他の3才児って、こういう時(親が問診中、隣で)おとなしく座ってるものなんですか?」


と、聞いてみた。

「はい、そうですね」

って、言われたんだけど?
今でも「嘘だぁ!!」と思ってます(笑)


保育園で特に言われたことがないのであれば、今(健診)はちょっと興奮状態でいつもと違うのかもしれませんけどね。
って言われたので、うちはそっちの言葉を採用。

だって、たまに保育中を覗くけど、チビってば先生が説明している間ちゃんと座って聞いてるし、家での食事中は前半はきっちり座ってる。
ってことは、お腹の中が満たされて、食べたいものがなくなったら落ち着かなくなるの、あたりまえでしょ。

とか、言いつつ、言われて数日は凹みましたけどね。 


スポンサーリンク


category: 日記

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 8

コメント

ぷ~ちんさん

こちらこそ!
長々書いてしまったものを読んでいただき、ありがとうございますっ。
なんか・・・書いているうちに、何の話だっけ? 何を言いたかったんだっけ?状態でした(^^;
実際目ぇ回ってます~~~(@_@;)

うちも・・・コッコじゃなくて、自分の問題なのかも、と、いつも思います。
もう常に・・・これって自分??端で見たらコッコってイイ子なのでは?とか。
ある意味責任感とかほうりだしたら、子どもがのびのび伸びれるのかも・・・なんて心配にもなります(苦笑)

こじまる #- | URL
2010/12/02 14:22 | edit

近況報告ありがとうございます!!
目がまわりそうなぐらい忙しいのに、
ちらっとどころかたっぷり報告してもらっっちゃてすみません。。。

チビスケ君、3歳時健診だったんですね~
保健所の人の言葉は、気にする事ないですよ。
おとなしくしてるかどうかは、相手との信頼関係だと思いますよ。
うちの4歳の次女も家では、好きな物だけ食べて
あとはプリキュアワンマンショーを握手会つきでやってます。
家族がみんな座ってる時なので、
絶好のワンマンショーのチャンスとばかりに(笑)
幼稚園でも少食ですが、食べれなくても
おとなしく座ってるそうです。

コッコちゃんネタもありがとうございます!
コッコちゃんの抱える問題・・・難しいですね!!
うちのなんの障害もないであろう小3の長女でも
どう接していいのか、分からない事ばかりで
帰宅時間になると憂鬱になる自分がいます・・・
多分、長女が問題ではなく、私自信が問題なのかもしれない。。。

ぷ~ちん #3.TaJfBY | URL
2010/12/02 11:23 | edit

ライムさん

ライム家と同じく、うちも11月はてんこもりでした(T_T)
昨日は家にいながらにして、PC開く暇もなかったんだよぉ~~~。
うちの場合はこのままバッタバタで春まで突っ走るかな・・・
こういう時親の自分の精神状態って、大事だね~~。
なんか、秋から「そこまでキレる必要ないのに」ってところでブチキレたりして(他人に)、ホント自分で自分の首しめてるな~~~って感じがしんどかったーーー。

ボンズのパニックっぷりは、ライムさん想像できてるよね(^^;
チビに関してはホント、初めての定型発達だと思いつつも、時々あやしんだりして、ここで太鼓判押してもらえたら安心できるかな~なんて思ってたんだけど・・・
やっぱり健診でいい思いすることなく終わったって感じ。
コッコは、そうだね、もともとギャングエイジでもあるもんね!
薬の効果を感じるから、本人も楽な面があるんじゃないかと思うんだけど、自覚症状ないらしいの。
だけど、昨日飲み忘れて、さらになかなか宿題に取り掛かれなくて、「薬飲んでないからじゃない?」って言ったら初めて自覚したかも??
そういう自覚の促し方って間違ってるのかしら(^^;

こじまる #- | URL
2010/12/02 10:42 | edit

3人分てんこ盛りだね。
3歳児検診なんて、遠い日の思い出になるつつある今日この頃。
大人しく出来る時間がある子が多かったかな~。

ボンズ君の初めての場所に対する緊張は伝わってくるよう;;
転居先の幼稚園(保育園)も見学してみるしかないよね。
良い情報が有れば良いのに。
新居になった場合、もっと手がかかる事になるかも。
でも、段々周りが見えて来るし、出来る事も多くなってるもの、ゆっくりゆっくりだよね。

チビスケ君も兄弟だからもしやって事が有るかもしれないけど、一番接する時間が多いこじまるさんが判断すれば良い事!

コッコちゃん、薬の効き目があるのなら上手く使って行きたいよね。
コッコちゃんの症状ってどうなんだろ。
ちょうど、ギャングエイジと言われる年頃だしね。
なにか良いトレーニング方法が有ればいいんだろうな。

でも、基本は「褒める」事なんだって。
それがどんなにキツい時も、「良い所」を探すんだって。

こじまるさん自身、追い詰められない様にしてね。
何か有ったらここでもメールででも愚痴っていいからさ。

ライム #- | URL
2010/11/30 12:34 | edit

ゆうマーチさん

これでもか!ってほど予定がつまっていて、
ここで子どもたちの体調ダウンならどうなるか?って綱渡り状態でした(笑)
今週末またバタバタしますが、それが落ち着いたら年内はじっとしていようと思います。
これまでのことでも、いろいろ掘り下げて話したいことがあるんですが、
・・・きっといつまでも後ろを振り返ってうだうだするなってことなんでしょうね、書く暇ないかもしれません(^^;

そうだ、幼稚園だったら、早くても来春入園ですからね、保育園に行ってなかったらまだまだ赤ちゃん扱いしてたと思います(^^;

こじまる #- | URL
2010/11/30 12:04 | edit

burumanさん

こちらこそ、ご無沙汰してますっ
読み逃げですいませんm(__)mっっっ

はい、いよいよ転居を決心しました。
移転先で、根を下ろす予定です。
それで今の保育園とサヨナラしなきゃいけないのが、つらくてつらくて・・・
まだ先生に言い出せずにいます(^^;

そうですよね~、三才になった男の子だもん、チョロチョロしてて全然不思議じゃないと思うんですよね。
ただ、ボンズの時もそう思ってたので(笑)少しは神経質になってるのもいいかな~なんて思ってますが、
チビスケ自身は、私にとってはご褒美のような存在です。
自分で体の不調や、気持ちを説明してくれるのなんて、最高に嬉しい。
burumanさんも、末っ子お姫様との蜜月を堪能されてますか~~。
かわいいですよね~~、三番目♪
そして、夫婦喧嘩のエピソードにも、鞭打ちになりそうなくらいうなづいてしまいました(笑)

コッコの対応、ボンズと比べて難しくって、今でも試行錯誤でうまい方法が見つかりません。
新居のコッコの個室は、とにかくシンプルをめざしたいと思います!!(本人からは反対意見出てますが・笑)

こじまる #- | URL
2010/11/30 12:02 | edit

色々忙しかったですね~お疲れ様でした。
チビスケくんの年齢なら、チョコチョコしてて当たり前だと思いますけど。
幼稚園だったら、まだ一日中親と一緒にいる年齢ですもんね。
それが、親と離れて、先生の話を聞いて、集団生活をしている、というだけでも、私はすごいと思いますよ♪

ボンズくんも発表会頑張りましたね(#^.^#)
良かったですね~~~♪♪♪

ゆうマーチ #- | URL
2010/11/30 05:59 | edit

ご無沙汰してます

すっかりご無沙汰してしまいました。
お元気でしたか?
お引越しされるんですね^^
新居か―、いいなぁ―

ボンズ君頑張ってますね
自分で選んだカスタネットだもん
張り切っちゃうよね^^

お世話になった保育園の先生方や思い出の沢山詰まった保育園とのお別れは本当に辛いものですが、ここでの経験があって、次に進めるんですよね^^

チビスケ君も、もう3才に・・・
育児にそんなに困らないのは、こじまるさんが丁寧な子育てをされているからですよ
ボンズ君との生活の中から自然と身に付いたテクだと思いますよ。

まさか!これはどうか頭の隅っこに置いといて下さい。
この時期はどの子も発達障がい?って思われる点は見られますよ。

うちの次男も、ほとんど苦労せず3歳ぐらいまで育ててきました。
ADHDと言われた時にも、それほど驚きもせず
冷静に受け止められました。
9歳になった今でもそれほど苦労はありませんよ。
きっと、ちょっと変わった子育てが当たり前になっていたんだんぁ・・・って。

コッコちゃんも薬飲み始めたんですね
うちもコンサータ。
お薬は、大切なサポーターですから、コッコちゃんに合った量でより良い学校生活が出来るよう願っています。





buruman #- | URL
2010/11/29 15:24 | edit

コメントの投稿

Secret

カテゴリー

更新カレンダー&月別

検索フォーム

FC2カウンター

Droplet Project

最新記事

最新コメント

メールフォーム

『人間が好きになる名言』

リンク