言葉がない自閉症児、少しずつ言葉が出てきました

Category : 卒園までのボンズの様子

いい発語、NGな発語も 場面にあった言葉が出るようになってきた



DSやってると、よく言葉が出てくるようになりました。

(きかんしゃ)トーマスの知育DSやっていて、
字を読めないボンズに出てきた文字が何か読んでやります。
そうすると、ボンズがその言葉を指す絵をタッチ。 ゲームに「正解だよ!」
って言われると、嬉しそう~~~。

で、「次は?」って毎回言ってたら、ボンズから、
「つぎは?」
って言われるようになりました。


ナイスな発言もあれば、NGな発言も出るのが、大好きな『マリオ』。


どうしてもクリアできないところをやってあげて、
「ありがとは?」
って言ったら、
「あいと!」
って言ってくれます。

最近よく思うんです、促されれば、できることがあるなと…。

名前を呼ばれた時に、「はい、は?」と言うと、「ハイ!」って言うし、
「ごめんね、は?」というと、「ごめん」できたり。

ご飯も、
「にんじん、食べます」
と、差し出すと、いやいやながら食べたり。食事なんて、強要されて、拒否反応出ちゃったら逆効果かと、
毎回ボンズにも出すけど、食べなくてもいいやと思ってたの。
間違いだったかな??

もしかして、毎回ひとくちずつでも、食べさせるべきだったかも(汗)



家族の言葉もよく聞いてます!言い方まで完コピで再現してました



こないだ笑ったのが、マリオの、ボンズのできなシーンをやっていたら、
「じょうす~~~~♪」
連呼されたこと(笑)


でもNGな発言もあって、
「はやく~~~」
って言われました。
…NGと言いつつ、それでも嬉しい母です。


みんなの言うこと、よく聞いてるんだな~と思います。


トミカのタイヤが壊れて持って来た時、
ボンズの手元を見てなかったのですが、
「あらら」「あららー」
って言うから、何かと思ってボンズを見たら、
トミカのタイヤが壊れてしまったことをアピールしてたらしいんです。

いつも、壊れたのを見せられたら、
「あらら~~~」
って言われるもんね!!



ぜひ聞き間違いだったと思いたいのが、
先日療育の個別に行って、先生が出したおもちゃで遊んでいた時、

「じゃま」

と。

おもちゃから早く手をどけてくれって思ったんでしょう…

先生「…ボンズ君、今じゃまって言った?」
母「…じゃま…って聞こえた…(汗)」


場面に合った言葉で、褒めたいんだけど、これじゃダメじゃん!!

…でもすごい、と内心思ってたりして(笑)


テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

Comment

たなともさん

そうよ~~、いいのいいのーーー
言葉うんぬんより、こむぬけ、できることの方が大事~~~
しかも、できてるじゃーん。
「上手に食べれたね~~~」
って(笑)
かわいいな~、そりゃ~ほのぼのしちゃうよね・・・
ってか、
かわいすぎてつい「このままでいて」なんてちらっと思っちゃわない?!!
うちだけかな~・・・そしてその後、「おっと、それシャレになりませんーーー」と否定してみる(爆)

うちと似たような発語状況かもー。

うちもよくパパンが「わー、きれいにたべれたねぇ」とか言われてますw
人に言われたセリフを、言いたいんですよね。
んだからちょっと「あれ?」てなことも・・・。

でも、今はいいんじゃないですかね~?
そのうち学んでく(てか教えてく?)ことでしょう。
今はちょっと「ぷぷっ」って状況を、楽しみましょう~♪

そしてDSはあなどれない。
うちもゲームが先生のような・・・?!
非公開コメント

カテゴリー
更新カレンダー&月別
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

+ アーカイブ
 
検索フォーム
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

『人間が好きになる名言』


presented by 地球の名言
スポンサーリンク
プロフィール

こじまる

Author:こじまる
H17年6月生まれの長男ボンズ。
自閉症と最重度知的障害を併せ持つ中学2年生。

3才から小集団+個別の療育を受け、
4才から加配付保育園で過ごし、公立小学校の特別支援学級を卒業。
中学からは特別支援学校に転籍。
週に5日放課後(等)デイサービス併用。

「自閉症」はおろか「発達障害」を知らなかったハハこじまると、ボンズの無限の可能性を心酔するチチ、高3の姉コッコ、小6の弟チビスケの5人家族。

Twitter
Bonz counter
スポンサーリンク
絶対!お勧めの本