自閉症児と暮らす転勤族一家、家を買う?

Category : 引っ越し

転勤、引っ越しOKな妻と自分の家が欲しい夫、終の棲家を考える



我が家は転勤族。
といいつつ、前回の転勤から5年経ってますが(^^;


うちは、自分も転勤族の家に育ったし、
家族はそろって暮らしていることに意義があると思っているので、
子どもたちが転校続きになろうと、
「あちこちに友だち増えるよ」
と、くっついて歩くつもりでいました。
(持家経験ゼロ)


一方の旦那は、ずっと持家で育ったせいなのか、
「子どもがある程度の年齢になったらかわいそうだから、
いずれ俺は単身赴任する」
と、結婚前からずっと言ってました。


えぇ、結婚前から意見は合っていませんでした(笑)


ところが、子どもが生まれて旦那の意見が一転。
「単身赴任ヤダ」


そうでしょうそうでしょう。
子どもかわいいもん、一緒にいたいでしょう。

やっぱりね、いつも一緒にいないとわからない子どもの成長っていっぱいあるもん。

一緒に暮らしている今ですら、平日はちらっと会う程度。
土日だって半分は仕事に行っちゃってるのに、
離れて暮らしたら、もったいないよ。


それでいて、「家を建てたい」欲求はまた別らしく、
「早くしないとローンが組めない年齢になる」
とか、
「一生賃貸で本当にいいのか?」
と、脅して(?)くるようになったんです。


「そしたら単身赴任だよ?」
と言うと、
「それは…なんとかする」(←どうやって??!!)



変化の苦手な自閉症の息子、ずっと転勤族は無理?



でもね、
実はうちの中でも意見は変わりつつあったんです。
ボンズ君と出会ってから。



自分は変化を好むタイプなので、
人生の曲がり角が来るたびに、今度はどんな出会いがあるのか、
どんな世界を垣間見れるのかとワクワクするんです。

哀しい別れも経験しましたが、
それだって大人になれば、いくらでも取り戻せるんですよ。
それどころか、世界がぐっと近くなった気も!(気のせいかもしれませんが・笑)



だけどボンズは違う。
環境、住む家も通う場所も、道順からメンツから勝手も全て変わってしまうのが転勤。

その都度、過去をリセットして新しい環境を受け入れてくれっていうのは、
想像を絶する苦痛なんだろうと思うと、
旦那の言う「終の棲家を建て、そこで将来を見据えて暮らそう」ということは、ボンズに必要なことなのではと思えてきました。


希望の地へ転勤して家を建てるのが理想、でもそのタイミングは?



 とはいえ、うちらの希望する地域(夫婦の出身地)にまたいつ戻れるかもわからない。
ボンズの就学時には…とは思いつつも、
今は保育園に入ることができ、想像を越えた成長を見せてくれているボンズのこの環境を、できるだけ長く続けたいというのも切実。


一番理想的なのは、
再来年のボンズが入学の春に、
希望の都市へ転勤となり、
同時に新居も得ること。







・・・・・・・・無理でしょ(^^;






それならば!
と、
今年の春は「ボンズが保育園に入ったところだし」とリストから外してもらっていたけど、今度の春はほぼ確実に転勤、しかも希望の地だと旦那が言い張るので、とりあえず住処とする場所を探しはじめるか! ということになったんです。 …長くなったんで、わけます(^^;


テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

Comment

非公開コメント

カテゴリー
更新カレンダー&月別
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

+ アーカイブ
 
検索フォーム
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク
プロフィール

こじまる

Author:こじまる
H17年6月生まれの長男ボンズ。
自閉症と最重度知的障害を併せ持つ中学3年生。

3才から小集団+個別の療育を受け、
4才から加配付保育園で過ごし、特別支援学級を卒業。
中学からは特別支援学校転籍。
週に5日放課後(等)デイサービス利用。

「自閉症」はおろか「発達障害」を知らなかったハハこじまると、ボンズの無限の可能性を心酔するチチ、専門学生の姉コッコ、中1の弟チビスケの5人家族。

Twitter
Bonz counter
スポンサーリンク
絶対!お勧めの本