楽しい記憶のつながり?自閉症児のこだわりの謎

Category : 卒園までのボンズの様子

突然の要求、よくわらないまま応じてみたら…



今朝突然台所にやってきて、

「あれー」

と、指さしボンズ。

なぜか突然、水筒を要求…がわかったからいいけど、
なんだろ?突然。

で、お茶を入れて渡すと、飲まずにななめがけ。

「やばい☆」

家で飲むならいいやと渡したら、
どうやら保育園に持って行きたいみたい。


だいぶ前に(7月か8月)水筒を持って公園に水遊びに行ったら、とても楽しかったみたいで、翌日もまた行きたいと騒がれて大変だったと先生に聞かされたんだけど、もしかして、それ??


そのうち水筒から目と手を離したので、こっそり隠したの。
で、登園の時間になったので、とぼけて出発しようとしたら、
「水筒がない」
と、やっぱりひっくり返って大パニック。
 


要求→渡してくれた=許可された?訂正が効かない朝の戦い



保育園に水筒は持っていけない…

って言ったって、聞く耳持ちません。


時々どうしてもミニカーを持って行きたくなることもあって、
そういう時は、保育園に着いて車から降りる時に渡してくれるんだ。

「握っていたくて、離せなかったんだ。保育園内に持ち込まないならアリだよな」

と思ってたんだけど、

今日の水筒はそうじゃありませんでした(T_T)


水筒持って保育園に飛び込み、
自分の教室で身支度を整えると、ホールに飛んでったボンズ。

ボンズの荷物置き場を見ると、水筒もしっかりかかってました。

これを今、見てないうちにこっそり持ち帰るのは簡単。

だけど、今朝からのあの水筒へのこだわり…
そんなことをしたらどうなるか、火を見るよりも明らか。


先生にわけを話し、水筒を預けました。
さて、今頃どうなってるかな…

ボンズにとっての水筒は、公園での水遊びや遠足など、
とっても楽しい思い出につながってるのは間違いないんだよね。



テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

Comment

非公開コメント

カテゴリー
更新カレンダー&月別
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

+ アーカイブ
 
検索フォーム
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

『人間が好きになる名言』


presented by 地球の名言
スポンサーリンク
プロフィール

こじまる

Author:こじまる
H17年6月生まれの長男ボンズ。
自閉症と最重度知的障害を併せ持つ中学2年生。

3才から小集団+個別の療育を受け、
4才から加配付保育園で過ごし、公立小学校の特別支援学級を卒業。
中学からは特別支援学校に転籍。
週に5日放課後(等)デイサービス併用。

「自閉症」はおろか「発達障害」を知らなかったハハこじまると、ボンズの無限の可能性を心酔するチチ、高3の姉コッコ、小6の弟チビスケの5人家族。

Twitter
Bonz counter
スポンサーリンク
絶対!お勧めの本