自閉症のキミが好き!

おおらか、マイペース、独創的、ユニークでスペシャルな存在!なのは、自閉症だから? だったら私は「自閉症の」君が好きなんだ

自閉症児、保育園でお昼寝はできる?ストや発熱で徹底抵抗  


しゃべれないけど、言葉や状況を理解しているからこその登園拒否



週が明けても、ボンズの登園拒否は続いております。
まずは、園バッグを持つこと拒否です。

おとなしく車には乗って保育園まで来るのですが(歩きじゃとても通える距離じゃありません)、
降りるのを拒否。

ところが、昨日はわりとあっさり降りたんですよね。
「じょじょに、自分の気持ちも切り替わってきてるのかなぁ」
なんて思ったのですが、

なんと、今度は玄関に入るの拒否です。
そうきたかーーーーーー。

なんとか入っていただいて(強制収容は最後の手段なので、なんとかご機嫌をそっちにもってってもらおうと必死)、
そしたら今度は教室に入るの拒否、、、で、
チビスケ(弟、2才)の前年度の教室に立てこもり…
あーーーそっちも好きなんだ?(一番好きなのは一時保育の部屋)


呼んでももうきてくれなくなったので、
その場で帽子やパーカーなどをはぎとって、それで登園したことにしました(笑)

しかし、チビスケの身支度を終え、母が保育園を出ようとする頃には、
ボンズの泣き喚き暴れる声が。

どうやら1才児の部屋から出されて、本来の教室に入らされたらしい(笑)
加配の先生はお休みで、たまに会うおばちゃん先生と一緒。

なんで暴れてるんだろ? 何が嫌なんだろ…。

先週「もう泣かせないように」と副園長先生が、1才児の部屋でおもちゃを出して遊ばせてくれてたから、その時の何かで遊びたいのかな?
「ママはまだかな?」って様子を見に教室から出てきたところで母と遭遇、そのまま帰ってきちゃったから、心残りがあったのにやめさせられたのかな。


結局昨日はそのままお昼も食べず(デザートのオレンジだけ食べたそうです)、
ストのまま(一時保育の部屋にたてこもり)お迎えとなりました。

「明日からお昼寝に入るんでしょう?」

と、おばちゃん先生。

う~ん…
確かに心配も多いし、不安も…。
もしかして逆効果かな~~~とか、悩む場面ではあるんだけど、

「でもこの状態で(ボンズはもう保育時間を長くする相談しているの知ってるから)、
いつまでも引っ張るより、やっちゃった方がいいんじゃないかと…。
家でも知らせることは知らせて、練習もしてるので、ボンズは何が起ころうとしているのかわかってるはず。
後は先生にお任せするしかないです。
N先生(加配)とボンズの関係で判断してもらいます」
と言ってきました。


風邪?知恵熱?お昼寝決行前夜に謎の微熱!言葉にならない抵抗?



そしたら、
夜になってボンズがベタベタ…。
なんだか長々おしゃべりしながら(もちろん言葉にはなってませんが)、膝の上で丸くなろうとしている。
赤ちゃん抱っこ??(でかいんですけどー)

景気づけに(?)今日はボンズの好きなから揚げ♪にしたのに、
全然食いつき悪かったし、
もしかして…?
と、熱を測ってみたら、37.3℃。
ビミョーーーー。


でもテレビの前で毛布に包まってみたり、
パジャマに着替えさせたらさっさと布団に入ってみたり、
そうこうしているうちにパパが帰宅、
パパを誘って二人で寝ようとしたり、

アキラカニアヤシイ…( ̄ロ ̄lll)


ちょっと前に、チビスケが熱だけの風邪を引いたけど…それ?

それとも登園拒否の最終形?…明日からお昼寝だし。

それとも、「お昼寝、いまか、いまか」と思ってるための知恵熱??


布団に入ったらあっさり爆睡。カナリアヤシイ(汗)


が、夜中は熱がない気がする。
何度も何度も目が覚めて、触ってみたけど、おでこは冷たいくらい。


が、朝方何度も何度も起きてウロウロしてる…なんなんだ??


今日はチビだけ保育園で、
「先生ボンズだめだわ~~~」
ってボンズを病院に連れてくことになるかと思っていたら、 朝、熱を測ってみたら、36.5℃。
平熱じゃん。

「もう一回測らせて」
って言ったら、拒否って暴れ(元気な時はボンズ熱を測らせない。黙って測らせる時は、結果を見るまでもなくアヤシイのだ)、それでも36.7℃(暴れたのに)。


「なんだーーーやっぱ元気なんじゃん。知恵熱?
なんだかんだってさ~~~給食食べてーーーお昼寝してーーーーおやつ食べたらお迎えに行くっつってるだけなんだからさーーーうだうだ言ってないで一度やっちゃえばいいのさ。そしたらなんだこんなもんかって思うからーーーね、おやつ出るんだよ、おやつ! あんた保育園でおやつが出るなんて知らないっしょーーー?」


実はうちもビクビクしてたもんで、その反動もあってか、
ボンズには拾えないだろ!ってくらい、べらべらしゃべりだしました(笑)

そしたら、何かを感じたのかボンズ、突然元気に跳びはねだし、
元気に遊びだしました。

あきらかに、昨日の朝のボンズとは様子が違う。

晴れ晴れとした顔で、
朝食をもりもり食べ(昨日はほとんど食べてない)、保育園に行きました。


時間をかけて切り替え完了?とうとう保育園での午睡へ



駐車場ではやっぱり車から降りず、
今までで一番時間もかかったけど、
最後は自分から降りてきて、ちゃっちゃか玄関に入り、靴を下駄箱にしまって教室へ。
加配のN先生が待ち構えてくれていて(お母さん今日も戦ってましたねーーーといわれました・笑)
今日も一日スタートです。


「泣いて泣いてどうしようもなくなったら電話します」
と、N先生。
「できれば最初だから、なんとか楽しく過ごしてもらいたいんですけどねぇ」
という母の思惑。

さて、
どんな顔してるボンズと再会することになるかな??


あ、そうそう、今朝も出かけにリュックを引っ張り出してきて、
大事なトーマスや絵本を背負って出かけたの。

GWの帰省が楽しくて、そこにまた行きたいというアピール?
と、前回は思ったんだけど、

後から思い出したことがあります…

前年度(2月頃かな?)、コッコ姉ちゃんの参観日が午後で、2時までお願いした時、
その時の加配の先生が、
「お守り程度にボンズ君の好きなおもちゃを、ちょっとだけ持ってきて」
と、言われて、
小さな巾着にトミカトーマス2つ入れてお渡ししたんですよね。


お昼寝(午後保育)=おもちゃ持参、、、、

ってイメージできてたとか??!!

考えすぎかな?(^^;


スポンサーリンク


category: 保育園生活

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://cojimaru29.blog56.fc2.com/tb.php/262-2e5c82b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリー

更新カレンダー&月別

検索フォーム

FC2カウンター

Droplet Project

最新記事

最新コメント

メールフォーム

『人間が好きになる名言』

リンク