登園拒否第二弾、対応の極意を見たり!

Category : 保育園生活

連休明けの行き渋り?お昼寝拒否の開始?登園拒否再び開始




昨日、5連休明けのボンズ、
保育園の駐車場までは普通だったのに、そこから降りるの拒否。
保育園に行きたくない?!


「そうかー」
と、連れて帰るわけにもいかないので(本当は連れて帰ってもいいけど・笑)、
説得に応じず、最後は強制収容。


保育時間長くなる話を聞いてから、
お昼時になると大パニックでスト突入中のボンズ。

持参した主食は絶対食べず、自分できちんと片付けてバッグにしまい、
デザートすら「食べるもんか」状態で、
「一時保育の部屋」に篭城するらしい(一番好きな場所)。


さらに5連休中、母の実家、父の実家と泊まり歩いたのが結果として楽しかったのかな?
(母としては悲惨でした…そのうちぼちぼち愚痴らせてください)


登園拒否は誰にでもあることだろうし。
だけど、ボンズは最初が肝心。
「ぐずれば帰れる」
と思われては悲惨。

だけど、無理やり押し込んでしまっては逆効果。


登園拒否も二回目なので、ハハも冷静に対応できました。そのコツは…



今朝は出掛けから抵抗にあいました。
園バッグ拒否で、自前のリュックをしょって出発。
「おいていきなさいよ~~」
と、どさくさにまぎれて中身を覗いたら、
トーマス絵本二冊と、トミカトーマス多数。

これ、実家に泊まりに行く時に持たせたボンズの荷物なの。
やっぱり帰省楽しかったのかなー? つらかったんだろうと思ってたんだけど。


どのタイミングでとりあげるか考えつつ、保育園に到着。
車のドアを開けて、シートベルトを外すと、また降車拒否。

今日はどうしよっかなーーーと考えて、
そのまま黙って立ってました。

このまま5分でも、10分でも、先生達がびっくりしてしまうくらい、
黙って付き合おうと。

そして、こちらからの情報を渡さないようにしました。
登園拒否も二回目になると、ハハにも余裕がありますね!(笑)


媚びず、怒らず、焦らず「無」になるべし!



こちらからの情報というのは、
ボンズは声色や、話す内容でいろいろ判断してると思ったので、
声を出さないでいることにしたんです。


上目遣いでこちらを盗み見るボンズ、
時々ぶつぶつとつぶやいている…。

そして、いろいろ考えてるんだろうな~。
「ママすごく怒ってるのかな?」とか。


一度、「行こう」って手を差し伸べたら拒否されたんだけど、
その拒否の仕方が本気じゃなかったので、

もう少しで落城!!!(笑)

と、さらに黙って立ってました。


怒りもせず、
笑いもせず、
イライラもせず(これが難しい!!)



そしたら、自分からナニゴトもなかったかのように降りてきて、

「ちょっと待って、チビスケ降ろすから!!」
という声にもその場で立って待っててくれました。
(ここまで黙って待ってたチビにも拍手!)


そのまま喜び勇んで登園…とはいきませんでしたが、
しぶしぶ(笑)玄関まで入ってしまうと、走って教室へ。

そして、身支度を整えると「一時保育」の教室へorz

課題は山済みのまま後退しちゃった感は否めないけど、
ボンズもいっぱい考えて、戦って、そして前に進もうとしている…のを感じられました。

頑張れボンズ!
いつまでも付き合うからね!!


テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

Comment

たなともさん

カウントダウンか~~~
そっかーーー親もやってやれること、いろいろありますね。
うちはまだまだ頑張り足りないなぁ。そっかー。なるほどぉ"φ(・ェ・o)~メモメモ

そうそうそう、本人が納得するまでやらせておいたら、その後の切り替えがポンって簡単にできちゃったりしますよね。
何でもどこでも付き合うぞってドンと構えてられたらいいんですけど・・・実際は「早く」ってこっちにあわせることを要求しちゃって・・・。
腹は太いんですが、懐のでかい親になりたいっす(T-T)

また、たなともさんちのアイデア聞かせてくださいね~~(マネしますから( ̄ー ̄)ニヤリッ)

No title

お疲れ様でした~(^_^;

行き渋りはどんな子にもあることだけど、
彼らは思いを口に出して発散することが出来ないから不憫ですねぇ。

うちは今回のGW、カウントダウン形式の写真カードスケジュールにしたので、
「あー、あとこんくらいで園だ」ってのがわかってたみたいですw
納得して行きましたけど、やっぱどっか不満抱えてんでしょうね~。
バス見たら両手でお顔を隠してますw
今日は参観だったけど、何かテンションひっくーい感じでしたわ~。

こじまるさん、よく我慢されましたねぇ。
なかなか出来ることじゃないですよ。

そう、いっぱい・・・きっと私達大人よりもいっぱい色んなことを考えてるのですよね。
だからしんどくなっちゃう。
時間かかっても、自分で見つけた答えなら、納得出来るんだけど。
根気よく付き合っていくことが、一番の近道なんですよね。
・・・難しいけどぉっ(^_^;
非公開コメント

カテゴリー
更新カレンダー&月別
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

+ アーカイブ
 
検索フォーム
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク
プロフィール

こじまる

Author:こじまる
H17年6月生まれの長男ボンズ。
自閉症と最重度知的障害を併せ持つ中学2年生。

3才から小集団+個別の療育を受け、
4才から加配付保育園で過ごし、公立小学校の特別支援学級を卒業。
中学からは特別支援学校に転籍。
週に5日放課後(等)デイサービス併用。

「自閉症」はおろか「発達障害」を知らなかったハハこじまると、ボンズの無限の可能性を心酔するチチ、高3の姉コッコ、小6の弟チビスケの5人家族。

Twitter
Bonz counter
スポンサーリンク
絶対!お勧めの本