自閉っ子はGPS標準装備?方角に強い謎

Category : 卒園までのボンズの様子

なぜか方向がわかる自閉っ子の不思議



昨日、公園に行こうと思ったら、これを渡らないとA公園には行けないんだよ?っていう交差点で、信号を渡ることを拒否。
ニタニタと別方向に歩き出したので、ついてってみたの。
なんだか楽しそうに歩くボンズ。
今日は公園じゃなくて、散歩の気分かな?

あ、もしかして、公園に行って、コンビニ行って帰ろうって話してたのを聞いて、
コンビニにフライング?

「まぁそれならそれで…」

と、コンビニに行く信号を渡らせようとしたら、それも拒否。
そして逆方向へ。

「あり????」

なんだなんだと思っていたら、
ボンズの足はB公園へ。

「こっちの公園か!!」

どうやら今日はB公園の気分だったのね。
公園が見えたら、

「あ、あったー!」

って言って走り出したよ。
しかしこのルート…。
車で出かけるときに使うルートで、B公園に来るつもりで歩いてくる時には使わない道なんだよねー。

最初はA公園に行くつもりだったので、信号までは車を使う時と同じルートなんだけど、
そこから軌道修正しちゃうなんて、さすが、すごい。


信号の位置関係さえわかれば、どこにでも行ける?



で、
「そろそろコンビニ寄って帰ろうか」
って言ったら、即座にスイッチオン!

よっしゃ~~~と張り切って公園を出たら、
「そっちじゃなーい、こっちーーー」

こだわりがなければ、それで着いてきてくれるんだけど、
今日は絶対やだって。
靴を飛ばして抗議(←拒否や抗議の時は靴飛ばすの)。


道端でさんざ交渉し、泣かし、どうしたもんかと冷静になって考えてみたら…

確かに、ボンズの行きたい方向の先にコンビニがあるの。
だけど、その間に信号がないので、うちはちょっと戻る形になるけど、別方向を指してたんだよね。

どうやらGPS搭載で、方角がわかるらしいボンズ。
そっちに行ったら「家に帰るんだ」と思うんだね。

だけど、どうしても、うちはボンズを「信号を渡って」歩かせたい。
確かに以前そっち方向でコンビニに行ったことがあるけど、あの時は車だったじゃーん!

「信号、ね、信号渡ってコンビニ。
あっちは信号、ないの。
こっち、信号、渡って、コンビニ」

わかったのか、泣きつかれて抵抗するのも嫌になったのか、
ベタベタと和解行動に出たので、
オンブしました。

「信号、信号、信号渡ってコンビニーーー」

信号を渡ってから、コンビニを指差すと、
やっとこ張り切りだしたボンズ。

自ら降りて、元気に走り出したよ。

ボンズが方向に強いこと、わかってないと今後もたっぷりもめそうだ★


テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

Comment

たいママさん

やっぱ搭載されてる?!
たいちゃんも??!
じゃあ自閉っ子に標準装備なのかなぁ~~~やっぱりねーーー違う星に行くのなら、必要だもんねぇ・・・GPS・・・
じゃなくて(笑)

ホント、これでもかなり交渉できるようになってきたんだけど、
「お願い、ママを信じて。あんたのしたいことわかってるから!!」
って必死なんだよ(笑)
必死すぎて、入っていかない??ってこともあるかも!!

お疲れ様でした!

分かるよ!とってもよく分かる(笑)
うちもそんなの多々ありっ!!
道の記憶は、すごいよね!さすが、自閉症児!!だよ☆
>そっちに行ったら「家に帰るんだ」と思うんだね。
↑うちもこういうのでもめるんだよね~
そして、
>「信号、信号、信号渡って・・・コンビニーーー」
↑私も同じようにつぶやくながら、誘導してるよ(笑)
ホント、彼らには、GPS搭載されてんだよ!きっと(笑)
非公開コメント

カテゴリー
更新カレンダー&月別
02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

+ アーカイブ
 
検索フォーム
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク
プロフィール

こじまる

Author:こじまる
H17年6月生まれの長男ボンズ。
自閉症と最重度知的障害を併せ持つ中学2年生。

3才から小集団+個別の療育を受け、
4才から加配付保育園で過ごし、公立小学校の特別支援学級を卒業。
中学からは特別支援学校に転籍。
週に5日放課後(等)デイサービス併用。

「自閉症」はおろか「発達障害」を知らなかったハハこじまると、ボンズの無限の可能性を心酔するチチ、高3の姉コッコ、小6の弟チビスケの5人家族。

Twitter
Bonz counter
スポンサーリンク
絶対!お勧めの本