自閉症のキミが好き!

おおらか、マイペース、独創的、ユニークでスペシャルな存在!なのは、自閉症だから? だったら私は「自閉症の」君が好きなんだ

密かな野望、自閉症を一瞬で世界中に周知してもらう方法がある  


自閉症は個人差が大きく、見た目でも、説明されても理解されにくい障害



自閉症パラダイスを作ったら、
ボンズはそこで幸せに暮らしていけるのか?とちらっと考えたこともあるけど、

やっぱそれは違うっしょ。

その方が、本人たちは楽で幸せかも知れないけど、
親の自分が「追いやった」気分になるもんなぁ。

みんなと同じ、ひとつの世界で、
無理なく、押し付けられることも摩擦もなく、穏やかに暮らしていけるのが理想。

そのために、何をしたらいい?
何ができるんだろう?
何をすべきなんだろう??


「自閉症」の特性が一般に認知され、
さまざまな「こだわり」や「ひっかかり」が、「甘え」や「わがまま」なんかじゃないんだ、ってことをわかってもらうのが一番なんだろう。

だけどさ…

親の自分ですら、
「なんでこれくらいわかんないの?」
「これくらいガマンしなさい」
「ダメ? わがままだな~~」
って思ってしまうんだもん、「一般に認知」って、相当道のり遠そうーーー。


そこで、
力を借りたいのは、「大きな影響力」を持つモノ、人、文化。


マイケルジャクソンやビートルズが「愛こそが全て」「世界はひとつ」と歌えば、
たとえ彼らの死後も、その影響力は残ってる。
それってすごいことだよね。

政治家がいくら国を、世界を変えて行こうと尽力したって、
一曲の歌にはかなわない。


自閉症を、一般に認知してもらう、最大で、最短で、確実な手法を思いつきました。


聞きたい? 聞きたい??(笑)


それは、スタジオジブリよ!! 


自閉症を一瞬にして周知、アニメやドラマ、歌などの芸術が力を貸してくれたら



うちの子供たち、みんな2才からジブリ作品にはまります。
幼児にこの影響力!
メッセージ性があきらかで、年齢を問わず感性に訴えかけてくる作品を多く作ってるってことなんだろうね。
ここで主人公が自閉症のアニメーション、作ってくれないかなぁ!

テーマが自閉症じゃなくても、自閉症に触れる話じゃなくても、
アニメになったら、見る人も、自然に、「自閉症を理解させようとされてる」って思わずに、受け入れてくれるんじゃないかなぁ♪

うちもね、
「○○っていう障害は、こうこうこういうものだから、
マチでこういう人に会ったらこう対応しなさい」
とか、
一方的に言われたら、やっぱりその気があっても、うまく理解しようって前向きな気持ちにはならないと思うんだ。


今はわが子かわいさのあまり、
「どうにかして、息子が幸せに暮らしていける社会を!!」
と、無い知恵もひねるけど、

無関係だったら、やっぱり「押し付け」はうっとうしいもんなぁ。


で、考えたのが、あの、「世界のジブリ」の威を借る作戦(笑)


理解は内側から湧き上がってくるもの、押しつけは迷惑だと親でも思う



ふと思いついたこの野望が、
再びよみがえったのも、「光とともに…」の原作者の訃報を聞いたから。

うちがあの漫画を読み始めたのは、
「自閉症児」のいない複数の母親に「おすすめ」されたからなんだよ。

最初に聞いた時は、自閉症児抱えて、自閉症児の漫画なんてと多少抵抗があった。
そんな徹底的に落ち込ませなくてもいいじゃん!と(^^;

だけど、読んでみたら違ったのね。
「自閉症ってなに??」
って部分を、
最初は「なんとなぁ~~く」理解できて、
時間を置いて読むと、さらに理解は進んで、
またさらに読むと、それまで気づかなかったボンズのことに気づかされて。

ドラマになったというのも後から知ったので、
どんだけ世の中で「自閉症」を知らしめる大役を担っていたのか、
リアルタイムで知らなかったことが、今はちと悔しいけど☆


「自閉症? あ、なんか聞いたことある…。
なんか、しょうがないんだよね、こういう時は」


その程度でいいから、いや十分だから!!

「何なのこの子は?」
「親はなんとか押さえつけろよ、しつけもしてないのか」
みたいな視線が、ちょっとでも減ってってくれたら…。

これからどんどん自閉症児(者)が、同じ世界で一緒に溶け合って生活していける世界になる、その先駆け的な指導者を失ったような衝撃。

志途中で急逝された戸部けいこ先生に心から哀悼の意をささげます。

それとと同時に、
自閉症児(者)たちの明るい希望が決して途絶えませんことをお祈り申し上げ…

いや、うちは親だから、祈ってるだけじゃいかんな。
動かんと。


スポンサーリンク


category: ハハのキモチ ~’14

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

コメント

nagaさん

むちうち、大丈夫?(笑)
共感してくれて嬉しいな。
だよね、そうなんだよね。
「あ・・・なんか知ってる・・・」
って言われると、説明大変だしさ、嬉しいよね! ホッとするというか・・・

そうだそうだ、マラソンの話もそうだよね。
映画もそうだけど、漫画も・・・見るのが怖いっていうの、わかるな~~~。
まだ「自閉症」と向かい合って日が浅いしさ、
怖いよね。
うちもそろそろ一年になるかなぁ、ボンズの自閉症と向き合って。
もっと強くならなきゃね・・・。

こじまる #- | URL
2010/02/02 22:57 | edit

ぷ~ちんさん

あ、ありがとう!!!
さっそくパッケージは確認してきましたっ!
ぜひともレンタルで挑戦してみたいと思いますっ(買うのは断念・笑)

映像特典が本当すごい!ぜひともそこがみたい(笑)
でも「自閉症だった私へ」が参考文献って・・・
どこまで参考になってるのかわからないけど、あれを読んでドラマ化しようと考えた人の発想ってすごいな~~~。

ドラマのタイトルわかって、すごく嬉しいです。
ぷ~ちんさん、ありがとう~~~~。

こじまる #- | URL
2010/02/02 22:55 | edit

ライムさん

あぁ!!
灯台下暗しっ、業界人がここにいた!!

お手紙ね、きっと書くなら手書きだよね・・・

っていうかさ、
うちもアニメにするなら、主人公がうちみたいな自閉っ子の親ならダメだと思うんだ、作品的に・・・なんていうか・・・サスペンスになっちゃうっしょ(笑)

日差しのキラキラ、水面のキラキラ、
道路にくるくる、あっちもくるくる・・・なんてメルヘンなんだ~~~
世界ってきれいだーーーーって思ってるのがボンズなら、
そのボンズ目線でのストーリー展開で。
そして、突如さえぎる周囲の大人たちの声、手、その衝撃・・・とか・・・ね。

で、どういう話になるんだ?って言われたら困るんだけど(笑)

こじまる #- | URL
2010/02/02 22:53 | edit

分かる~!

こじまるさ~ん!読んでて、そうそうそうなのよ~!!!っと、
私もむちうちになる程うなずいてしまいました~。

ジブリへの野望、いいですね。私も大賛成。

自閉症のドラマも色々ありましたよね。
韓国映画のマラソンとかもそうでしたっけ?
日本ではドラマで嵐の二ノ宮くんがやってましたね。

光とともに・・・もドラマは本当に沢山の方が見てて、
自閉症なんです・・・と人に言うと、
「あ、あの光くんの・・・」と言われる事多いです。
凄いですよね。
本当に残念です。
ドラマは見たんですが、実はマンガはまだ読んでないんです。
なんだかちょっと読むのが怖くて・・・
でも、ちょっと読んでみようかな・・・。図書館にもあるし。
そういえば療育センターにもあったなぁ。

naga #xtc7akX2 | URL
2010/02/02 14:25 | edit

君が教えてくれたこと

横レスですみません。
「ともさかりえ」さんのドラマは
「君が教えてくれたこと」だと思います。

私はちらっと観たけど、内容はほとんど覚えていなくて・・・
調べてみたら、こじまるさんが本を紹介してくれた
「ドナ・ウイリアムズ」さんの「自閉症だった私へ」が参考図書になってました。
DVDにもなっていて、最後には、監修に携わった人達の言葉が入ってるそうです。

1巻は、杉山 登志郎 医学博士 
2巻は、アスぺ・エルデの会の辻井 正次教授
3巻は、当事者のニキ・リンコさん と ドナ・ウィリアムズさん
4巻は、脚本家の武田 百合子さん

この、言葉がかなりお勧めだと
どこかのサイトに書いてありました。

もし、DVD観る事があったら
また感想を教えてくださいね♪

ぷ~ちん #3.TaJfBY | URL
2010/02/02 14:00 | edit

No title

思い切って、宮崎さんに手紙書いてみる!ってのは?
まあ、どれだけ、ファンからの手紙に目を通しているか疑問だけど;;
あと、高畑勲さんの方が社会的な問題に関心有るかも;
もし読んでもらえたら、作品作りのネタの一つ(きっかけ)にはなるかもね。
ジブリは保育園を運営しているから、子供の成長には関心が有るんじゃないかなって。

ただ、ジブリの作品の傾向として、アニメならではの表現を求めているから、日常の生活を表現する作品は作りたいと思うかどうか。
もちろん、「おもいでぽろぽろ」とか「海が聞こえる」があるから、アニメーション(ファンタジー的な)の表現を入れれば可能ではあるけどね。

ライム #- | URL
2010/02/02 13:57 | edit

Miさん

草なぎ君のドラマ実はまだ見てないんだー。
そういうのがあると知ったのも最近のことで、
しばらくテレビドラマなんてチェックする余裕なかったからかなー。(その代わりネットはしてたけど)
ぜひ、機会を設けてでもみたいですっ。
あと、光君の漫画の中で出てたんだけど「ともさかりえ」ちゃんも、ドラマやってたんだって・・・
いつのことなんだか??

ドラマでも、アニメでも、やっぱり「ちらっとでも」知っているという人が増えてくれたら、ボンズたちにとって絶対生きやすくなると思うので、どんどんドラマ化&再放送してもらいたいです!!

こじまる #- | URL
2010/02/02 10:01 | edit

No title

ジブリ案。
身近でいいですね。
親子で見れますものね。

私は光くんのドラマ。
好きで見ていました。
漫画の方では、成長した光くんに会えるのですね。
今度、探してみます。
ただ・・・作者の方の訃報。
残念です。

そうそう、自閉症のドラマとして、
草クンのドラマ。
「僕の歩く道」もありますね。

こういうドラマを見る事で、
ちょっとだけでも、理解できる機会が増えるといいですね。

Mi #dJEnmy1k | URL
2010/02/01 22:27 | edit

たいママさん

うふふ♪
発想はよくても、身の丈に合わない超ビッグな野望だったよ・・・
だけど、希望は捨てちゃだめよね~~~

あ、ドラマの再放送!!
それなら手っ取り早くて一番実現早そうな希望だなー!!
何回も何回も再放送してもらえたら、それだけ見てくれる人増えそうだもんね。
うちにはDVD-BOXがありますけどv( ̄ー ̄)v

こじまる #- | URL
2010/02/01 10:33 | edit

hidamari-osanpoさん

hidamari-osanpoさん、はじめまして!
コメントありがとうございます!!

ジブリ映画化への道は険しそうですー(笑)
まずうちに「創作」ができない・・・
絵心もないので絵コンテも無理です(^^;
第一、ジブリに交渉することができません!!
でも・・・いつか誰かが取り上げてくれることを祈って・・・希望は捨てずに無い知恵ひねり続けます!

読み逃げ大歓迎ですっ。
また覗きにきて、そして声を聞かせてくださいね。

こじまる #- | URL
2010/02/01 10:30 | edit

そうたママさん

ご賛同ありがとうございます!!
でも・・・ジブリにいきなり送りつけても見ないで返すよ~~~的な一文を、ジブリHPで見て凹みました(笑)
確かに・・・同じようなこと考える人はたくさんいるんでしょうね。

韓国で漫画になってるんですか~~?!いいなぁ・・・
欲しいけど、韓国語がわかんないしなぁー。
その積極的な取り組みが心強く感じますよね、日本でももっとどんどん自閉症等発達障害を扱って欲しいなぁー。

「となりの宇宙人」(笑)
いいですね、それならインパクトあって人目を引きそうv( ̄ー ̄)v

戸部けいこさんの訃報をいつまでも嘆いているより、
すばらしい作品を世に送り出して広めてくれたことに感謝しなくちゃいけないですね・・・
さ、また光とともに・・・読み返そうっと♪

こじまる #- | URL
2010/02/01 10:28 | edit

ぷ~ちんさん

ご賛同ありがとうv( ̄ー ̄)v
ぷ~ちんさんも、「光とともに・・・」お勧めしてくれた一人でしたね。
自閉症児のいないお母さんたちが、興味を持って読んでしまう・・・そんな作品でもあるんですよね。
うちにとってはバイブルでした。
ホント、途中で終わってしまうにはおしすぎます。
アニメ化、いいですね~~~。
漫画本でもアニメ映画でも、万人にとっつきやすい形で、どうにか生き続けて欲しい作品です。

お祝いありがとう。
全然「まいばーすでー!!」って感覚もなく終わってしまいましたが(^^;

こじまる #- | URL
2010/02/01 10:23 | edit

いいね~♪

さすがっ!こじまるさんっ☆
目の付け所がいいね~!!
私もその野望(笑)に賛成ですっ!!
確かに、ジブリの影響力はすごいし、万人の人に見てもらえるものねっ

ぷーちんさんのそのまま漫画のアニメ化も素敵だし、なんならドラマの再放送でもやって欲しいくらいに思ってます!

たいママ #- | URL
2010/01/31 18:02 | edit

はじめまして

昨年の11月くらいから、読ませていただいていました。
うちは実弟が知的障害を伴う自閉症で、私の長男(今、年長)が
軽度の知的+自閉+ADHDだと診断がついています。

ジブリ・・・いいアイディアだ!!確かにそうかも、実現できたら
とってもステキだ!!と思って、思わずコメントを書いています。
なるほどなあ(・_・)と思ったものですから。
これからも、読ませていただきたいと思っています。
よろしくお願いします(´∇`)

hidamari-osanpo #- | URL
2010/01/31 06:17 | edit

ジブリ!

こじまるさん こんにちは^^

確かにジブリはいいアイデアだと思います!!
それが「となりの宇宙人」とかいうアニメになったとしてもっ!(トトロにもじってみました(;・∀・))
韓国では、明石洋子さんが書かれた著書が漫画化されており(韓国のみです)
韓国の小中学校に置いてあるそうです。
自閉症への理解を、小さいうちから知ってもらっておくことが狙いだそうです。大人になってからでは柔軟性がないので難しいとか・・・
だから自閉症の徹之さんは韓国では大変有名なんだそうですよ。

ご近所で買い物の練習をお願いするシーンなど、徹之さんのエピソードも「光とともに・・・」の中にもたくさん描かれています。
戸部さんの訃報はすごくショックでしたね。
素晴らしい作品を残していただいたことに
今は感謝するばかりです(´;ω;`)

そうたママ #qbIq4rIg | URL
2010/01/30 16:36 | edit

同じ気持ちです。

昨日こちらで、訃報をしり

あまりにショックで、コメントできませんでした・・・

52歳という若さで、本当に残念です。

光君のお母さんの懸命な姿に
毎回、涙なしでは読めない作品でした。
これを読んでもっと自閉症の事を知りたいと思いました。

途中で終わってしまうには
あまりにも、惜しい作品です。

自閉症児とその家族の方にとっても
一つ、一つ困難を乗り越えていく
光君とその家族の姿は
希望の光だったのではないでしょうか。

戸部さんの志を、受け継いでくれる方が
作品を続けてくれることを願って

心より、ご冥福をお祈りします。

ここまでは某所のコメントと同じですが
「密かな野望」いいですね!
ジブリの前にワンステップおいて
「光とともに」をそのままアニメ化希望です。

自閉症児のいない(今のところ)母の一人ですが
こじまるさんとまったく同じ気持ちです。

これからも応援してますね。
1日遅くなりましたが、誕生日おめでとう!
素敵な1年になりますように。

ぷ~ちん #3.TaJfBY | URL
2010/01/30 15:22 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://cojimaru29.blog56.fc2.com/tb.php/213-066f3e31
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリー

更新カレンダー&月別

検索フォーム

最新記事

オススメ

最新コメント