自閉症のキミが好き!

おおらか、マイペース、独創的、ユニークでスペシャルな存在!なのは、自閉症だから? だったら私は「自閉症の」君が好きなんだ

自閉症という診断結果  

自閉症の診断を受ける


先月受診した病院で、ボンズのテスト結果を聞きました。

「自閉症です」


そのことに関しては、この数ヶ月間、
調べたり・・・調べたり・・・調べたり・・・で、

「どうにもこうにもボンズは自閉症だ」

としか言いようがない事実に気づき、
納得し、
そして今後の対策を!

と、考えていたところだったので、
意義も異論もなく、

「はぁ・・・」

と答えて帰ってきました。
(病院に関する話はまた後日)


自閉症と知らずに育ててきた


思い起こせば一年前、いや、半年前まで、
ボンズが自閉症だなんて夢にも思わず過ごしてきて、

ただ周囲があーだこーだと大騒ぎするのを、

「感じ悪いなー」

と思って過ごしてきた。


なんで?と思いながら三才児健診を受け、
なんで?と思いながら発達支援教室のドアをくぐり、
なんで???と思いながら診断を受けるための病院を探した。


その間に、

「ボンズは自閉症」
「だったら彼にとって最適な対応の仕方を知りたい」
「その手段のために診断を受けよう」

と、気持ちはすっきり整理され、覚悟?もできていたと思ったんだけど・・・


診断を受けてから、調べていくほどに、

「怖い、怖い。怖い!」

気持ちが湧き出てきた。


「知識がないことは幸せなこと」


昔、生後半年くらいの赤ちゃんが自閉症じゃないかと疑ったお母さんが無理心中を図った事件を知り、
「なまじ知識があっただけに相当悩んだんだろうな、でも悩むには早すぎたんだ」
なんて思っていたけど、

まさにその通りだったかも。

良し悪しの話じゃなくて、

今まで自分に知識がなかっただけに、
こんな怖い思いをしなくて済んだんだな。


キョウダイもいるのに、自閉症のことで頭がいっぱい


ボンズの他におねえちゃんも弟もいるのに、
ボンズ1人のことだけ考えて過ごすわけにはいかないのに、

ここ数ヶ月、
頭の中はボンズのことでいっぱいです。


どうにもならないなら、

ボンズのことでいっぱいになるブログを立ち上げ、
ここで気持ちや、
これまでのいろいろを露呈して、

とことんまで染まってみようかと思っております。


ボンズが診断を受けるまでのいろいろも、
これからボチボチ記載していきます。

スポンサーリンク


category: 診断・診察(病院)

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

カテゴリー

更新カレンダー&月別

検索フォーム

最新記事

オススメ

最新コメント