『言葉よりずっと大切なもの』

Category : うちの本棚

ジェニー・マッカーシー著、自閉症の息子を「治す」本



スイマセンうちは知らなかったんですが、
著者のジェニー・マッカーシーさんとは、元プレイボーイ誌のモデル、プレイメイトであり女優さんだそうです。

うちの母が障害児向けのトイレトレーニングの本と一緒に購入、
それを借りたんですが… 初めて(?)
翻訳された本で、読みやすく、おもしろい~~~と一気読みでした。

内容は、自閉症の診断をされる前の息子さんが、
くり返し生死をさまようほどの発作に見舞われ、
原因もわからず、苦しむ母の姿から始まり、

「お気の毒ですが、息子さんは自閉症です」

と告知され(↑この言い方ものすごく感じ悪いんですが!!)

それから、「絶対に息子を取り戻す、窓から本当の息子を引っ張り出すんだ」と格闘の日々が始まります。

療育に通おうとも、医師に見てもらおうとも、とにかく待ち時間と費用がかかり、
自閉症の息子の症状も過酷でしたが、
周囲を取り巻く環境の厳しさも過酷でした。


女優のお仕事を続けながら、
そして、息子の父親である夫との関係に悩みながらの生活。

息子が発作を起こすと、遠くにいてもわかった、という母の執念とも思える姿が迫力です。

「自閉症は改善される」
という信念の元に、さまざまのことを試し、
結局は食餌療法で息子は劇的に自閉症から「改善」されます。

って、本当に劇的。まるで別人。

…本当かよっ!!

的な展開が、気持ちとしてはマユツバなんですが、
自閉症のHow to本ではなく、レジャーとしての読書にはお勧めです♪(←なんのこっちゃ?)


自閉症児をお持ちの方、療育に取り組んでいらっしゃる方の感想が、
ぜひともお聞きしたいところであります♪



言葉よりずっと大切なもの~自閉症と闘いぬいた母の手記~言葉よりずっと大切なもの~自閉症と闘いぬいた母の手記~
(2009/05/13)
ジェニー・マッカーシー

商品詳細を見る

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

Comment

みっちさん

うんうん、図書館お勧めです(笑)
今回うちはたまたま手にしましたが、読んでみて「感心」したり、「関心」が高まったり・・・とありましたが、これから買うか?って聞いたら、やっぱり「借り」ます(^^;

読んでみたら、ぜひとも感想教えてくださいね~!

さやりんさん

キレーションかぁ・・・水銀を排出するっていうやつですよね?
そういうのって、どうなの??と思うんですけど・・・
でも効果があるかもしれないなら、やってみたいとやっぱり考えますよね・・・
自閉症の症状とか特徴って十人十色だから、効果もばらばらなのかなぁ??

この本の効果って、食餌療法とかであまりにも効果絶大だったりするんで、
本当かー???って気持ちになるんですよぉー。
だって、添加物を避けるとか、小麦や乳製品除去で普通に食事を・・・と思ったら、
ものすごく大変だよねぇ・・・。

たいママさん

アマゾンの感想ね!
うちも後で読んでみよう♪

内容はね~、突っ込みどころ満載なんだけど、
「子どもに有効なことなら、なんでも試してみよう!」という力強い姿勢は共通だな~と思ったよ。
今回は「買い」というより、「借り」がお勧め(笑)読みやすかったし!

気になっていました

この前、本屋さんでその本を見つけて
買うかどうか迷ったんですが。。。。

「図書館で探して読んでみよ♪」
そう思ったまま忘れてました^^;

興味深い内容ですよね★
今度読んで見ます♪

うちが入会している親の会でも、キレーションやってる方は何人かいらっしゃるようです。

「効くよ!!」と断言してる方もいれば、「うちはあんまり効果なかったかな・・・すやめちゃった」って言ってる方から様々・・・。

同じ自閉症でもいろいろあるだろうしね。
うちも毛髪検査はやって、サプリを勧められたけど、あれって本気でやるとほんと~~~~~に大変らしいので、踏み切れないなあ・・・。

またまた~☆

アマゾンの感想も読んでみたけど、なかなか興味深いねe-420
方法は賛否両論ありそうだけど、母親の姿勢なるものに勇気をもらえる内容って感じでいいのかなぁ?
それなら、是非読みたいっ☆
非公開コメント

カテゴリー
更新カレンダー&月別
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

+ アーカイブ
 
検索フォーム
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク
プロフィール

こじまる

Author:こじまる
H17年6月生まれの長男ボンズ。
自閉症と最重度知的障害を併せ持つ中学2年生。

3才から小集団+個別の療育を受け、
4才から加配付保育園で過ごし、公立小学校の特別支援学級を卒業。
中学からは特別支援学校に転籍。
週に5日放課後(等)デイサービス併用。

「自閉症」はおろか「発達障害」を知らなかったハハこじまると、ボンズの無限の可能性を心酔するチチ、高3の姉コッコ、小6の弟チビスケの5人家族。

Twitter
Bonz counter
スポンサーリンク
絶対!お勧めの本