『障害のある子って、どんな気持ち? ―見て、聞いて、体験して、知ろう!』

Category : うちの本棚


子どもの前で泣くのはやめよう、自閉っ子だって状況はわかる



えっと、まずは、昨日の記事を読んでくれたみなさんありがとう。
もうすっかり完全復活えへへ♪
とは、まだいきませんが、
気持ちは大分落ち着いて、「次いってみよー!」と思ってます。

「受け入れてもらえなかった」
と考えると、今でも涙が出そうだけど、
でも、安請け合いされなかっただけ、ボンズに救いがある、と考えることにしました。

「はいはい♪」
って受け入れてもらって、実際は放置とか、
「みんなと同じにしなさい!」ってガッチガチに強要されたら、
ボンズにとって不幸だから。

今なら、まだボンズ自身にはダメージないもんね!

ただ、
ボンズはうちが思ってる以上に、いろんなことがわかってるかもしれない… いや、わかっている、と思うので、
ボンズの前で、ボンズのことで泣くのはもうやめようと思いました。



************************************************************ 


自閉症の人の気持ちをわかってもらう方法とは?



 さて本題の、

『障害のある子って、どんな気持ち? ―見て、聞いて、体験して、知ろう!』

は、障害のあるお子さんをお持ちのお母さんたちが、
小学校などを周り、
自閉症やダウン症、障害そのものの説明や、障害児たちが普段どんな風に感じているか、そして周囲のサポートして望ましいことはどんなことかを、非常にわかりやすく、おもしろく紹介する活動をしている様子や内容が、とても詳しく書かれています。

本そのものももちろんですが、
その活動内容がすごく魅力的!

障害児を持っているお母さんならではの目線で、
専門的でなく、非常に生活レベルに密接した、
「もし同じクラスにそういうお友だちがいたら、こういう風に見てあげてね」
ってことが、伝わりやすいように伝えられてるんです。

特に、
「ことばが伝わらないと(健常児は)どんな気持ちになる?」
ってことを体験してもらったり、
「自閉症児」のある特定の時のものの見え方、
周囲の人にこういう時は、こういう風に考えて欲しい・・・
ということが、
自分にとっても、「なるほど」と思わされるもの。


こういう活動、うちも実際に見てみたいし、
チャンスがあったら加わりたいと思いました!

ノウハウ、ぱくってもいいですよとありますし(笑)
お仲間が近くにそろっている方なら、台本として使える一冊です!

「お母さん目線」で願いをこめて活動されている様子もよくわかり、
そしてその気持ちもよくわかるので、
とっても刺激を受けた一冊です。


「自閉症メガネ」もぜひ作って、使ってみたいです( ̄ー ̄)ニヤリッ





障害のある子って、どんな気持ち?―見て、聞いて、体験して、知ろう!障害のある子って、どんな気持ち?―見て、聞いて、体験して、知ろう!
(2009/08)
座間キャラバン隊

商品詳細を見る

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

Comment

たいママさん

読みました( ̄ー ̄)ニヤリッ
他にも読んでるんだけど、「これは・・・???」っていうのは書かないことにしたー。
本屋の回し者じゃないし(笑)

これはね~たいママさんに食いついてもらいたかったんだー(餌?)
たいちゃんが小学校に行ってから、いつか参考になるんじゃないかと思ってたの。
翻訳本じゃないし、読みやすいからとっつきやすいと思いますv( ̄ー ̄)

また読んだね?(笑)

よかったe-343
落ち着いたみたいで
そうだね!
確かに幼稚園すんなり入れたはいいけど、後は放置されたって実話も聞くものe-263
きちんと理解を得られて、きちんとした支援を受けれなければ、入ったとしてもボンズくんにとって辛いものね
前向きに捉えて、OKOKe-287

しかし、いったいいつ読んでるの?(笑)
また、欲しくなる~!
って、多分、いや絶対買う!(笑)
非公開コメント

カテゴリー
更新カレンダー&月別
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

+ アーカイブ
 
検索フォーム
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク
プロフィール

こじまる

Author:こじまる
H17年6月生まれの長男ボンズ。
自閉症と最重度知的障害を併せ持つ中学3年生。

3才から小集団+個別の療育を受け、
4才から加配付保育園で過ごし、特別支援学級を卒業。
中学からは特別支援学校転籍。
週に5日放課後(等)デイサービス利用。

「自閉症」はおろか「発達障害」を知らなかったハハこじまると、ボンズの無限の可能性を心酔するチチ、専門学生の姉コッコ、中1の弟チビスケの5人家族。

Twitter
Bonz counter
スポンサーリンク
絶対!お勧めの本