多動で手をつながない子、一緒に歩くのが夢の母

Category : 卒園までのボンズの様子
ぼんやりと考えていた、たった一つの希望。

ボンズが一緒に歩いてくれたらな~。 

そしたらどこにでも行けるのに。

趣味は旅行。
コッコとは海外旅行も2度しました。
が、ボンズが生まれてからは一度も行ってない。

いや、一度チャンスがあったんだ。

コッコと、1才のボンズ連れて(しかもうち一人で)長期滞在をもくろんでいたら、妊娠発覚。
う~ん、さすがに2人連れて妊婦で旅行はキツイでしょー、とやめたんだけどさ。
(ボンズが腹にいる時は行ったけど・笑)

やめて正解!!だったろうな……(-。-) ボソッ

どこかに飛んでいかなければ、並んで歩かなくてもいい。
気になるもの見つけて立ち止まるなら付き合うし、
寄り道したいなら、一緒にならOKだし。
一人で視界から消えちゃう心配さえなければ、
毎日のおでかけも、旅行も、なんでもできる。

はっきり言えば、それさえOKなら、自閉症でも知的障害でもなんてことないのさ!!(って、ちょっと大げさ) 


要求が通って従順に?多動で並んで歩けなかったんじゃない?



そんなこと考えてもしょうがないんだけど、ぼんやり考えていたここ数日。

ボンズも回復したし、昨日の兄弟喧嘩で壊れたプラレールトーマスを買いに行こうとおでかけ。
あれこれ選び出したボンズ。

悩んで悩んで、決められない~~~とおもちゃ売り場を走り出したと思ったら、
見つけてしまいました…「にぎやか貨車セット」!!

「え~~~セット?! そんなすごいの買わないよ~~~!!
なんでそんだけ豪勢なのぉ??」

だけど、嬉しそうに抱えて、やっと決まってすっきりした顔してるの見てたら、
「じゃ、ピ(会計)しようか」
って言っちゃいました(^^;

レジで、
「はい! はいっ、は~~~い!!」
と、アピールするボンズ。
だけどね~、そこは「休止中」の札が出てるのさ(笑)

改めて隣のレジに並び、会計を待ち、袋に入れてもらったボンズ。
「後から出すかもしれないので」って、シールも貼っておいてもらったんだけど、
自分では持ちきれないことがわかったのか、うちに持たせてくれたんだよ。

それからは、おとなしくついて歩くボンズ!

飛んでかない。
きょろきょろもしないで、落ち着いてついてくる… 「どうしたの??」状態。

怖くなったので、買い物早めに切り上げちゃったよ(笑)

トーマスの要求通ったからかなぁ?
早く遊びたいから、帰ろうっていうそぶりでもなかったんだよ。
今日みたいに、一緒についてきてくれるなら、もう何にも困ることないのになぁーーー。

ま、病み上がり一発目のおでかけだし、今後どうなるかわからないけど。
多動が治まったっていうほど単純なことでもないんだろうし、
体調の悪かった時はミシンを出してもいたずらしに来なかったくらいだから、
(昨日からいたずらしに来るようになって、治ったんだとわかったくらい!)
今日のこの一件でどうこうじゃないんだろうけど…  それでも、
つい、夢みてしまいます。
あーーーこれがずっとだったら!!

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

Comment

nagaさん

そうなんですよ~~~買っちゃいました!
甘いな~~自分・・・とか思いつつ、負けました(笑)

わかりますっ、わかりますよ~~~。
ボンズの多動はピークを超えたと思ってますが、
まだいつ元に戻るかわからない時期。
同じような年頃、またはもっと小さい子どもが、親のそばを離れず歩いてたり、その場にいるのを見ては「なんで?!!」って・・・今でも思います。

人をうらやんでもしょうがないのはわかってますけど・・・
わかってても、思っちゃいますよねぇ。

わ~~~タイヤかぁ!!
本当やめて欲しいですねーーー!!
床屋さんのくるくるにはまってるうちは、まだいいんですけど、そっちかー。
こっちの心臓も鍛えておかなきゃですね(T-T)

そうたママさん

え”~~~~ボンズ江頭になったらどうしよう~~~(笑)

コホン☆
気を取り直して、そうたママさんこんにちは~♪

想定外の行動されると、
「え、なに? なに? 何があるの? いつこれが崩れるの? 何があったの??」
って怖くて、落ち着かなくて、本当は100円ショップでいろいろ欲しかったのに、
「あ、いいや。また今度にする。次いこっ、次!!」
になっちゃいました。
母の方がよっぽど挙動不審(笑)

多動のピーク!!は、もう過ぎました!!

・・・と、思いたいです・・・
でもきっと、山は越えてると思います、ええ、きっと。
2~3才はすごかった・・・
多動もすごかったけど、こっちがボンズが定型発達じゃないとか、多動だとか思いもしてなかったので、
「この暴走には意味があるんだ」なんて考えもしないし、振り回されるにいいだけ振り回されて、心底つかれきってました・・・。

あの頃から見ると、
「ボンズは逃走する」
と、あきらめて買い物などに出かけるようになっただけ、精神衛生上はピーク超えてます(誰の?)

だけど・・・この山、急には終わらないんでしょうね・・・
こっちが体力つけておかないと、負けそうです(^^;

たいママさん

やっぱりあるぅ~~~~??!!
そっかーーーじゃあやっぱりトーマス効果だな(笑)

うちもさ~、おもちゃ買ってもらえた時は、それを持ってすぐに帰りたいタイプ。
だから・・・と考えたんだけど、「光とともに・・・」とかで、「楽しいことを先にやってしまうと、その後も割りと乗り切れる」っていうエピソードあったじゃない?
ボンズも先におもちゃ売り場に行って、気持ちをおもちゃ売り場に飛ばしたまま食材の買い物に付き合わせるより、落ち着くかな~と思ってやってみたんだよね。

ななちん、かわいそうだけどかわいい~(笑)
まだ堪能しきってなくて、泣いちゃうんだ~~~・・・本人には悪いけど、キュート!!

にぎやか貨車セット・・・豪勢だよ・・・値段がすごいよ・・・ひっくり返りそうだったよ。
誕生日かっ?! クリスマスかっ?!! って思ったもん(笑)

夢・・・見ちゃうよね。
でも、三歩進んで五歩下がっちゃうのが自閉っ子だもんね・・・
焦っちゃいけないんだよね・・・でも・・・夢は見てもいいんだよね(笑)

ポンズくん、トーマス嬉しかったんでしょうね~♪
決まってスッキリしたお顔見ちゃったら、
買ってしまいますね( ̄▽ ̄;)

一緒に歩いてくれたら・・・
私も思います。
そうしたら色々な所へ行けて、楽しく過ごせるのになぁって。
普通にそうしているご家族を見ると、
本当に羨ましくなります・・・。
でも、
まだまだ無理そうです。
あまり考えないようにしてますが、
やっぱり私も夢見る気持ちあります~!

せめて、自転車に向かって走っていくのだけやめてほしい。
回ってる車輪が気になるみたいで・・・
もちろん車も・・・(T∇T)

想定外だと・・・

こじまるさん こんにちは♪

嬉しい(予想外の)行動されると
逆に拍子抜けしちゃって 素直に喜べないですよねぇ~・・・「なに?熱でもあるの?」みたいな(笑)

多動は 今がピークの時期かな
年々落ち着いてきますよ
ほらっ 大人の人がおもちゃ屋(街中)で走り回ってるのそうそう見ないでしょ?(江頭2:50は別として)
長い目でみましょうi-202
多動の原因・・・
そうたの場合は
・好きなターゲットめがけて走っている
・どこに連れて行かれるかわからないから逃げている
・気に入ったものが目に入って さわってみたくなる(今は理性をコントロールするのは難しいですよねぇ~)
・お腹に虫がいる?
などなどですね・・・(もっとありますけどi-229

ボンズ君も理由があって行動しているわけだから
それを1つずつ潰していけば きっと二人でお出かけも楽になると思いまぁす
お互いがんばりましょ~ねぇ^^;


あるよね~!

要求のあったおもちゃを買ってあげた途端、ぴたっと動きが止まってついてくる(笑)
うちも多々あり~!
でも、うちはもう帰ろうになうかな~
おもちゃを買うときは、帰り際に最後に買って車へ誘導パターンにしてるから、「おもちゃを買ってもらう→車へ戻る→家」が定着しててね
だから、予想外に先に買わざるを得ない時は、そそくさと切り上げになってななちんが泣くみたいな(笑)

でも、ボンズくんにしてみたら、よほど嬉しかったんだろうねe-343
しかも、にぎやか貨車セットって豪勢だもんね(笑)
夢見る気持ち、ある!ある~!!
でも、焦らないようにしてるけどね(笑)
非公開コメント

カテゴリー
更新カレンダー&月別
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

+ アーカイブ
 
検索フォーム
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク
プロフィール

こじまる

Author:こじまる
H17年6月生まれの長男ボンズ。
自閉症と最重度知的障害を併せ持つ中学2年生。

3才から小集団+個別の療育を受け、
4才から加配付保育園で過ごし、公立小学校の特別支援学級を卒業。
中学からは特別支援学校に転籍。
週に5日放課後(等)デイサービス併用。

「自閉症」はおろか「発達障害」を知らなかったハハこじまると、ボンズの無限の可能性を心酔するチチ、高3の姉コッコ、小6の弟チビスケの5人家族。

Twitter
Bonz counter
スポンサーリンク
絶対!お勧めの本